テーマ:大河ドラマ

天地人 第47話 愛を掲げよ

豊臣家が滅亡した事により、天下は完全に徳川の物に。 太平の世となった日本で、兼続は何を思い、何をするのでしょうか…。 米沢では、兼続主導の領国運営が功を奏し、次第に生活も豊かになっていきま す。 嫡男の景明も若い家臣たちを纏め上げ、意見書を作ろうとします。 そんな景明を久秀達も頼もしく思い、景勝も若い家臣が育っていくのを嬉…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第46話 大阪城炎上

方広寺の一件から、豊臣攻めの口実を見つけた家康。 戦いは目前に迫っています。 いよいよ、戦国時代は終わりに向かいます。 大坂攻めが迫る中、政宗が米沢を訪れます。 秀忠が、兼続に家康への諫言を頼みたい事を伝えに来たのです。 豊臣家へは両家の仲を取り持つ為に、秀忠の娘千姫が嫁いでいます。 それ故に、大坂攻めを何としても思いと…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第45話 大坂の陣へ

家康や将軍職を、嫡男の秀忠に譲ることを決めます。 いよいよ、最後の総仕上げ。 どういう手を打ってくるのでしょうか。 家康は将軍職を嫡男の秀忠に譲り、自らは大御所となります。 これは、日本の頂点に立つのは豊臣ではなく、徳川だという事を天下に知らし めたという事です。 伏見城には諸大名が祝いに駆けつけ、その中には兼続をともな…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第44話 哀しみの花嫁

いよいよ婿入りする、本多政重。 当時当たり前とは言え、夫と妻双方互いの顔も知らぬままの婚礼。 さて、うまくいくでしょうか。 本多政重が米沢に到着します。 景勝の一字を賜り、名を直江勝吉と改めます。 婚礼となりますが、ずっと黙ったまま。 最初から、夫婦仲が気になる婚礼となりました。 お松は固く閉じた勝吉の心を開こうとしま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第43話 実頼追放

近づいてくる、本多政重の直江家への婿入り。 しかし、上杉家中が全て納得しているわけではありません。 婿入りは滞りなく進むでしょうか? 領内の整備を進めつつ、兼続は来るべき本多政重の婿入りに備えて、実頼を 京に派遣し準備を整えさせます。 しかし、京では上杉に対して陰口を叩く者が相次いでいました。 上杉家改易を防ぐ為に直訴し…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第41話 上杉の生きる道

会津120万石から米沢30万石に減封。 厳しい道を歩む上杉。 家臣たちの暮らしを支える兼続の、今後の厳しい戦いが始まります。 米沢30万石に減封された上杉の国替えの始まりとして、兼続たちが米沢に入 ります。 家族を合わせた数は、当時の米沢の城下町の許容する数を大きく上回っていま す。 これからの住居として、古い屋敷を惣…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第40話 上杉転落

関ヶ原の戦後処理が進む中、景勝と兼続は上洛。 家康との面会を待つ日々が続きます。 上杉の運命が決する時が、近づいていきます。 兼続は、本多正信と面会。 そこには、御館の乱で景虎の家臣であった遠山も立ち会います。 兼続は関ヶ原の戦いの際に、菊らの身の安全に配慮した事に対する礼を言い ます。 そして、兼続から思いもよらぬ申…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第39話 三成の遺言

三成は関ヶ原で敗れ。 それを受けて、攻め込んだ最上、伊達勢を食い止めるべく殿を務める兼続。 これからの天下の流れが決まる時が、近づいてきます。 兼続の必死の奮戦で、上杉勢は撤退に成功。 傷だらけになりながらも、兼続は本陣に生還します。 三成は捕らえられ、東軍の本陣に罪人として連行されます。 家康の言うとおり三成を逆臣…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第38話 ふたつの関ヶ原

三成が遂に挙兵。 会津へ進軍する家康は、急遽反転。 上杉勢は、最上との戦いに望みます。 いよいよ、天下分け目の戦いが始まります。 上杉勢は、最上義光の居城山形城を守る支城の中で最も重要な長谷堂城を、 包囲。 その頃、家康を総大将とする東軍は、福島正則らを先鋒に岐阜城を攻め落とし ます。 美濃大垣城には、三成の呼びかけ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第37話 家康への挑戦状

会津へ戻った景勝と兼続。 密かに進む、家康への反撃の準備。 家康の出方は? 会津へ戻った兼続は、新たなる居城神指城の建設を始めます。 ところが、それを理由に謀反の疑いが。 掛けたのは無論家康。 国替えの後に春日山城主となった堀秀治の懸念を、利用したのです。 神指城建設は亡き秀吉からも許可を得ての事。 にもかかわらず因…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第36話 史上最大の密約

