GA 芸術科アートデザインクラス 第2話 神様の鉛筆

とっても身近にある、美術に使う物とは?
それは鉛筆です。
今回は、それにまつわるお話です。

授業中に鉛筆を落としてしまったキサラギ。
ノダ(こいつに拾わせないように)が拾った事から、鉛筆の由来の話になりま
す。
何とそれは、「神様の鉛筆」でした。
入学前のある日、試験に必要なの鉛筆がなかったキサラギは、文房具店に駆
け込みます。
しかし、こういう時にこそ見つからないのが世の常。
そんな時、店のおばあさんが持ってきたのが年代物の古い鉛筆。
おばあさん曰く、菅原道真が使っていた由緒正しい鉛筆でした。
そして、その鉛筆で猛特訓をしたキサラギは、めでたく合格してGAに入学。
いや…、猛特訓したのなら、神様のでも仏様のでも普通のでも、あんまり関係
ないような気がするが…。

そんなこんなで、今日は鉛筆デッサンの授業です。
鉛筆の種類は結構あって、9H-2H・H・F・HB・B・2B-6Bの何と17種類。
以外に種類があるんですねえ。
私が使った事があるのは、HB・B・2B・4Bです。
他に使った記憶なんぞないわい!
というより、大体この4種類が使い慣れていたんですよね。

さて授業が始まりますが、あまりの鉛筆の多さにノダが爆発。
ちなみにトモカネはHB1本。
濃淡は筆圧で調整していました。
鉛筆折れるぞ。普通。
そして、出来上がったティッシュ箱のデッサン。
トモカネのは、ティッシュが鉄板のようになり。
キサラギのは、ティッシュ箱がスポンジのように。
どうやら、トモカネは筆圧調整が裏目に出て、柔らかい質感を表現できなかった
ようで。
一方、キサラギは濃い鉛筆をあまり使っていなかったようですね。
薄い鉛筆だと、質感を出すのは案外難しいというのが私の経験です。
輪郭がきちんとしないんですよ。

ある日鉛筆を買いに行ったキサラギが行ったのは、神様の鉛筆を買いに行った
文房具屋さん。
しかし、あの時のおばあちゃんは既に他界していました。
鉛筆の事を話すと、店を継いだお孫さんから最後の一箱を貰います。
おばあちゃんが渡したのは、キサラギがきっと鉛筆を大事にしてくれるからと思
ったから。
そう話を聞かされたキサラギは、お孫さんと鉛筆を半分こ。
その鉛筆はまだ使っていません。
使われるのは、美術大学の入試の日のようですね。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。
にほんブログ村 アニメブログへ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


GA -芸術科アートデザインクラス- (1) (まんがタイムKRコミックス)
芳文社
きゆづき さとこ

ユーザレビュー:
表紙買いしたが・・自 ...
「ひだまりスケッチ」 ...
面白さを見出せなかっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



GA-芸術科アートデザインクラス (2) (まんがタイムKRコミックス)
芳文社
きゆづき さとこ

ユーザレビュー:
別視点の導入 2巻か ...
ドタバタ度、さらにU ...
新キャラ登場話題の美 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



鉛筆デッサンを始める人へ―絵画の基本 (新カルチャーシリーズ)
グラフィック社
永山 裕子

ユーザレビュー:
基本的な練習に適して ...
鉛筆デッサンの最高の ...
デッサン七日間にとっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック