機動戦士ガンダム00 第12話 宇宙で待ってる

00のトランザムで放出された、膨大なGN粒子。
それが、媒介になって、宙域にいるパイロット達が聞く声。
その中で、最悪の再会をする、沙慈とルイス。

画像

膨大なGN粒子の影響で、沙慈はルイスがアロウズに加わった事を知り。
ルイスは、沙慈がソレスタルビーイングと行動を共にしている事を知ります。
互いに、「何故」と悲痛な叫ぶ声が、宙域に響き渡ります。

画像

戦闘は、続きます。
ロックオンも、ティエリアも奮戦しますが、数を生かした波状攻撃の前に、
旗色は良くなりません。

画像

その中で、真の力を発揮した00は奮戦し、前回苦渋を舐めさせられたガラッゾ
を、圧倒的な性能で退けます。

画像

続いて、プトレマイオスを狙うガデッサを叩きます。
その性能で、多大な損害を被った事で、マネキンは撤退を決意。
MS隊を退けます。
リボンズも、自分が知らなかった00の真の力に、驚愕します。
戦いの中で、ルイスは沙慈がオーライザーに乗っている事を知り、ソレスタルビ
ーイングと共に、憎しみの対象にしてしまいます。

画像

プトレマイオスに戻った沙慈は、刹那にルイスがアロウズに加わっていた事を
話し、刹那を糾弾します。
そんな沙慈に、ルイスを取り戻す為に戦えと言いますが、うまく真意が伝わら
ず、逆に沙慈に殴られます。

正直、説得できるかは、疑問なんですよね…。
ルイスは、反連邦テロで死んでいく人がいるのを実感し、知った。
ガンダムで両親を殺されたルイスが、百歩譲って刹那たちを赦せたとしても、
ジニンの妻のように、カタロン等の反連邦組織に殺された人がいるという事を
赦せてアロウズを除隊できるかどうか、疑問ですね。
反連邦テロの事を聞く度に、ジニンの事が頭をよぎるでしょうから。


画像

乗艦に戻ったルイスは、戦死したジニンの遺品が片付けられていくのを見て、
改めて、彼が死んだ事を思い知ります。
ルイスを案じるアンドレイの声も、ガンダムに対する憎しみを改めて燃やすル
イスには、届きませんでした。

画像

敗れたリヴァイブ達には、ダブルオーの奪取命令が出ていました。
リボンズも、今度は総力戦で挑むようです。

画像

地上では更なる悲劇が起きていました。
メメントモリの第二射が再び放たれ、近くにあった難民キャンプに避難していた
避難民ごと、リチエラ王国の軍事基地を吹き飛ばします。

画像

連邦軍には、メメントモリの件については厳重な箝口令が敷かれます。
セルゲイはそれに反論しますが、軍の命令は絶対。且つ、連邦大統領の命令
でもありました。
これには、セルゲイも抗えません。

この様子だと、アロウズにも箝口令が敷かれている可能性が高いですね。
上層部は、これは味方であっても知られては不味い。
最悪、離反者が反連邦組織に走る可能性を、見ていると見てよいのかもしれ
ませんね。
あのヒトラーでさえも、「人殺しをしたい時は、大声で自分は正義だと叫べ。」
と言っています。
当然と言えば、当然かもしれませんね。
メメントモリの部隊には、非戦闘員さえも殺す事をためらわない、第二次世界
大戦の兵士達の思考状態にある者を配属しているのでしょう。


画像

メメントモリ第二射の報は、プトレマイオスにも届き、メメントモリへ急ぎます。
そんな中で、沙慈はルイスに会いに行こうとします。
自分は人殺しはしたくない。
昔の、当たり前の日常を取り戻したい。
その一心で…。
しかし、かつて自分が取った行動の結果、カタロンの基地で虐殺が行われた
事を思い出し、どうすればいいか解らず思いとどまります。

画像

ルイスは、嘗ての思い出を見て、そして、全て消し去ってしまいました…。

画像

カタロンの宇宙艦隊は、メメントモリ破壊の為、動き出しますが、宇宙にも発
射が可能なメメントモリの第三射で、大きな打撃を受けます。

ブログ村のランキングに参加しております。
この記事が面白いと思った方は、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 アニメブログへ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
バンダイビジュアル
2009-02-20

ユーザレビュー:
ただ批判したいだけの ...
1stが戦場の悲哀な ...
ファーストよりつまら ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック