天地人 第27話 与六と与七

兄と弟。
その関係は、なかなか難しき物。
それが発端となって、起きる事件。

京から帰ってきた景勝は、越後の北に勢力を持ち上杉と対立し続けていた、新
発田重家を滅ぼし、遂に越後を統一します。
御館の乱から、既に9年が立っていました。

越後にようやく平穏が訪れたのですが、実頼はこれといった手柄がなくその事
で、義父重頼や妻から手柄を立てるよう迫られていました。
それを知った兼続は、聚楽第が完成した祝いに名代として実頼を推薦。
実頼は京に向かいます。
そこで、厄介ごとが待っているとも知らずに…。

名代として、祝いの言葉を述べている時、側室の茶々。
後の淀殿です。
実頼が気に入ったのか、性を大国と改めろといささかやりすぎです。

その後、秀吉自ら聚楽第に案内していると、兼続の補佐をする実頼の気持ちが
解ると話し、その証として実頼に官位を与えます。
越後に帰った実頼はその事と姓を改めた事を話しますが、兼続はそれを責めま
す。(主君に無断で官位を授かるというのは、実際褒められた事ではありませ
ん。)

それが発端で、2人は喧嘩騒ぎを起こしてしまいました。

兼続は実頼の事を景勝に詫びます。
苦い顔をしながらも、景勝は官位は秀吉からの褒美として受け取り、姓に関し
ては自分の命という事にして収める事にします。
その後、景勝と兼続にも官位を与えるという書状が来て、景勝と兼続は再び上
洛。

京で兼続は、官位などなくとも上杉の忠節に変わりはない。
と、堂々とした態度で秀吉によけいな褒美は無用と言います。
その兼続の態度に、実頼は考えさせられある決断をします。

上洛してから一ヶ月、越後に帰る時が近づいてきて、実頼は兼続に京都の上
杉の屋敷を管理する役目を、自分に任せて欲しいと願い出ます。
兼続に助けられっぱなしでは駄目だと考えて、京都で自分の力を試して見たい
と考えたのです。
そのまま、実頼は京都に残り、兼続たちは越後へ戻ります。
そして、帰った兼続はお船が子を授かった事を知ります。

天地人ワンポイント

小国氏
摂津源氏の流れを汲む源頼行の孫、頼連が越後の小国保の地頭になったこと
を切欠に小国の姓を名乗った事から、小国氏の歴史が始まります。
南北朝時代では、当時の当主小国政光が越後の南朝方として活躍。
後に、小国頼久が謙信に仕えてから、上杉家の家臣となります。
御館の乱では、景勝派、景虎派に分裂。
戦後、景勝が与七を養子に送り家督を継がせています。
そして、景勝の命により姓を大国と改めます。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


天地人〈下〉
日本放送出版協会
火坂 雅志

ユーザレビュー:
図書館のすぐれちゃん ...
最後はマンガになった ...
現代的な感覚現代的な ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編
日本放送出版協会
【原作】火坂雅志

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






天地人 第1巻 コミック版
宙出版
火坂 雅志

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



大河ドラマ小説 天地人 (上) 紅葉の教え
講談社
火坂 雅志 (原作)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第27回「与六と与七」

    Excerpt: 今回はなんとなく考えさせられるテーマでした。兼続のいつも近くにいるからこそ、兼続の大きな存在の中に埋もれてしまって自分を出すことができない実頼は、ずっと思い悩んでいたのでしょう。奥方である小国家の娘.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-07-06 00:42
  • 景勝の「天地人」第27話

    Excerpt: #「与六と与七」 Weblog: 休羽捫虱堂 racked: 2009-07-06 23:01