ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編 「6月23日~25日帰っちゃった/8月30日バベキュ」

ひだまり壮は、いつもみんな仲良し。
それでも、たまには実家に帰ります。
久方ぶりの、自分の家。

毎朝恒例の、ラジオ体操。
おや?ゆのがいませんね。
実は、久方ぶりに実家に帰っているのです。

実家に着いたゆのは、久方ぶりの両親との再会を…、ではなく、にゃん太との再会を。って、両親を放っとかないの。
どうやら、急な帰省だったようで、両親もびっくりしているようです。
と言う物の、お父さんは嬉しいようで、言っている事と顔が真逆です。
あらあら、うふふ。

ひだまり壮には、無事に着いたと連絡が。
なずなは、初めてゆのがいない日々が不安そうです。
うんうん。なずなはやはり可愛いなあ。
宮子は、おかずがない時のおかずの、ゆののおかずのにおいが、恋しいようです。
なんか、切ない…。

一方、ゆのは久しぶりの、お母さんの手料理です。
しかし、多すぎですって…。
ご飯の後は、部屋でぐっすり寝ているゆの。
そんなゆのを、微笑ましく見ている両親。
いきなりくるので、お母さんは、ゆのが「いい人」を連れてくると思ったようです。
お父さん、お父さん。
宮子や沙英さんは、違いますって。
翌朝、ゆのが「いい人」を連れてくる夢を見ながら、うなされているお父さんでした。

久方ぶりに地元で、お買いもの。
近所のおばさんには、綺麗になったと褒められますが、同級生には、小さくなったと言われます。
どっちなのかな?

買い物をしながら、ひだまり壮の事について話します。
宮子は、試食を貰うのが上手。
食いしんぼうですから。
沙英さんは、詰め放題が上手。
意外な特技だ。
ヒロさんは、特売で大活躍。
さすがヴ○ーチェ。

夕食は、ゆのとお母さんが肉じゃがを作ります。
お父さんは大満足。
一緒に寝ますが、ここで驚愕の事実。
選択の授業で、立体を選択する人は、吉野家先生の胸にタッチ。
親は心配ですなあ…。

翌日は、ひだまり壮に帰りますが、部屋に帰ったゆのが見たのは、逆立ちをしているみんな。
いつものひだまり壮でした。

ある日、宮子はバーベキューの道具を見つけます。
肉が食べたくなったから、だそうです。
普通に、肉買いにに行けよ。
せっかく道具があるので、バーベキューをする事に。

肉に、シーフード、野菜。
そして、なずながマシュマロ。
串に刺して、焼いて食べるとおいしいそうですな。
そして、何故か、宮子は干物を買います。
バーベキューで、干物…。

バーベキュー、スタート。
いろんな物を串に刺して、焼いて食べると。
ああ、おいしい。
なずなのお勧めは、マシュマロ。
外側はパリッとして、中身はフワフワ。
これまた、おいしい。
なずなも、可愛い。

そして、遂に干物が登場。
焼き始めたら、煙がモクモク。

学校での仕事が終わった吉野家先生と、始まる前にヒロさんと沙英さんから誘われたものの、素直になれない夏目が、驚いて飛び込んできます。
ああ、あれだ。
バーベキューで干物は、やっぱアウトだ。

吉野家先生と、夏目もバーベキューに加わります。
よかったねえ、夏目。
愛しの沙英さんと、バーベキューが出来て。
メアドまで、交換できました。

さて、夜になります。
夜中になって、ゆのたちはお腹がすいてしまいました。
ヒロさんが、おにぎりを作ってくれて、みんなで食べます。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


ひだまりスケッチ (5) (まんがタイムKRコミックス)
芳文社
2010-03-27
蒼樹 うめ

ユーザレビュー:
にゃん太が出てくるw ...
かなり面白い。4コマ ...
やっぱりおもしろい! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひだまりスケッチ (5) (まんがタイムKRコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2010-10-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ひだまりスケッチ×☆☆☆ 特別編 【完全生産限定版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック