天地人 第28話 北の独眼竜

秀吉が天下統一に向けて着々と進んでいる時、もう一人天下を伺う男がいまし
た。
その男のいる地は、北の奥州。

お船の出産が近づいていますが、夫である兼続は傍にはいませんでした。
越後統一が成し遂げられたと思ったら、また難題が待っていたのです。

米沢城を本拠とする伊達政宗が、越後の隣国会津を治める蘆名と戦を起こす
気配を見せ始めていたのです。
会津が政宗の物となれば、脅威は越後にも及びます。
兼続は会津の隣国、常陸を治める佐竹と手を結ぶべく景継を使者に遣わしま
。(ちなみに当時の蘆名家当主蘆名義広は、佐竹家からの養子です。)
秀吉も実頼を通して、伊達対策を練るよう景勝に命じます。
兼続は、政宗に無益な戦を慎むように書状を出す事を進言します。
賛成した景勝は、兼続を使者にする事に決めます。

兼続が使者に来る事を書状で知った政宗は、伊達の恐ろしさを思い知らせよう
と不敵な表情を見せます。
いよいよ兼続が米沢城に到着します。
そばに、政宗の片腕片倉小十郎景綱が控えて、兼続は政宗を対面します。
戦を止めるように説得する兼続に、逆に政宗は同盟して天下を取らぬかと、話
を持ちかけますが、兼続は現在の情勢を説明し伊達と上杉が組んだとて、到
底歯が立たぬ事を話します。

そして、ふと目にした地球儀を見て、兼続は織田信長の話をします。
天地人の内、人をないがしろにしたばかりに自滅した信長の話を。
それが、政宗の逆鱗に触れ政宗は太刀を手にします。
兼続にもたちが渡され、斬りあいになるかと思いきや兼続は、太刀の柄を左に
して置きます。(太刀を傍らに置く時は、通常は敵意がない事を示す為、右手
で抜けぬようにします。)

構わず政宗は斬りかかりますが、それを止めたのは政宗の正室愛姫でした。

兼続を斬らなかった理由を愛姫に尋ねられた政宗は、「斬るに値せぬ男」と理
由を話しますが、愛姫は兼続の言っていた天地人の人の部分を理解していた
のではありませんか。と言います。
政宗は「黙れ」としか言えませんでした。(この時、政宗と母お東の方との仲は
決してよい物ではありませんでした。政宗が奥州平定を進める中、実家の最上
家や最上の本家大崎家とも事を構え、お東の方の立場が悪くなっていった事も
理由です。しかし、研究によると親しく文を交換している事が確認されている
事から、後世の創作の可能性も否定できません。お東の方の立場が悪くなっ
ていたのは事実ですが、兄の最上義光が伊達領に侵攻した際に和睦の為に
動いていることも裏づけになると、考えます。)


ひとまず、政宗の軍事行動は収まります。
そして、景勝と兼続は内乱の続く佐渡を平定。
金山の開発に力を注ぎます。
その最中、お船が無事に女子を出産したという嬉しい知らせが入りますが、そ
の一方で、政宗が摺上原の戦いで蘆名氏を滅ぼします。
これには、秀吉も激怒。
政宗と同盟関係にあった北条攻めを決断します。

越後に戻った兼続は、生まれた我が子と対面していました。

天地人ワンポイント

奥州と上杉。奥州と奥州。
奥州の伊達と蘆名ですが、実は上杉家と浅からぬ因縁があります。
事の始まりは、御館の乱。
当時の伊達家の当主、つまり政宗の父輝宗、蘆名家当主蘆名盛氏、蘆名家重
臣津川城城主金上盛備が景虎に味方していました。
景虎が北条家の血族である事が大きく関係しています。
伊達家は輝宗の代から、北条家と同盟関係にありその影響から奥州の諸大名
が景虎に味方したのです。
御館の乱は、景勝方の奮戦と外交工作により周囲の味方が手を引いたことに
より、景虎方の敗北に終わります。
さらに新発田重家の乱でも伊達家は介入しています。
この後、政宗の父輝宗の死が発端となり、人取橋の戦い、伊達と他の奥州の
諸大名との連合軍との戦いを経て、摺上原の合戦となりますが、この前に蘆
名家で跡目を巡る争いが起きます。
片方は、佐竹家から跡取りを迎えようとしますが、片方は政宗の弟伊達小次郎
を迎えようとします。
結局は佐竹から養子を迎えますが、これが蘆名家に内紛を生み出し摺上原の
合戦では模様見を決め込む者が続出。
全軍が機能する事無く、蘆名家は滅亡します。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。
ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


天地人〈下〉
日本放送出版協会
火坂 雅志

ユーザレビュー:
図書館のすぐれちゃん ...
最後はマンガになった ...
現代的な感覚現代的な ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編
日本放送出版協会
【原作】火坂雅志

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






伊達政宗 (1) (山岡荘八歴史文庫 (51))
講談社
山岡 荘八

ユーザレビュー:
戦国時代狂今から22 ...
眠らない気迫の武将。 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

五遷・主簿
2009年07月14日 20:32
TBありがとうございました。いつも感謝です。
>政宗
 それにしてもナレーションで父親は見殺しとは酷かった。渡辺謙さんの政宗を見ていた者として輝宗の最後のシーンは見ごたえあったのに、見殺しとは同じNHK作品なのにひどすぎるなぁと感じましたよ。私がプロデューサーだったら訂正させた。

>愛姫
 配役の方は是非に父上様に今年の大河ドラマで出来と聞いてほしいのだが(笑)。
2009年07月16日 22:31
五遷・主簿さん。
コメントありがとうございます。

>父親は見殺しとは酷かった。
 これには、隠居したとはいえ大きい発言力
 を持った輝宗を、政宗は排除したかったと
 いう説からきていると考えます。
 事実、畠山義継に人質に去れた輝宗を、そ
 の時政宗は既に殺すつもりだったという説
 もあるんですよ。

この記事へのトラックバック

  • 景勝の「天地人」第28話

    Excerpt: #「北の独眼竜」 (||li`ω゚∞)ああ、渡辺謙 殿が懐かしいぜ。。。愛姫さんよ。 Weblog: 休羽捫虱堂 racked: 2009-07-14 06:26