コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN12 ラブ アタック!

ルルーシュが中華連邦に言っている間に、小夜子が影武者を務めていたのです
が、その間にとんでもない事が起こっていました。
そして、会長の卒業記念のイベントとは?

生徒会にジノとアーニャが加わっていました。
何らかの意図があるはずと、ルルーシュは考えを巡らします。そこに、小夜子
からの報告が来ます。
勿論、11話でシャーリーとキスをした事も書かれていました。
ロロは激昂しますが、かなりの天然らしい小夜子は気に留めていません。
それどころか、人間関係を円滑に進めるとして、多くのデートを引き受けてい
ました。
傍から見たら、ただの女たらし(笑)。
シャーリーは激怒します。
しかし、女の子とのお付き合いがよく解らないルルーシュは、どうしていいか解り
ません(情けないな~(笑))

ここでミレイが、卒業記念イベントを発表します。
それは「キューピッドの日」。
男女がハート型の帽子を被って、目当ての人の帽子を奪うと強制的にカップル
になるという物でした。
ここで、ルルーシュは小夜子の安請け合いの女性関係を清算しようとします。

一方、帝都ではブリタニア皇帝が、宣戦布告をせよといいます。
それを受けて、会議が開かれます。
2人の皇女、ギネヴィアとカリーヌは武力侵攻を提案しますが、シュナイゼル
は示威と交渉で、領土の半分はもぎ取れる。
大宦官を粛清したは良いものの、中華連邦はその代償に国家自体が混乱して
いました。
コーネリアが健在でない以上、率いるのはシュナイゼルです。
そのコーネリアは、ギアス嚮団を世間に引きずり出して、ユフィの汚名を雪ごう
としていました。

皇帝シャルルはナイトオブワンビスマルクから、会議の結果を聞いていました。
ビスマルクは、シュナイゼルの意見に賛成のようです。
戦争とは、もっとも非効率的な外交手段であると。
皇帝も、戦争とは愚か者のやる事だと、それを認めるような発言をします。

兵法において、最上の策とは「戦わずして勝つ。」事です。
孫子を例に上げてみますが、まず様々な軍需物資を調達するのに、常時以上の
国費を費やす事になります。
遠征ともなれば、攻める国が遠ければ遠いほど、さらに費やす国費はは跳ね上
がります。
しかも、相手に国を奪われれば帰る所がありません。
故に死兵と化し、勝ったとしても軍には多大な犠牲が出るので、孫子は戦争をす
る事を戒めています。
六韜三略にも、やはり戦争をせず「戦わずして勝つ。」が最上と書かれていま
す。
とは言え、いざという時の備えも大切と書かれているのも真実。
現にシュナイゼルが、外交主体で戦いを進められるのも、ラウンズを始めとする
強力な軍事力があればこそですしね。
今の日本の政治家はここの所が、まるでわかっていません。
私は戦争は反対ですが、いざという時の備えの軍備は必要と考えます。
そして、それをいかに戦争に使わぬようにするか、それが大事と考えています。


さて、ついにキューピッドの日が始まります。
ジノは勿論行くようですが、スザクは総督補佐なので会議優先です。
そんなスザクに、ギルフォードがせめて電話くらい掛けろと言います。
いつまでも、今の状態が続くとは限らないと。先輩としてアドバイスをします。

そして、キューピッドの日がスタート。
シャーリーが狙うのは、勿論ルルーシュ。
同じクラスの女子生徒もルルーシュを狙います。
しかし、ここでミレイがやってくれました。ルルーシュの帽子を持ってきた部
は部費を10倍にアップすると宣言。
他の部の生徒にも狙われますが、ロロのギアスで隠れて一先ず安心。
しかしその後は、影武者の小夜子が篠崎流37代目としての力を発揮するわ。
アーニャがモルドレッドを持ち出すわの、大騒ぎに。(壊したところは、部隊の
予算から修理費を出して直すように(笑)。)

最後はシャーリーが、「いつか本当に好きにさせる。」と、言ってルルーシュ
の帽子をゲットして、キューピッドの日は終了します。

そして、卒業したミレイは天気予報のアナウンサーとして就職。
ロイドとの婚約も解消して、自分の身一つで世界と向き合う事を選びます。

その頃、バトレーは嚮団に忍び込んだコーネリアに、助けを求めます。
このままでは、世界は滅ぶと。

そして、ついにエリア11に登場したジェレミア。
ギアスをキャンセルする能力が備わり、その力でシャーリーはギアスによって
封じられた記憶を取り戻します。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

五遷・主簿
2008年06月29日 21:50
すみません。今回は事情から雑記込みの感想です。
>ビスマルク
 いかにもドイツ語読みなシュナイゼルと相性が合いそうな人みたいですね。名前も帝国宰相(笑)。総参謀長モルトケはどこかね??

>コーネリアは、ギアス嚮団を世間に引きずり出して、ユフィの汚名を雪ごうとしていました。

 帝国より妹の汚名そそぐために第一線を退いたのですか。帝国の国是に疑念がある感じなら、岳飛を獄死させた帝国に絶望して第一線を退いた韓世忠みたいで同情しますね。ギルフォードにも理由を告げていないとはナァ。。何かスザク辺りに理由を告げていそうな気もするけれど。
2008年07月02日 22:57
五遷・主簿さん。
コメントありがとうございます。

>韓世忠
 個人的には、皇族でありながらずっと民間にいて
宮廷に戻るのを拒み続けた、唐の皇族李績が重なり
ますね。

この記事へのトラックバック