コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN10 神虎 輝く 刻

結婚式のどさくさに紛れてルルーシュは天子を人質に。
無論、大宦官達が黙っているはずもありません。
無事に逃げ切れるでしょうか?

天子を人質にしてから、新ナイトメア斬月に乗った藤堂が姿を現します。
シュナイゼルを仕留めようとしますが、ランスロットに乗ったスザクがそれを阻み
ます。
斬月とランスロットの戦いはほぼ互角。ランスロットはフロートを破壊されます
が、斬月も左腕を失います。
一旦斬月を引かせて、ルルーシュは逃走を最優先します。

トレーラーの中で、ルルーシュは天子に合衆国に中華連邦を加える構想を語り
ます。
既に、モンゴルやインド、ビルマとも話はついている。
中華連邦も連邦制のはずと言う天子に、中華連邦の統治システムは寿命に来
ていると話します。
途中の道で橋が落とされていますが、それも予想済み。こちらも新ナイトメア暁
の直参仕様に乗った朝比奈が率いる部隊が、既に軍を展開していました。
(島津家のお家芸釣り野伏せですね。)
袋のネズミになった陸軍の敗北を予測していた星刻に大宦官はある物を与え
て、追撃に向かわせます。

そのある物とは、中華連邦のナイトメア。幾人ものパイロットを再起不能にした
呪われしナイトメア神虎。前衛が次々と倒されていきます。
それを見たラクシャータが驚きの表情を見せます。
更に3騎の一般兵用の暁が向かいますが、出力40%の神虎でもあっという間
に破壊。千葉が向かいますがこれも退けられます。
一方、ルルーシュは自分の策が読まれていた事を、知ります。

神虎を開発したのはラクシャータでした。しかし、設計思想の違いからハイス
ペックを追求しすぎた為に、パイロットが見つからなかった孤高のナイトメア。
カレンが立ち向かいますが輻射波動弾も天愕覇王覇王重粒子砲に防がれ、
戦いの最中、エナジーが切れてカレンは囚われの身になります。
その頃、中華連邦の軍も到着します。

ディートハルトは、インドからの援軍との合流を最優先し撤退を進言しますが、
神虎が中華連邦に渡った事から、インドのマハラジャ(貴族の中でも、特に勢
力のある貴族のことです。)
も一枚岩ではなく信用が置けないとして、陣を敷き
ます。

黒の騎士団の陣形は、鶴翼の陣。
中華連邦は、魚鱗の陣もしくは雁行の陣といったところでしょうか。

星刻は指揮系統を破壊すべく、斑鳩に向けて突撃しますが藤堂が行く手を阻み
ます。
ルルーシュは予備部隊で先行部隊を包囲して、左右両翼の軍を前進させて挟
み込もうとしますが、これは星刻の罠でした。
黒の騎士団が移動したところは、癒着による手抜き工事が行われた干拓地。
それゆえに工事が完全ではなく、星刻が決壊させた運河から流れ出た水を吸
って、黒の騎士団は動けなくなり単なる的になります。
決戦を挑む事、布陣すらも読まれた事にルルーシュは驚愕します。
逆に、中華連邦の第二陣に挟撃される羽目に陥ります。

ルルーシュの作戦ミスですね。
そもそも、数に劣る軍が鶴翼の陣を取る事自体が、愚行です。
第四次川中島の戦いでも、本隊8千の武田軍が啄木鳥の戦法を見破った1万
3千の上杉軍の車懸りの陣で窮地に陥ります。
また、三方が原の戦いでは、徳川軍1万1千が数に劣るのにも関わらず同じく
鶴翼の陣を敷いて、2万5千の武田軍に大敗北を喫しています。
更に鶴翼の陣は側面からの攻撃に弱いという弱点があります。
敵軍を左右から包み込んで、殲滅する事を前提とした陣ゆえに。
今回の場合、布陣は様々に変化できる雁行の陣か、味方より多数の敵と戦う
事を想定した飛鳥の陣にすべきでしたね。


自分並みの知略とスザク並みの武勇を有する星刻を前に、遂にルルーシュは
撤退を決意。
代々の天子の墓所である天帝八十八稜に逃げ込みます。

しかし、ここで思わぬ事態が発生します。
星刻を自分達の地位を脅かす存在と見た大宦官が、星刻を黒の騎士団もろと
も始末しようとします。(後宋の名将岳飛を粛清した、宰相秦獪みたいです。)
そして、シュナイゼルに援軍を要請していました。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sora
2008年06月16日 22:01
何か、だんだん大宦官達にイラっとして来ました。
シュナイゼルも、「あっ、間違えた」で、奴等が乗ってる旗艦に爆撃でもしてくれてもいいんですけどね^^。

何だか、グリリバが命尽きる寸前って感じですね。
案外、この戦いで死んだりするのかな・・・?。
何か、2クール目にはいないような気がしてなりません^^;。
2008年06月17日 22:52
soraさん。
コメントありがとうございます。

>だんだん大宦官達にイラっとして来ました。
 私もです。
 二次小説でどうやって料理してやろうか、
 今考えています。

>2クール目にはいないような気がしてなり
 ません
 さすがにそれはないと思いますが、体の具
合も相当悪いようですからね・・・。

この記事へのトラックバック