ニュースに思う事[原発推進見直しに言及=枝野官房長官]

原発推進見直しに言及=枝野官房長官

原発が不安になったのは、解りますけどね。

今回の震災で認識したのは、普通に生活をしているだけでも大量の電気を使用しているということです。
当たり前の事ですけれど、こういう時にならないと深く認識するというのは、難しいんですよね。

福島原発では、まだ安心できる状況ではありませんし、原発は危機的状況になったら、周囲に大きなリスクをばら撒いてしまう事を肌で感じれば、不安になるのは当たり前です。

しかしながら、原発以外に大量の電力を作る発電方法は、今の所見当たりません。
原発は、やはり必要なのです。
だからこそ、安全対策は今回の震災で得た教訓を盛り込んで、より堅牢に、より安全な原発を建設しなければなりません。
いざという時にも、充分に備えをするのを忘れてはなりません。

ただ、原発に頼りきりでは、原発に何かあったらあっという間に電力k不足になります。
太陽光発電、風力発電等も合わせて推進する必要があります。

例えば、政府が補助金を出して、屋根をソーラーパネルにしたり、風力発電施設を各所に建設したりすれば、経済対策にもなります。
僅かながらも、自家発電が出来るようになれば、随分違うでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック