ニュースに思う事[小沢一郎氏、埋没回避に躍起=野党結集に意欲、他党警戒]

小沢一郎氏、埋没回避に躍起=野党結集に意欲、他党警戒

もう。この人の時代じゃないでしょう。

確かに、昔は存在感ありましたよ。
週刊誌でも、この人の特集は結構多かったですし、仕事を終えて帰る時にキオスクの夕刊紙でも記事は少なからず見かけましたしね。

ですが、過去は過去。
もう。引退の時期だと私は見ています。
本人はやる気でも、周囲がついてくるかは大いに疑問ですね。

あちこちの政党のトップと接触をしたりしているようですが、無駄骨に終わるでしょうね。
第一、生活の党自体、衆参合わせて10議席に届かないようでは話になりませんよ。
既に求心力と国民からの支持をかなり失った何よりの証拠と、私は見ています。

議員年金で食うには困らないんですし、引退して回顧録の一つも書いていればいいんじゃないでしょうか。
これから動いても、何かが出来るようには思えないんですよね。






最後の小沢一郎
オークラ出版
鈴木哲夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最後の小沢一郎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



さあ、どうする小沢一郎
言視舎
畑 静枝

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by さあ、どうする小沢一郎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



角栄になれなかった男 小沢一郎全研究
講談社
松田 賢弥

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 角栄になれなかった男 小沢一郎全研究 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

この記事へのコメント

ヴァルバジア
2014年07月22日 06:33
『まだ生きていやがったのか?』的セリフを言った国民が大多数を占めたはず。
2014年07月23日 22:17
ヴァルバジアさん。
コメントありがとうございます。

>『まだ生きていやがったのか?』
 私も最近まで、存在を忘れていました。
 日本の景気回復、集団的自衛権を含む国防
 方針の決定、外交にしか興味なかったので、
 吹けば飛ぶような小所帯にいる過去の存在
 は、興味の範疇外でしたよ。

この記事へのトラックバック