機動戦士ガンダム00 第2話 ツインドライヴ

ソレスタルビーイングが、再び活動を開始。
それが世界に与えた影響は・・・。

ソレスタルビーイングの活動再開を受けて、アロウズは人材の収集を始めます。
かつて、ジンクス部隊を率いて、ガンダム殲滅作戦の指揮を取った、カティ。
そしてピーリスもアロウズに加わります。
その様子を、仮面の男は冷静に見ていました。

刹那は、ロックオン、ニール・ディランディの弟、ライル・ディランディと会っていま
した。
兄であるニールの死を伝え、戦う意思があるのなら、世界を変える意志がある
のなら、ソレスタルビーイングのガンダムマイスターになる事を求め、データ
を渡し、アロウズのカタロン殲滅作戦の情報も伝えます。
そして、次にビリーの所に身を寄せているスメラギの元を訪れます。

ライルはカタロンの拠点にアロウズの手が伸びている事を確認して、リーダー
のクラウスに連絡を入れた後、宇宙に上がり刹那たちと合流します。(腹を決め
たかどうかは今のところ、まだ解りませんね。)


連邦は世界の統合を急ぐあまり、反連邦の勢力(この場合、国家も含まれると
考えた方が、妥当でしょう。)
を次々と叩く為に、連邦政府はアロウズを新設して
いました。
そして、アザディスタンも反連邦の勢力と見なされたのか、マリナが拘束されま
す。

お粗末な政策ですね。
ソレスタルビーイングのような組織の活動を、考慮に入れての事でしょうが、
それならば、太陽光発電の恩恵を骨付き肉にして、とりこむぐらいの事をすべき
ですね。
関ヶ原の戦いの前に、自分達につかない大名を取り込むために妻子を人質にし
ようとした挙句、失敗した石田三成みたいですね。
マリナを細川ガラシャに例えるならば、刹那は細川忠興ですかな?
妻のガラシャの死を知った忠興は激怒し、関ヶ原で獅子奮迅の活躍をして、領
地を攻めた大名の小野木重勝を包囲して、切腹に追い込みましたが、どうなり
ますかね。


一方、プトレマイオスに危機が迫っていました。
王留美がリボンズに流した情報から、アロウズがプトレマイオスの位置を特定。
MS隊を発進させていました。

迎撃できるのは、ティエリアのセラヴィーのみ。
00はまだ動かせません。
その事を聞いたスメラギは、咄嗟に作戦を考案。プトレマイオスに送信します。
セラヴィーの迎撃と合わせて、機雷とセンサーを狂わせる弾頭を混ぜて発射。
その隙に、着艦して00を発進させる。
それが、スメラギの考案した作戦でした。

作戦が功を奏しましたが、問題が残っていました。
エクシアとOガンダムの太陽炉でも、00の主機関ツインドライヴが安定しないの
で、発進はさせられません。

それでも、刹那は機体を起動させます。
トランザムを使用しても、ツインドライヴは安定稼動域に達しませんでしたが、刹
那の思いに答えるように、奇跡的に安定稼動域に達します。

00ガンダム。
イオリアがトランザムと一緒に遺した、2基の太陽炉を使用して出力を倍にする
のではなく自乗倍にする、ツインドライヴ理論を元に生み出された、刹那の新し
き剣は、圧倒的な力でアロウズを撃退します。

今までのソレスタルビーイングの活動、スローネのデータ、アロウズの事。そ
して、00の戦い。それを見た沙慈は何やら考え込んでいる様子です。

留美は00が起動した事を知り、リボンズはイオリアの名前を憎らしげに口に
していました。
そして、スメラギが今まで戦ってきた相手と知った、ビリーは唇を噛み締めて
いました。


儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)
ソニー・ミュージックレコーズ
2008-11-19
UVERworld

ユーザレビュー:
気になる違い<ガンダ ...
UVERworldの ...
「機動戦士ガンダム0 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



HG 1/144 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
バンダイ
2008-09-24

ユーザレビュー:
このサイズでよく動く ...
キットでもエクシアを ...
肘関節が… (誤始め ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
バンダイ
2008-10-29

ユーザレビュー:
額のクリヤーパーツ額 ...
期待できそうかな模型 ...
2ndシーズン プラ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



HG 1/144 GN-X(ジンクス)3 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
バンダイ
2008-10-11

ユーザレビュー:
二期、量産型第1号独 ...
前のジンクスより可動 ...
手抜きましたね、あな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

K・K
2008年10月13日 11:42
 初めまして、K・Kと申します。

 カタギリ司令(と思われる人物)がカティ大佐に言った連邦政府(アロウズ)の方針を聞いて呆れましたよ。
 カタロン…は連邦政府から見てテロ組織以外の何ものでもないからいいですし。
 ガンダム(CB)も、やってることはテロだから攻撃対象になるのは治安維持部隊・アロウズにとって当然です。
 しかし、連邦非参加国に対して、連邦参加を武力で恫喝するのはやり過ぎです…というか、これはアロウズ(軍事)の仕事ではなく、政治や経済の方面で攻めた方がいいですよね、確かに。

 連邦軍(アロウズ含む)がすべき事は、軌道エレベーターと太陽光発電による電力供給ラインをテロ組織や各国の紛争から守る為に武力を振るい、内政が整うまで戦い続けるという地道で気長な作業ではないのか、と愚考します。
2008年10月16日 23:51
K・Kさん。
初めまして。
コメントありがとうございます。

>しかし、連邦非参加国に対して、連邦参加を
武力で恫喝するのはやり過ぎです…
せめて、参加する事のメリットを餌にして、取
り込むぐらいの政治的手腕は見せて欲しいです
よね。
これじゃ、テロも増えますよ。
今の、イラクやアフガニスタンみたいですね。

>内政が整うまで戦い続けるという地道で気長
な作業
仰るとおりですね。
アロウズは、連邦に参加するメリットである、
太陽光発電システムを守る、そしていずれは、
連邦の精鋭部隊として、世界の安全保障に貢献
する方が長い目で見れば、ずっとよいですね。

この記事へのトラックバック