コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN07 棄てられた 仮面

ナナリーがエリア11に総督として着任しました。
その最初の一言が、行政特区日本の再度の設立でした。
ブリタニア貴族の社会でも口にするのもはばかれる行政特区日本。
そして、ゼロである事、戦う事の意味を見失ったルルーシュは・・・。

太平洋での戦いの翌日、ルルーシュはクラブハウスで目を覚まします。
傍にはロロがついていました。
総督としてエリア11に赴任するナナリーの映像を見て、ルルーシュは考えま
す。
ナナリーには自分の意見があり、進む道がある。
正規軍とスザクによって身の安全も確保されている。
そして、ナナリーが自分の望みを叶えるには、ゼロは邪魔。

そんな中で、新総督としてナナリーが挨拶をするので、生徒は講堂に集められ
ます。
そこでナナリーが発表したのは、行政特区日本の再度の設立でした。

ナナリーなら拙速な事はすまいと考えていましたが、やってくれましたね。
どうしようもない拙速を・・・。
まず、ユフィが虐殺を行った記憶が日本人から消えたわけではありません。こ
の場合は、まず治世を改める事によって、信頼を得る事が第一です。
そして、ナナリーの治世はこれまでの総督の治世とは違うという事を、理解し
てもらい、実績を積み上げた上でなければ、到底不可能です。
さて、ここで私は一人の人物が頭の中に浮かびました。
学生の頃に読んだ、中国の歴史書に記されていた“新”という王朝を立てた、
王莽という人物です。
前漢の末期、最後の皇太子孺子嬰から帝位継承権を奪い取って、新王朝を立
てますが、当時の実情に合わない理想主義の政治を行い、国民から反感を持
たれて、反乱が起き僅か15年で滅びます。
王莽は死後、功を争うものによって死体はズタズタにされたそうです。
このまま行くと、ナナリーの最後は暗いと見ていいでしょう・・・。


黒の騎士団は当然信じようとはしません。
温厚な扇も、日本人は誰も参加しないと予想します。
ブリタニアの貴族もさすがに眉を潜めます。その中でロイドは面白そうな表情を
していますが・・・。(ナナリーの車椅子を押すスザクを見る、ミスローマイヤの視
線が気になりますね。)


戦う意味を見失ったルルーシュは、租界を彷徨います。
カレンから電話が入りますが出ようとせず、携帯を叩き折って捨ててしまいまし
た。

一方、スザクはゼロを追う為に飛び出していきます。ロイドはコンクエスターを
完全体にする為にきたようです。(相変わらずセシルの料理センスは最
悪・・・。パン生地にウコンと和三盆を練りこんだ挙句に、わさびペーストを練りこ
んだ最悪のサンドイッチでした。ギルフォードは食わないでよかったですね。)


彷徨うルルーシュが目にしたのは、ブリタニアの貴族がイレブンを使いリフレイ
ンを密売している現場でした。
貴族と従っているイレブンに次々とギアスを掛けますが、そんなものがルルー
シュの心を満たすはずもありません。

C.C.は隠れ家で、死んだはずのマリアンヌと話していました。
ルルーシュがゼロをやめるのならば、それでもいい。ルルーシュが生きている
方が重要だと。(生きていても行動を起こさない限り、C.C.の望みは叶わな
いと思うのですが?)

その頃、スザクが率いるブリタニア軍は、黒の騎士団殲滅に為に出撃していま
した。

そして、ルルーシュがたどり着いたのは、C.C.と初めて会った場所でした。
ルルーシュがそこに来ると考えたカレンが目にしたのは、過去に戻ったような
錯覚を見せる禁断の麻薬リフレインを使おうとする、ルルーシュでした。
そんなルルーシュに、失敗したならもう一度作戦を立て直せばいい、その為な
ら何だってやるといいますが、返ってきた答えは女に出来る方法で慰めて欲し
い。
そんなルルーシュに、自分達を騙して夢を見せた責任を取れ、今度こそ最後ま
で自分達を騙しとおせと涙ながらに言いながら、走り去っていきます。

後を追おうとしたルルーシュの前に、ロロが現れます。
ルルーシュに全て忘れてしまえばいい。ゼロも黒の騎士団も、全て忘れて普
通の学生として暮らせばいいと、話します。
自分だけは、いつもルルーシュの傍にいるからと・・・。

2人が戻ってきたのは、修学旅行に行って無人のアッシュフォード学院、しか
し、そこには生徒会のメンバーがいました。
ミレイは旅行は「何処に行くか」が大事なのではなく。「誰と行くのが」大事。ル
ルーシュがいなければ意味が無い。
そして、シャーリーの手にある折り紙の鶴を見たルルーシュの瞳に映ったの
は、ニーナ、カレン、そしてスザク。
嘗ての生徒会のメンバー。

以前にスザクと話した事を思い出します。
幸せに形があるとしたら、それは硝子のような物。普段は気付かないけれど
も、確かにある。どんな物よりも雄弁にそれを語る。その証拠に、ちょっと角度
を変えれば、光を映し出す。(その光の名は、「幸せ。」なのでしょうね・・・。きっ
と。)


気付かないうちに、ルルーシュの眼には涙が浮かんでいました。
そして、又皆で花火をしようといいます。
もう、ルルーシュの戦いの理由はナナリーだけではなくなっていました。

一方、スザクが攻撃を開始します。
指揮は的確で、徐々に黒の騎士団の潜水艦を追い詰めますが、そこにルルー
シュの指示が出ます。
指示通りに魚雷を発射した時、海底から巨大な泡が吹き出しブリタニア軍を無
力化します。
ルルーシュの狙いはメタンハイドレードでした。

メタンハイドレートとは、メタンを中心に周囲を水の分子が囲んでいる物質で
す。
石油に代わるエネルギーとして期待されており、日本近海は埋蔵量が世界最
大と言われています。
現在は採掘にかかるコストが莫大な事が問題となっていますが、その問題が
解決すれば日本は中東のような資源輸出国になることも可能です。
ちなみに、現在尖閣諸島や竹島の問題がありますが、これが深く関わっていま
す。即ち国益に関わります。日本政府には断固とした態度で臨んで欲しい物で
す・・・。


ロロのヴィンセントに乗って現れたルルーシュは、特区日本に参加する事を、
表明します。

スザクですが、軍の指揮官としても一人前になったようですが、弱点がコーネ
リアと重なりますね。戦い方が正攻法で奇襲に弱い事です。
実際、それでジノの言う通り援軍以前の問題になっていましたから・・・。
海での戦いは二次元ではありません。潜水艦が有効な戦力となっている今
は、三次元の戦いです。戦場となる海域の海水の性質、海底の情報も「地の
利」となります。
さらに、空からの攻撃もあります。
ナイトメアのパイロットとしてだけでなく、指揮官としてさらに視野を広げな
ければナイトオブワンは夢のまた夢ですね。


予告を見る限り、どうもスザクの進退問題に発展する可能性も、あります
ね。

FC2ブログの方には、ブログが届きにくくなっているようです。
トラックバックを送っていただいた際は、原則としてこちらから
も送らせていただいておりますが、もし届いていなかった際
は、遠慮なくお知らせ下さい。
コメントに代えさせていただきたく存じます。


コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2008年05月19日 01:05
続けてこちらもw。
ナナリーの特区発言は確かに急ぎすぎですね。ただ、ナナリー的には早く特区を成功させてユフィの汚名を雪ぎたいとも思っているのかも。

あと、スザクの指揮能力ですが、私今週チョット混乱してしまいましたよ。あれ?、スザクって指揮能力高くなかったっけって思ってたら、それってCIC担当さんのBTのスザクやんけってww。

んもぉ~、貴方があまりに良い作品書くから、どっちがどっちか分からなくなっちゃったじゃないですかぁ~ww。(もちろんいい意味で^^b)
2008年05月19日 23:53
 ルルーシュの考えが改まったことで、これからの黒の騎士団の動きがどう変わるのか気になりますね。
 予告ではすんなりと行政特区に収まる気はないようですが・・・ナナリーとの対立関係は個人的に避けてほしいです^^;

スザクはやっぱり現場でパイロットをやっていた方がしっくりする気がしますね。ナイトオブラウンズとして指揮をとる事も多いのかもしれませんが、戦略ではルルーシュには流石に敵わないと思いますし・・・。

何はともあれ、来週も楽しみです^^
2008年05月20日 00:11
soraさん。
コメントありがとうございます。

>早く特区を成功させてユフィの汚名を雪ぎたい
 気持ちは解ります。
 ですが、急いては事を仕損じますからね、少女と
はいえ、総督として政治の世界に入った以上は、そ
こはきちんと弁えないと、善意が却って人々に害を
及ぼしています事もありますからね。

>スザクの指揮能力
 混乱を招いてしまい、すいません(苦笑)。
 まあ、スザクがルルーシュクラスの指揮官として
の能力を身につけると、手がつけられない存在にな
りますから、スタッフはそこを意識したのでしょう
ね。

作品を喜んでいただけて、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
2008年05月20日 01:50
Julieskyさん。
コメントありがとうございます。

>これからの黒の騎士団の動き
 特区への参加を、いかに他のメンバーに納得さ
せるかが、まずは問題ですね。
 参加する事により黒の騎士団にメリットがある
事を説明し納得させるのがいいでしょうが、どう
するか見物ですね。

>スザクはやっぱり現場でパイロットをやってい
 た方がしっくりする気がしますね。
 一年では、奇策に対応できるまでには成長して
いませんでしたね・・・。
 タイプがコーネリアと一緒で、正攻法では強く
とも奇襲には弱いみたいですね。
2008年05月20日 23:03
CIC担当さん、こんばんは~。
>このまま行くと、ナナリーの最後は暗いと見ていいでしょう・・・。
どうにかしてルルーシュとスザクが和解してくれないかと願ってしまいます。今のままでは無理そうですよね。何かスゴイ出来事or共通の敵が出来ればとストーリーを勝手に予想です。ブリタニア皇帝が酷い事をやってくれれば、共通の敵になりうるのですが・・・。都合のいいよそうですが・・・。ナナリーを救うのは実はブリタニア皇帝の暴挙からみたいな展開で・・・。ありきたりではありますが、なんとしてもこの三人幸せになってほしいので。

>ルルーシュが生きている方が重要だと。
このC.C.とマリアンヌの会話は非常に謎ですよね。会話してる状況も謎ですが、会話の内容がまた謎です。C.C.の言葉のみから類推しても限界があるし・・・。この謎解けるのは後半でしょうね。

>スザクですが、軍の指揮官としても一人前になったようですが、弱点がコーネリアと重なりますね。
指揮官としてはまだまだ発展途上なんでしょうかね。というか、やはり指揮官は似合わないです。ランスロットで駆け回るのが似合ってますよ、スザクは。
2008年05月21日 01:03
samadaさん。
コメントありがとうございます。

>なんとしてもこの三人幸せになってほしいの
 で。
 私も同意見です。
 スザクとルルーシュ。
 最も互いを理解し、協力し合える筈なんですか
ら。
 ナナリーが望む世界にも、2人が必ずいる筈で
すしね。

>この謎解けるのは後半でしょうね。
 ですね。
 その時は相当劇的な展開も待っているのではと
私なりに考えています。
 ちなみに二次小説を書いているので、私なりの
設定は出来上がっていますが・・・。

>ランスロットで駆け回るのが似合ってます
 よ、スザクは。
 それは言えているかも(笑)。
 戦国時代で言えば、総大将より侍大将の方が、
似合っていますか。

この記事へのトラックバック