ニュースに思う事[「お友達は日本だけ」? 米軍の地位協定、日本と欧州ではこんなに違う]

「お友達は日本だけ」? 米軍の地位協定、日本と欧州ではこんなに違う

状況が違いますからね。

自衛隊は基本的には日本を守る組織であって、戦争には関与しません。
日米安保についても、アメリカが攻撃されても日本が防衛には加わりません。
憲法上、そう決められているのですからどうしようもありません。

結局は、そここそが問題なのでしょうね。
比較対象になっている国々。
例えば同じ敗戦国になっているドイツは、NATOとしての派兵なら他国への軍事力行使が許可されています。
イタリアやベルギーもそうです。

ですが、日本はそうではありません。
比較をするのは当然として、憲法における軍や自衛組織の規定についても比較対象に挙げるべきなのではないでしょうか?
それを挙げずにいてはどこか不足した比較になるでしょうし、地位協定改定の席で提示しても一笑に付されて終わりでしょう。

沖縄の歴史を考慮すれば、現状を何とかしたいというのは理解できます。
ですが、内容に不足のある比較では現状打破とはいかないのではないでしょうか?


はじめて読む日米安保条約
宝島社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



安保論争 (ちくま新書)
筑摩書房
細谷 雄一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



在日米軍 変貌する日米安保体制 (岩波新書)
岩波書店
梅林 宏道

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

うしつぎ
2019年05月19日 13:30
ご無沙汰しておりました。ブログ再開してなによりであります。
>比較をするのは当然として、憲法における軍や自衛組織の規定についても比較対象に挙げるべきなのではないでしょうか?

 仰せごもっとも。自衛そっちのけで経済成長に特化したのが戦後日本でした。現在まで続く日本の領土問題はそこから起こっているので、解決するには先ず防衛体制を独立国としての自衛から改めなければならない筈です。

>沖縄の歴史を考慮すれば、現状を何とかしたいというのは理解できます。

 習体制の中国はまさしく永楽帝の明朝が模範でしょうから沖縄は益々焦眉であります。先ず米軍基地で殆ど任せる防衛体制が現在未来の問題と世論伯仲の主因であります。それに平行して沖縄をどう発展させていくかが日本の政治の眼目でありますが安倍政権でもどうかと思う昨今の感想であります。自衛隊の海兵隊、与那国島に注目は悪くはないですがもっと早くならなかったかぁ。。。

 あと、私のブログの総決算として作ったものをどうぞ。原作だけでなく映画も大人気になったのは嬉しかった。
http://ducunt-volentem.air-nifty.com/fiveqian/go3sen2syu1bo.html
2019年05月20日 14:51
うしつぎさん。
コメントありがとうございます。

>自衛そっちのけで経済成長に特化したのが
>戦後日本でした。
 冷戦時、日本は米軍にとっての戦略的要衝
 でしたからそれができたともいえるでしょ
 う。
 しかし、固定した状況がいつまでも続くと
 は限りません。
 事実、アメリカに陰りが見え中国が台頭し
 ています。
 そして、トランプがアメリカの負担を軽減
 しつつその分の負担を各国が背負うように
 要請しています。
 それは、日本とて例外ではないでしょう。

>先ず米軍基地で殆ど任せる防衛体制が現在
>未来の問題と世論伯仲の主因であります。
 沖縄は日本の南端に位置し、国境に接する
 地域。
 そして、海洋進出を進める中国との最前線
 とも言えます。
 有史以来、国境の守りを疎かにする国はあ
 りませんでした。
 日米地位協定を変えたいのなら、まず沖縄
 の備えを固めて駐留する米軍削減が可能に
 ならないとアメリカも耳を傾けないでしょ
 うね。

 URLには近日中に訪問させていただきま
 す。

この記事へのトラックバック