[ニュースに思う事]外国人参政権、都道府県で反対決議広がる 「他国の国益」に警戒感

外国人参政権、都道府県で反対決議広がる 「他国の国益」に警戒感

小沢幹事長の政治資金問題で揺れる民主党ですが、さらなる火種が生じたと
いっていいでしょう。

今までは、都道府県レベルでは賛成が多かったというのは、驚きです。
外国人参政権について、考えていなかったのでしょうか?
日本国憲法第15条にはこうあります。

・公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
・すべて公務員は、全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。
・公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。
・すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、そ
の選択に関し公的にも私的にも責任を問われない。

選挙権含む参政権は、国民固有の権利。
これが重要です。
基本的に国政に参加できるのは、日本国籍を有する人間に限られるのです。
友愛だか何だか知りませんが、個人のヒューマニズムで憲法に違反するような
行為は絶対に許されないのです。
また、1995年の最高裁の判決でも、国籍を有しない外国人の参政権は保証さ
れないとされています。

ただ、この判決では永住外国人に選挙権を付与する事は、法律で禁止されて
いないとされています。
さらに憲法93条第2項では、国民とは明記されておらず住民とされています。
ここで言う住民とは、区域内に住所を有する者とあります。
憲法論争が起きるとしたら、おそらくはこの点でしょう。

ただ、93条第2項における住民は、あくまで日本国民とする解釈もあるようで
す。
私も個人的には、こちらに賛同します。

最終的には、国会で法案が通されても、違憲立法審査権を持つ裁判所に告訴
されて、そこで外国人参政権が憲法違反であるか否かが、判断されるでしょう。

それにしても、メディアでこれが取り上げられる機会が少ないですね。
マスコミは、外国人参政権付与に賛成なんでしょうか?

この問題は、国益とも大きく関係する重要な問題。
もう少し、国民的議論があってもいいはずです。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。
ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


新版 外国人の参政権問題Q&A―地方参政権付与も憲法違反
明成社
百地 章

ユーザレビュー:
解りやすい!外国人参 ...
入門・外国人参政権問 ...
教材として活用すべし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



外国人参政権問題の国際比較
昭和堂

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック