ニュースに思う事[日本の国家安全保障戦略に韓国政府、与野党が強烈抗議、中国以上の激しさ―韓国]

日本の国家安全保障戦略に韓国政府、与野党が強烈抗議、中国以上の激しさ―韓国

少なくとも、竹島の件で韓国に道理云々言われる筋合いはありませんね。

ラスク書簡、ヴァンフリート特命報告書、李承晩ラインの経緯から見ても、道理に合わない事をしているのは韓国なんですけどね…。
相も変わらず、自分たちに都合の悪い事は無視して正当性を主張しますな。
この国の人達は。

国防政策にしても、それは日本が決める事であって韓国が決める事ではありません。
そもそも、戦前と戦後では戦争に対する規定や他国への攻撃方法が違いますからそれに柔軟に対応しなければなりません。
となると、今までの専守防衛から踏み込んだ対応が必要になるのは明白。
第一、専守防衛に徹するというのは「攻撃権を放棄し、銃を持っていても撃てない軍事組織を持つ。」という事がまだ解っていないんですかね?
これに関しては、日本人もそうですけど。

そもそも、韓国との未来志向の関係を築くなんてまず不可能。
教育やらなんやら真逆になります。
但し、それをすれば国内が大混乱になると思いますがね。


日本の防衛―防衛白書〈平成25年版〉
日経印刷

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の防衛―防衛白書〈平成25年版〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 12/3号 [アメリカも困惑する韓国の世界観]
阪急コミュニケーションズ
2013-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2013年 12/3号 [アメリカも困惑する韓国の世界観] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック