ニュースに思う事[都の尖閣購入計画 「必要なら国購入も」官房長官が表明]

都の尖閣購入計画 「必要なら国購入も」官房長官が表明

購入の後にも、やる事があるのは解ってますよね?

東京都の尖閣諸島購入に刺激されての、会見ですが、その後にやる事があるのは、解っていますね?

傍若無人とエゴイズムを人の形にした中国が挑発してきたり、活動家が上陸しようとするのは明白です。
自衛隊を駐屯させる必要があります。
潜水艦を含む軍艦及び軍用機を監視する為の、対水上及び対空レーダー。
地対艦ミサイル及び地対空ミサイル発射施設、欲を言えば、汎用護衛艦数隻に、戦闘機1個飛行隊、イタリアで採用されているチェンタウロ戦闘偵察車のような軍用車両に多用途ヘリもあると望ましいですね。

無い方がいいのは当たり前ですが、予想される中国のリアクションに対しての備えを怠るのは、平和主義という名の見てくれは小奇麗な化粧をした怠惰でしかないですから。

この機会に、自衛隊の規模が今のままでよいかを考える必要もあるでしょう。
ロシア、中国、韓国と軍拡を続けているのに、これに対応しないわけには、いきませんからね。
その結果、拡充の必要があるのなら、国防戦略を見直して、装備品を購入し配備。
きちんと備えるのが、政府の仕事です。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック