天地人 第26話 関白を叱る

時が経つのは、早いもの
景勝達が越後に帰る日が、近づきます。
「天下の器」兼続を狙う秀吉。
器の行方や如何に。

茶会に出る為に大阪城に登城しようとする兼続に、お涼が話しかけてきます。
昔の秀吉は、人を笑わすのが得意できさくな人だった。
しかし、今は違う。
兼続一人の命など、どうにでもなる。
武士として譲れぬ物がある。
後には退けぬ。
兼続はそうお涼に言います。
一方、三成は初音を見つけていました。

秀吉は、金にいとめをつけずに兼続を家臣にしようとします。
お涼と利休が考えたとおりでした。
しかし、金を積まれようとも、起請文に名を書くよう言われても、首に刃をつ
きつけられても、兼続は秀吉に従おうとしませんでした。

無事に茶会が終わった後、秀吉は北政所に大目玉。
平謝りしながらも、秀吉はますます兼続を気に入っていました。(名器の新たな
魅力に見せられましたな。)

今まで、あれだけ動じない目を秀吉は見た事がなかったのです。(直江状の伏
線?)


無事に帰ってきて、お涼は心から喜びます。
その後、兼続は利休の茶室に呼ばれます。
兼続と直に会い、利休も秀吉が欲しがる天下の器に惹かれます。
茶を立てながら、利休は三成に気をつけるよう、兼続にいいます。
三成は、いずれ天下に騒乱を巻き起こす。
自分もその火に焼かれるだろう。
三成は、守ろうとする物を守れずに壊してしまう。
それが運命と言います。

その後、兼続は三成と会います。
家康が、遂に上洛するので多忙になっていました。
最大の敵は、徳川家康。
いずれ、東国は煮えたぎる釜のようになるだろう。
三成はそう言います。

初めから家康を敵としか見ていない三成に、兼続は人を信じその力を活かす事
の大切さを話し、むやみに敵を作らぬように心にとどめておいて欲しいといい
ます。
覚えておくと言いながら、三成は初音に会っていくかを尋ねます。
隣の部屋に初音がいる事に気づきながらも、兼続は会わずに、幸せを祈ってい
ると伝えて欲しい。そう、言伝を頼み帰っていきます。

越後へ戻る前に、秀吉に挨拶があります。
秀吉は、そなたらのような無礼者は初めてと言いながら、怒ってはいませんで
した。
そして、自分は成り上がり者ゆえ、心から慕ってくれる家臣がいない。
故に、兼続が欲しかった。
古くからの家臣がいない為に、黄金に頼ってしまう。
そう、自分の孤独な面を話します。(豊臣政権の痛いところですね。)
そして、景勝達は越後へ戻ります。

しばらくして、家康が上洛します。
表面上は友好的でしたが、その実、家康と秀吉の戦が始まっていました。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。
ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


天地人〈下〉
日本放送出版協会
火坂 雅志

ユーザレビュー:
図書館のすぐれちゃん ...
最後はマンガになった ...
現代的な感覚現代的な ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編
日本放送出版協会
【原作】火坂雅志

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ






「天地人」を歩く
祥伝社
火坂 雅志

ユーザレビュー:
天地人の副読本小説天 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 景勝の「天地人」第26話

    Excerpt: #「関白を叱る」 Weblog: 休羽捫虱堂 racked: 2009-06-29 06:00
  • ???????????26????????

    Excerpt: ???????????(�????)??????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ????????? racked: 2009-06-30 23:05
  • ★「天地人#26」黄金を積まれても~♪

    Excerpt: 雪解け水のような。。兼続は。。これからもどんどんみんなの心を溶かしてあったかぁ~くしていくって感じ。。?大河ドラマ「天地人」公式ページデキる男兼続をどうしても自分のものにしたい秀吉。。お茶会の席で黄金.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2009-06-30 23:06
  • 天地人 第26話 「関白を叱る」

    Excerpt: はい、今回の字。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2009-06-30 23:22
  • 「天地人」第26回

    Excerpt:    第二十六回「関白を叱る」兼続は景勝に付き従い、大坂城で開かれた秀吉の茶会に出席。秀吉は兼続を自分の家臣にしようと砂金の山を積む。だが兼続は、自分の主は景勝以外にいないと突っぱねる。宿所に戻った兼.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-07-01 05:52
  • 大河ドラマ「天地人」第26回「関白を叱る」

    Excerpt:  「北越雪譜」(鈴木牧之・編撰)を読んでみました。著者の鈴木牧之さんのご先祖は上杉家の家来でしたが、会津転封に付いていけずに魚沼に住み始めたんだそうです。江戸後期の越後の暮らしや伝承が紹介され、小.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2009-07-01 06:38
  • 【天地人】第二十六回

    Excerpt: 殿は・・・この兼続の御為に万一の時は、ご自身の命と越後一国を賭けるおつもりであったとは・・・秀吉との緊張の対面。秀吉は、兼続と景勝の前に砂金を積み、兼続を自分の家臣に引き抜こうとした。しかし、景勝にし.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-07-01 15:04
  • 大河ドラマ「天地人」第26話「関白を叱る」

    Excerpt: 今日のお言葉。「愛の詩人」でも、兼続が文武両道・・・・っていわれてもあんましピンとこないんですけど・・・ 秀吉には負けぬ------------!!戦うと決めた兼続と景勝。今日は秀吉の金の茶.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2009-07-01 23:24