[ニュースに思う事]【捕鯨】 シーシェパード、日本船にロケット弾攻撃…船員3人が負傷

【捕鯨】 シーシェパード、日本船にロケット弾攻撃…船員3人が負傷

シーシェパード関連の記事を色々読んできましたが、今回は言葉が出ませんで
した。
何時から、日本の捕鯨関係者とシーシェパードは戦争状態に入ったというので
しょうか?
というより、この連中は本当に環境保護団体なのでしょうか?
ちなみに、ウィキペディアによると環境保護団体とは以下のような団体だそう
です。

自然保護団体のひとつで、環境問題の解決を目的として、あるいは思想などを
背景にして、環境を保護することを求める市民運動を行う団体。企業や行政の
行う開発行為や破壊行為からの「保護」が運動の主目的である。

あくまで環境を保護する事を求める市民運動を行う団体であって、破壊行為を
行う団体ではありません。
そうなると、エコテロリストになります。

ここまで来ると、国際的にも大きな問題になります。
日本の調査捕鯨に反論を唱える国がありますが、IWC(国際捕鯨委員会)で
認められている、れっきとした合法的な行為。
シーシェパードの行為は、傷害事件としても立件が充分可能です。
つまり、他国の公海上であっても、日本の警察権が行使できる事件なのです。
それにも拘らず、日本は再発防止行為を取るよう申し入れるだけ。
それで、解決すると本気で思いこんでいるようなので、つくづく頭の寒いお歴々
ですな、民主党政権は。

まあ、鳩山さんは鯨を食べないからなのかもしれませんが、一国の首相の思想
で国民の安全を守らないと言う行為が果たして許されるのでしょうか?
もし、そうだと思っているのなら、民主党は与党の座からとっとと降りてもら
いたいものです。

自国の国民の為にならないような政治家は、願い下げです。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。
ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


闘え!くじら人―捕鯨問題でわかる国際社会
成山堂書店
山際 大志郎

ユーザレビュー:
食料問題!鯨専門店に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



エコ・テロリズム―過激化する環境運動とアメリカの内なるテロ (新書y)
洋泉社
浜野 喬士

ユーザレビュー:
シー・シェパードの思 ...
なぜ「環境運動」と「 ...
アメリカの内なるテロ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック