コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN04 逆襲 の 処刑台

藤堂達を人質にされて、ロロにもチェックをかけるはずが、
逆にチェックをかけられて、大ピンチに陥ったまま第4話が
始まります。
さて、ルルーシュはどうやってピンチを切り抜けますかな?

ロロは暗殺者として今まで生きてきた。
ギアスは暗殺に向いていて、他に行くところも無いから・・・。
そして、今度の任務は潜入工作。
ルルーシュがゼロとして復活したら、殺す為に・・・。

ロロのギアスは時を止める能力で間違いは無いのですが、それ
は有効範囲の中にいる人間が感じている時間でした。
事実、端末の時間とルルーシュが数えていた時間にずれがあっ
たのです。(こんな状況で、自分の時間をカウントしていたの
か?)

しかし、それが解ってもルルーシュの危機は変わらないわけで
す。

ここで、ルルーシュが取引と言う名の心理的揺さぶりをかけま
す。
機情局の最終目的である、C.C.捕獲を成し遂げたあとに、何
か道が開けるのか。ルルーシュの言うとおり何も変わりはしま
せん。
C.C.を引きずり出せば、未来が開ける。嘘はつかないと言い、
どうにか時間的猶予を手に入れます。

総領事館では、銃の手入れをしているカレンとC.C.にシンク
ーが大宦官ガオハイの暗殺の容認を求めます。
認めながらもC.C.はシンクーを興味深そうに見ています。

ルルーシュは稼いだ時間を利用して、藤堂達を救い出しロロを
排除する方法を探りますが、さすがに簡単には出てきません。
この時点で出た結論は、ナナリーの身の安全の為に学生のふ
りをし続けるしかないという今後の方針だけでした。

ギルフォードは人質となっている藤堂達を見ながら、品の無い
作戦だと自嘲していました。
出てくれば蹴散らすのみ。出てこなければ奇跡は起きず民衆
の支持は得られない。
本当の目的は、ゼロと民衆を切り離す事でした。

狙いはいいですね。
民衆の支持は、革命を起こすには絶対に必要な物。無論、そ
れだけでは成功しませんが、なければ成功は望めません。
革命家が神輿の上に立つには、民衆という担ぎ手がいなけれ
ばなりませんから。
ただ、ギルフォードはどうしてもコーネリアへの忠誠が最上位
なんですよね。
全てはコーネリアの為。
室町幕府を復興して、旧来の秩序を取り戻そうとした上杉謙信
に精神的構造が似ている部分がありますね。
それにしても、私はギルフォードが「イレブンの支持」と言わず
「民衆の支持」と言った事に驚きを覚えました。
コーネリアもそうですが、ギルフォードにとってもイレブンは守る
べき民衆と見ていいでしょう。レジスタンスは別ですが。
彼らを守るのは自分にとって当然の義務、ノーブレス・オブリー
ジュ(高貴なる者の義務)なんですね。征服者の偽善と言われ
れば、その通りでもありますが。
客将の身でいたのも、コーネリアの元で自らの義務を果たす為
でしょう。
ただ、ゼロの奇跡が起きない事を見せつけるなら、ねねむ唐象
氏が仰られたように長期戦に持ち込んで向こうをへばらせても
よかったはずです。
忠誠心の高さが逆に、短慮に走らせてしまうのは何とも皮肉で
すね。


総領事館ではシンクーがガオハイを詰問していましたが、ギア
スの影響で、言っている事は支離滅裂。結局、高亥は星刻の
手でこの世から消えました。
ルルーシュは策を立てようにもロロがネックになり、うまくいきま
せん。が、何かの情報に目を留めます。

処刑が迫る中、テレビ局も来ていました。
C.C.出現に備えて、機情局も警戒していますが扇を見るヴィ
レッタの表情は何とも微妙です。(無理も無いですか・・・。)
一方、ルルーシュも動き始めていました。
グランストンナイツの一人、デヴィット・T・ダールトンに接触しま
す。
処刑時間になり刑が執行されそうになった時、ルルーシュが無
頼に乗って現れます。

決闘にあたりルールを決めようと、ルルーシュが提案します。
決闘は一対一。武器は一つだけ。それがルールです。
ギルフォードが選んだのは、使い慣れているショットランサー。
ルルーシュは、ナイトポリスが持っていた暴徒鎮圧用のシールド。

その光景をシンクーが冷静に見ていました。
正々堂々と決闘をしようとするルルーシュに失望したようで、場
合によっては黒の騎士団を外交のカードに使用すると決めまし
た。

さて、いきなりルルーシュがギルフォードに質問します。
「正義で持って抗せない悪がいたら、どうする?悪に手を染めて
悪を倒すか、己が正義を貫き、悪に屈するを良しとするか?」

もろに、コードギアスの世界観に当てはまりますね。
カレンたちにとって、「正義で持って抗せない悪」とは他ならぬブ
リタニア。
それと戦うに当たって、カレン達の手を染めた悪とは、やはりル
ルーシュでしょうね。
そして、ルルーシュは超常の力ギアスで、自らを悪に染めた。
そのように考えます。
そして、もう一人の悪がいます。
ブリタニアを内部から改革する為に、他国を蹂躙する先兵たるナ
イト・オブ・ラウンズとなったスザクもまた私は悪ではないかと考
えます。
少なくとも、他国を蹂躙する行為が正義だとは私には思えませ
ん。
この物語には、おそらく正義足りうる人物は誰もいないのでは
と、思えるんですよ。
カレン達もいずれは黒の騎士団の一人として、ブリタニアの本土
を蹂躙する運命にあるのですから。
ルルーシュの目的が、ブリタニアの崩壊にある限り・・・。


ギルフォードの回答は「わが正義は、姫様の元に。」でした。
そして、ルルーシュの「悪を持って、巨悪を討つ。」という言葉が
トリガーとなり租界の一部が崩れ落ちます。
その煽りで、グランストンナイツの一人、バート・L・ダールトン
はG1ベースの下敷きになり戦死します。
ルルーシュは、シールドをサーフボートのように使用して、その
場を離脱します。
さらに、突入してきたカレンとの戦いでアルフレッド・G・ダール
トンが戦死します。

離脱したルルーシュに、ロロが駆るヴィンセントが迫ります。
しかし、そこにデヴィットが狙撃をします。
人の感じる時間は止められても、物体の時間は止められませ
ん。
直撃かと思ったときに、ヴィンセントを庇ったのはルルーシュ
の無頼でした。(これはデヴィットにかけたギアスを利用した
大芝居。)

その無頼にギルフォードがショットランサーを投げつけます。
今度はヴィンセントが無頼を庇います。
その後、シンクーがブリタニアに退去を求め、打つ手の無いギ
ルフォードは撤退します。

カレン達は、藤堂達と再会を喜び合いますが、ルルーシュを庇
ったロロは一種のパニック状態になっていました。
そんなロロに、ルルーシュはお前のいる場所は自分の傍だと、
優しく声を掛けます。
もちろん、ルルーシュの優しさは偽りの優しさ。
ロロはナナリーを取り戻す駒として使うだけの、存在でしかあり
ません。
そして、夜のアッシュフォード学園の前に嘗ての生徒であり、
今はナイト・オブ・ラウンズの一人、ナイトオブセブン、スザクの
姿が・・・。
一騎当千の武勇にさらに磨きをかけた、嘗ての親友であり最強
の敵であるスザクとルルーシュの再会は何を起こすのでしょう
か。

ルルーシュのロロに対する憎悪はかなりの物ですね。
でも、今までを考えれば至極当然と思えます。
母親を殺され、ナナリーの目の光と足の自由を奪われても、父
親であるブリタニア皇帝は助けてはくれませんでした。
何故?と思い、それからルルーシュにとって他人は信じられな
くなってしまったと考えます。
ルルーシュにしてみれば、一番身近の父親に助けられる事も
なく、人質として日本に向かわされたのですから。
そこで、初めて会った信頼に値する人間がスザクでした。
小説を読んでいる人はご存知かと思いますが、日本に来たば
かりの頃、閉ざされていたナナリーの心を開かせたのはスザク
です。
スザクにしてみれば大した事は無かったのかもしれませんが、
ルルーシュにしてみれば、衝撃的だったんでしょうね。
自分ができない事を簡単にしてしまったスザクを見て悔しいと
思いながらも、やがて無二の親友となります。
数少ない心を許せる人間。
だからこそ、ルルーシュはスザクを殺す機会がありながらも、
結局は殺せませんでした。
対して、ロロはルルーシュから見れば、ナナリーがいる場所に
図々しくいる赤の他人にして簒奪者。
だからこそロロを、ナナリーを探す為の駒として徹底的に使い
潰す。
ルルーシュの中にある二面性。
心を許せる人間には、甘く。その他の人間には、時として冷酷
とも言える仕打ちをする。
この性格は、黒の騎士団を崩壊させかねない爆薬ともいえまし
ょう。
黒の騎士団を単なる駒と見ず、同志として見る事が出来るか?
これからの話のキーポイントになると考えています。


FC2ブログの方には、ブログが届きにくくなっているようです。
トラックバックを送っていただいた際は、原則としてこちらから
も送らせていただいておりますが、もし届いていなかった際
は、遠慮なくお知らせ下さい。
コメントに代えさせていただきたく存じます。


IN ACTION!! OFF SHOOT グロースター (ギルフォード機)
IN ACTION!! OFF SHOOT グロースター (ギルフォード機)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年04月29日 01:54
どうも。。。コメントありがとうございますね!
記事後半のルル、スザ、ナナの話を読んで、なぜこんな運命にと三人が哀れでなりません。考えてみたら巨悪の根源はブリ皇ですよね。最悪の人間関係に陥ってしまったルル、スザですが、ここにきてふと、二人がまた親友にもどれたら・・・としんみり思ったしだいです・・・。
ギアスは小説もあるんですね?三人の子供時代はCDのサウンドエピソード「もどらない夏の日」でしか知らないので・・・今度読んで見たいですな。サウンドエピソードもおもしろいのでまだお聞きでなければ聞いてみてください。お勧めです。では。。。
2008年04月29日 09:06
samadaさん。
コメントありがとうございます。

>二人がまた親友にもどれたら・・・
 そうなったらどんなにいいでしょうね。
 互いに心を許せる親友同士。
 しかし、今は敵同士ですからね。
 ナナリーが互いの手を、もう一度握らせ
 てくれればと、思います。
 サウンドエピソードは、私もいくつかは
 聞いています。
 3人の幼少の頃がメインの話を聞いてい
 ると、尚更、時が戻ればと思ってしまう
 んですよね。
五遷・主簿
2008年04月29日 16:13
いつもながらTBとコメントには頭が下がります。
>この物語には、おそらく正義足りうる人物は誰もいないのではと、思えるんですよ。

 激しく同意です!!! しかし、何もせずにいればただ腐るだけ、ならば必要悪であろうが血を流そうが結果を出すしか救済は無いんですよね。後悔は何時でもできるとゼロも語っていましたが、正しい。(間違ったのはそれを言う相手と場合だったのですが)

>スザクとルルーシュの再会

 ゼロとゼロの邂逅ですね。自分はそう見ています。同じ境遇と地獄を味わいながらのし上がってきた英雄達です。同じ日本から彼らが生まれた。一方がウザクと蔑まれることには哀しい。同じ英雄たりえるというのに。。。
2008年04月29日 18:23
五遷・主簿さん。
コメントありがとうございます。

>必要悪であろうが血を流そうが結果
 を出すしか救済は無いんですよね。
 スザクとルルーシュ達黒の騎士団、
 双方の共通点ですよね。
 領土拡張を進めるブリタニアで、ナ
 ンバーズを登用させる事によって、
 差別の無い社会を築くには、スザク
 は武勲を立てる必要があります。
 黒の騎士団も、日本を独立させるに
 は、時には日本人も巻き込んで死に
 至らしめる結果になろうとも、戦う
 しかありませんしね。

>ウザクと蔑まれることには哀しい
 ルルーシュの視点から見ている人が
 多いみたいですね。
 誰かの視点ではなく、全員を見据え
 る第三者的な視点から見ると、スザ
 クをウザクとは言わないと思うので
 すけどね。
 後は、歴史の本をもう少し読む人が
 増えたらなあと思います。

この記事へのトラックバック