cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュースに思う事[多数の軍艦を海洋監視船に=「尖閣」対応で増強か―中国]

<<   作成日時 : 2012/11/11 19:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

多数の軍艦を海洋監視船に=「尖閣」対応で増強か―中国

やはり、こうなりましたか…。

事実上の、軍事的圧力ですな。
海洋局が、第二の海軍になると、言っていいでしょう。

それに引き替え、海保は重装備の巡視船は少ないですし防御力もアサルトライフルの直撃に耐えられないほどの脆さ。
なのに、政府は碌に対応もしないという、犯罪級のお粗末ぶり。

アメリカには、沿岸警備隊という物ありまして、陸海空に海兵隊と並んで五軍と呼ばれる規模になっています。
ただでさえ、広大なEEZを持つのですから、その警備に日本はかなり力を裂かねばならないのに、まるでそれをしようとしません。
おそらく、穏便に済ませようとしているのでしょうが、領土や領海を巡る争いは最後には外交で解決するにしても、そこに辿り着くまでは、穏やかであった例なんて、ほとんどありません。

戦後では、イギリスとアイスランドの間で、漁場を巡るいさかいがありましたが、イギリス海軍とアイスランドの水上警察との砲撃沙汰までありました。
こういうことから、何も学んでいないとしたら、はっきり言ってお笑い草です。
今の政治家が学んでいるのは、ばれないように私腹を肥やすやり方と、政権維持の姑息な策くらいなようですね。
このままでは、この国に未来はないですかな…。
誰かは忘れましたが、アメリカの新しい州になったほうがよほどましといって、政治家を批判した評論家の人がいましたが、正しいかもしれませんね。


日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
保阪 正康

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



尖閣諸島が危ない 【第3刷増補版】
内外出版
防衛システム研究所

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 尖閣諸島が危ない 【第3刷増補版】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル












海上保安庁の仕事−素顔の“海猿”に迫る!−
成山堂書店
「海上保安庁の仕事」編集委員会 編

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 海上保安庁の仕事−素顔の“海猿”に迫る!− の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュースに思う事[多数の軍艦を海洋監視船に=「尖閣」対応で増強か―中国] cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる