蒼天航路 第15話 黒い嵐

父曹嵩の死を切欠にした、徐州侵攻。
黄巾党の生き残りである青州兵を先鋒にした、徐州侵攻は非常に血なまぐさい
物に。

徐州に侵攻した曹操軍は、青州兵が目を覆うような虐殺を繰り広げていました。
それは民衆も例外はなく、死体で川の流れがせき止められるほどです。
公孫サンは、客将となっていた劉備を援軍として派遣します。(当時の劉備は、
客将というよりほぼ配下といってよいでしょう。この時、田楷という将も劉備と共
に徐州へ派遣されています。)


あまりに無残な有様に、劉備も怒りを隠せません。
生き残った民衆は劉備を頼ります。
劉備は彼らを連れて徐州の郯城へ入城します。
民衆を見て難色を示す陶謙に、牧としての責任感を感じているかの再確認をす
ると同時に、民衆を入城させる事を承諾させます。

一方、曹操軍は次々と城を落として戦況は陶謙にとって不利となっていきます。
かくなる上は、自分の首を差し出して戦を終わらせようとします。
しかし、それが無駄な事だと劉備は悟っていました。
曹操は父の復讐の為に攻め込んだのではなく、地ならしをしてその上に新たな
国を築く為に徐州へと攻め込んだ。劉備にはそれが良く解っていました。
同じく天下を狙うが故に。
それを聞いた陶謙は、劉備に曹操を止めるよう願い、劉備は快諾します。

いざ戦いとなりかけますが、曹操は突如撤退します。
今回の徐州侵攻に反対していた軍師陳宮が、曹操と仲の良い武将張邈を嗾け
て徐州に侵攻させたのです。
そこには、あの呂布が加わっていました。
鄄城を守る荀彧は策を練り、侵攻してきた呂布の軍を撃破しようとしますが、
策を力で踏み潰す呂布の前に、逆に窮地に立たされます。

そこに救援に駆けつけたのは、徐州から兵を退いた曹操でした。
荀彧の危機を救った曹操は、しばらく呂布と戦う事にします。
目的は、呂布を相手にする曹操の下で力を発揮したいと思う者を得る事でした。
そこに一人の男が尋ねてきます。
名は郭嘉。
後に曹操の下で、優れた軍師としての才覚を発揮する男です。

一方、劉備は、病死した陶謙の遺言から徐州の牧になる事を求められます。
一旦は断りますが、劉備が牧になる事を助けた民が望んでいる事を知り、徐州
の牧となります。(窮地に在った民衆を救ったからこそ、信頼を得られたという
事でしょう。真に困った時に助けた者が、本当に慕われるのです。今のこの国
の在り様を見ると、政治家が国民に信頼されないのがよく解ります。国民に目
を向けずに党利党略にばかりかまけていて、どうして信頼が得られましょう
か。)

曹操は、呂布との決戦に挑もうとしていました。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。
にほんブログ村 アニメブログへ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


蒼天航路 (4) (講談社漫画文庫)
講談社
李 学仁

ユーザレビュー:
呂布呂布が董卓を裏切 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



極厚蒼天航路 4 (モーニングKCDX)
講談社
王 欣太

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



「三国志」軍師34選 (PHP文庫 わ 12-2)
PHP研究所
渡邉 義浩

ユーザレビュー:
「名士」を通して三国 ...
正史(実録)に基づき ...
三国時代の背景が分か ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

五遷・主簿
2009年07月18日 14:05
TBありがとうございます。
>後に曹操の下で、優れた軍師としての才覚を発揮する男です。

 軍師が揃ってきました。これからの戦いで活躍するのが楽しみです。アニメ横山三国志では父親殺されて曹操は泣いてますが、蒼天の曹操はそうではなかったか。

>国民に目を向けずに党利党略にばかりかまけていて、どうして信頼が得られましょうか。

 職務怠慢、責任放棄、臆病にして卑屈。小泉元首相は自民党をぶっ壊すといったが、自民党の国会議員の矜持の再生はほったらかしてしまったので、今の自民党は国策を保身と秤にかけている議員が多くなった。

 曹操の地ならしは再生も覚悟したのに、あの方は父曹崇を殺した山賊と同義では?

この記事へのトラックバック