秀吉。そして、大老の中で唯一家康を抑える事ができた前田利家が続いて死 去。 いよいよ、家康は天下取りに向けて動き出します。 天下の行方は? 三成ら文官派と対立していた武闘派の福島正則・加藤清正らが朝鮮出兵の際 の恩賞の扱いを不服として、三成の屋敷を襲います。 その知らせは兼続の元にも。 続いて、三成の使いが来て家康の屋…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第34話 さらば、越後

ようやく、天下は落ち着きました。 兼続が越後の政に精を出していた時に、秀吉が倒れます。 再び動く時代の中で、上杉は。 京の上杉屋敷の兼続に、三成から火急の使者が来ます。 連れてこられたのは、秀吉が臥せっている場所で周囲には秘密。 そこで秀吉から、国替えをして欲しいと言われます。 目的は、家康に対する牽制。 自分が死ねば…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第33話 五人の兼継

新たな嫡子拾が誕生してから、精神のバランスを崩し始めた秀吉。 その中で、秀次に謀反の疑いが…。 天下は、穏やかであり続けるでしょうか? 越後では、兼続が先頭に立ち領内の整備に当たっていました。 経済、外交、軍事。 越後の重大事は、全て兼続の双肩にかかるようになっていたのです。 やがて、兼続は越後の執政となり、越後を取り仕…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第30話 女たちの上洛

北条氏が滅亡した事で、天下統一はなされます。 これで、ひとまずは戦が終わる事になりました。 小田原攻めが終わり、上杉勢は越後へと帰ります。 暫くして、秀吉が全国の大名に命令を出します。 それは、全ての大名は妻を上洛させよという内容でした。 要するに、人質として差し出せ。 それを理解していた菊姫は、臥せってしまいます。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第29話 天下統一

北条が真田の名胡桃城を落とした事で、秀吉は北条を攻める事を決意。 遂に、天下統一の総仕上げが始まります。 小田原攻めが決定し、上杉勢も前田利家、真田昌幸と共に小田原城を目指し ます。 最初に立ちはだかるは、大道寺政繁が守る松井田城。 篭城側は少数でしたが、奮戦します。 しかし、力尽きて降伏。 自分の命と引き換えに、家臣…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第28話 北の独眼竜

秀吉が天下統一に向けて着々と進んでいる時、もう一人天下を伺う男がいまし た。 その男のいる地は、北の奥州。 お船の出産が近づいていますが、夫である兼続は傍にはいませんでした。 越後統一が成し遂げられたと思ったら、また難題が待っていたのです。 米沢城を本拠とする伊達政宗が、越後の隣国会津を治める蘆名と戦を起こす 気配を…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第27話 与六と与七

兄と弟。 その関係は、なかなか難しき物。 それが発端となって、起きる事件。 京から帰ってきた景勝は、越後の北に勢力を持ち上杉と対立し続けていた、新 発田重家を滅ぼし、遂に越後を統一します。 御館の乱から、既に9年が立っていました。 越後にようやく平穏が訪れたのですが、実頼はこれといった手柄がなくその事 で、義父重頼…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第26話 関白を叱る

時が経つのは、早いもの 景勝達が越後に帰る日が、近づきます。 「天下の器」兼続を狙う秀吉。 器の行方や如何に。 茶会に出る為に大阪城に登城しようとする兼続に、お涼が話しかけてきます。 昔の秀吉は、人を笑わすのが得意できさくな人だった。 しかし、今は違う。 兼続一人の命など、どうにでもなる。 武士として譲れぬ物がある。…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第25話 天下人の誘惑

慣れぬ京でのあいさつ回りで、景勝は体調を崩し倒れてしまいます。 その名代を務められるのは、兼続のみ。 しかし、それが思わぬ事態を起こします。 景勝が倒れました。 しかし、諸大名へのあいさつ回りをしないわけにもいきません。 名代として兼続が行く事になります。 見事にその大役を務め続けます。 その兼続を、利家も高く評価して…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第24話 戸惑いの上洛

いよいよ、景勝と兼続が上洛します。 越後の運命が決すると言っても、決して過言ではありません。 4千の軍勢を率いて、上杉勢は京都を目指します。 その途中、加賀の金沢城に立ち寄ります。 出迎えるのは、後に五大老の一人となる前田利家。 対面した利家は、上洛では辛抱が大事と景勝にアドバイスします。 そして、話題になったのは兼…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第23話 愛の兜

越後は冬。 雪が解ければ、いよいよ上洛です。 それを前に…。 越後に冬が訪れました。 しかし上洛を前にして、景勝が上洛しないと言います。 既に上洛する事を秀吉と約束しているので、行かぬわけにも行きません。 三成の書状には、家康より早く上洛して欲しいと暗に書かれています。 東国の支配を家康が確立する前に、景勝に上洛し…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第22話 真田幸村参上

戦国の世は、謀略、裏切りが横行する世といっても差し支えはありません。 謀略といえば、中国地方の支配者毛利元就が有名ですが、小大名ながら謀略 で戦国の世を渡った一族があります。 真田家です。 突如、真田家からの使者が来ます。 あの初音でした。 正体は、真田の息女だったのです。 用件は、徳川家に圧力を掛けられている為、助力…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第21話 三成の涙

落水城で会見する、秀吉と景勝。 一瞬、ひやりとする場面もありましたが、景勝は上洛する事になりました。 宴がもよおされますが、三成の物言いに兼続は…。 宴の最中、三成の物言いに兼続は腹を立てて、喧嘩寸前になりますが、それを 収めたのは、秀吉でした。 三成に外で頭を冷やすように言った秀吉は、三成が去った後、三成の身の上話 を…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第20話 秀吉の罠

本能寺の変で織田信長は死に、信長を死に追いやった明智光秀も山崎の戦い で敗北し死にました。 光秀に勝利した秀吉はどう動くか。 本能寺の変で明智光秀を破った秀吉は、信長の後継者を選ぶ清洲会議で主導 権を握ります。 翌年、最大のライバル柴田勝家を破り、さらには越中の佐々成政を圧倒的な兵 力で降伏に追い込みます。 大阪城を築…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第19話 本能寺の変

魚津城を後に、上杉勢は北陸道をただひたすらに駆け抜けます。 目指すは、越後領に侵入した織田勢。 魚津城を後に、上杉勢は北陸道を駆けて春日山城を目指します。 その頃、森長可率いる織田勢は、春日山城の目と鼻の先に迫っていました。 だが、凶報ばかりではありません。 三国峠で、上田衆が滝川一益の軍勢に勝利。 陣は活気づきます…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第18話 義の戦士たち

完成した越後包囲網。 越中の要たる魚津城には、猛将柴田勝家率いる織田勢が攻めかかります。 対する魚津城の上杉勢は、僅か三千余。 しかし、助けにいくのは容易ではありません。 魚津城から使者が来ます。 柴田勝家率いる1万5千の織田勢が、魚津城に攻撃を開始。 城に篭る上杉勢は、吉江宗信の援軍をあわせても僅か三千(城を攻めるのに…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

天地人 17話 直江兼続誕生

御館の乱が鎮まって程なくして起こった、直江信綱が斬られる事件。 何が起こったのか? 直江信綱が、春日山城で斬られ重傷を負います。 発端は、御館の乱の後の論功行賞でした。 上田衆から幾人も城持ちが出て、兼続が家老に加わった事に不満を持ってい た、毛利秀弘と信綱、山崎秀仙が言い合いになり、秀弘が信綱と秀仙を斬って しまったの…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第16話 信玄の娘

御館の乱は景勝側の勝利に終わりました。 しかし、1年間の内乱の傷は決して軽くはありません。 景勝と兼続の新たなる戦いが、始まります。 御館の乱が鎮まりました。 内乱はあちこちにあるものの、上杉家の当主は名実共に景勝になります。 しかし、兼続は心苦しい思いでした。 偽りの遺言が真の遺言になる片棒を担いでしまい、ほぼ独断とい…
トラックバック:12
コメント:2

続きを読むread more

天地人 第15話 御館落城

桑取衆に加え、武田家をも味方につけた景勝方。 戦の終焉が、見え始めるでしょうか…? 景勝方を挟撃しようとしていた一角、武田家と同盟しさらには日本屈指の豪雪 で北条勢は攻めあぐね、形勢は逆転。 御館では逃げ出す雑兵、離反する武将が後を断ちませんでした。 春日山城では総攻めの意見もでますが、景虎の妻華姫は景勝の妹。 仙桃…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

天地人 第14話 黄金の盟約

兼続が高坂弾正との直談判で、武田との和睦の確約を得た事により有利にな ると思われましたが、そう事はうまく運ばぬ様子です。 高坂弾正との直談判で武田と和睦できたと思った矢先、再び武田軍が動き始 めます。 景勝方にとっては、まさに寝耳に水。 重臣達は、武田が裏切ったと激怒し、その矛先は兼続にも向けられます。 一方、御館で…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more