コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN08 百万 の キセキ

ルルーシュは、黒の騎士団に行政特区日本に参加せよ。と、命令を下しまし
た。ユーフェミアの虐殺の真相が明らかになっていない為、組織内での反発は
必死です。
さて、ルルーシュの取った行動とは?

ルルーシュの特区参加の宣言を受けて、スザクは渋々撤退します。
黒の騎士団は当然混乱します。
藤堂は、もし日本人の為にならぬ選択ならルルーシュを殺す事も辞さない意志
を扇に示します。
ルルーシュが皆の下に来ると、藤堂が自分達は独立の為に戦っていると迫り
ますが、そんな藤堂にルルーシュは「日本人とは何だ?」と問いかけます。

エリア11の中でも議論になりますが、あまり乗り気ではなく、仕事が無い連中
だけが行くだろうというのが結論で、特区に参加する人間は未だに現れませ
ん。(当然と言えば、当然ですね。)

スザクは会議等の軍務をこなしながら、考えていました。
ルルーシュはまだ記憶を失ったままであるのかと。ならば、何故ユフィを殺した
のか?その理由を。(ギアスの暴走の事をV.V.からは聞いていないようです
ね。とすると、ギアスの事を教えて事にも何らかの思惑があるのは確定でしょ
う。)


シュナイゼルは、ダラスにある研究所を訪れていました。
3話でスザクが参加したフランスとの戦いの講和条約が締結されたようです。
研究者であるニーナの姿もありました。
一気に攻め込めばというニーナに、シュナイゼルは勝ちすぎた後には敗北が待
っている。勝つということは希望を踏みにじる事。敵も味方も代わりは無い。
誰もが何かを求めている筈だからと言います。(勝ちすぎず、負けすぎず。それ
を念頭におきながら、戦略を立て、それに適した人材を登用して、確実に勝利
を収めるシュナイゼルはやはり一筋縄ではいきませんね。ルルーシュが皇帝
を打倒する前に立ちはだかった時には、かなり苦戦するでしょうね。)


胴着袴でトレーニングを終えてきたスザクに、アーニャは何故怨まれるのを承
知で日本に来たかを問います。
スザクは誰かに理解されなくとも構わない。昔、ユフィが理解してくれたから、
それに自分は罪人だからと答えます。(罪人と言うのは二つの意味でしょう
ね。一つは、父殺し。もう一つは、ユフィを守れなかった事。スザクの行動はの
根源は、贖罪の意識。一期からずっとこれを引きずっているようですね。)

話していると、ゼロからの通信が来たようだと、ジノが伝えに来ます。

スザク達を前にして、ルルーシュは特区に参加する見返りとして、自分を見逃
す事。但し、そちらの事情を考慮して、国外追放と言う形で。ミスローマイヤは
エリア特法12条第8項を適用すれば、総督の権限で可能だと言います。
ジノはゼロがいなくなる事で、エリア11のテロリストは空中分解するから、悪
くないと乗り気です。しかし、犯罪者を見逃す事には不服のようです。

協議の結果、ゼロを国外追放処分とする事をスザクは、ナナリーに伝えます。
そして、ユフィの名を書いた蝋燭を池に流します。そこにはもう一つユフィの名
が書かれた蝋燭がありました。それを流したのはルルーシュでした。
エリア11を離れる為の、区切りとして・・・。

さて、特区日本設立の式典が始まり、ゼロを国外追放処分とする事が宣言さ
れます。その時、ゼロの映像が現れスザクに「日本人とは何だ?」と、藤堂と
同じ質問を投げかけます。スザクの出した答えは、「心。」
ルルーシュも同意見でした。文化の根底を成す心さえあれば、何処にいようが
日本人なのだと。
そして突如煙が上がります。ブリタニア軍が攻撃態勢に入りますが、煙がはれ
た時には集まっていたイレブン全員がゼロの衣装を身に纏っていました。
これで、特区日本に集まった黒の騎士団を含む、イレブンに手を出す事は出来
なくなりました。
どれが本物のゼロか解らない以上、全てを国外追放処分にするしかありませ
ん。
ミスローマイヤが見せしめの為に殺そうとしますが、事前の取り決めに反する
と、そして他の国民はブリタニアの政治を信じなくなると言って、制止します。

さて、ミスローマイヤですが、使えない人材ですね。
政治というものを、まるで理解していません。
ここで言う他の国民はナンバーズだけではありません。EUや中華連邦、その
他の国もまだあります。
戦争で他国の領土を属領にするとしても、戦争を終わらせるのは協定ないし条
約締結、ペンによる政治です。
太平洋戦争でも、戦艦ミズーリにおいて、降伏文書の調印式が行われまし
た。そしてサンフランシスコ講和条約が結ばれたのは周知の通りです。
「宣戦布告なき戦争」と呼ばれたベトナム戦争ですら、平和協定が結ばれてい
ます。現在イラク戦争後のイラクは泥沼状態ですが、これを終わらせるのもペ
ンによる政治でしょう。
歴史がそれを物語っています。近現代の戦争を終わらせるのは最終的には、
ペンによる政治です。
現に、シュナイゼルもフランスと講和条約を結んでいます。
戦争を最終的に終わらせるのは武力ではないのです。
ナナリーの教育係との事ですが、はっきり言って向いていませんし、考え方の
違いからナナリーとの確執も予想されます。
ナナリーには人事権があるでしょうから、身分だけ高くて、実権の無い官職に
置いたほうがいいでしょうね。


中華連邦への働きかけが成功して、新天地の為の船が用意されていまし
た。
その様を見守る星刻と副官の香凛が見ています。(星刻は病気のようです
ね。)
ディートハルトと咲夜子の動きはこの為のようでしたね。それだけではないでし
ょうが・・・。

そして、ルルーシュとスザクとの間に約束が結ばれます。
国外追放になる日本人はルルーシュが救う、残った日本人はスザクが守る。
そして、あの約束とは、「この世界を内側から変える。」というスザクの言葉でし
ょう。

しかし、このルルーシュの行動、凶と出る可能性も無いわけではありません
ね。
中華連邦に来て、大宦官達の反応が気になります。
ブリタニアがEUとの戦いを優勢に進めている今、中華連邦が脅威を感じてい
ないわけもありません。
ブリタニアから見れば「不穏分子」の百万人の日本人を抱え込む事で戦争の火
種と見ないとは言い切れませんから。


FC2ブログの方には、ブログが届きにくくなっているようです。
トラックバックを送っていただいた際は、原則としてこちらから
も送らせていただいておりますが、もし届いていなかった際
は、遠慮なくお知らせ下さい。
コメントに代えさせていただきたく存じます。


project BM! コードギアス ゼロ R2 Ver. project BM! -18
Project BM! コードギアス ゼロ R2 Ver. 1/6スケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア

この記事へのコメント

2008年05月26日 01:14
100万人のありえないゼロと、ありえないくらい言葉と行動が矛盾しているローマイヤに噴いた話でしたww。

ナナリーには「総督は王でなく王の代わり」と言って勝手な行動を戒めておいて、ゼロ100万人の時には、勝手な判断で、戦火の引き金を引こう等とは笑止千万。

たかが教育係が、いくらナンバーズとは言えあの式典の最高責任者であり、ラウンズのスザクを無視してあの様な行動に出るのは、幾らなんでも異常だと思えましたよ。

久しぶりに、感情的に嫌いなキャラが出て来ました。
余り嫌悪感って持たない方なんですがねぇ、私^^;。
2008年05月27日 01:32
soraさん。
いつもコメントありがとうございます。

>ラウンズのスザクを無視してあの様な行動に出
 るのは、幾らなんでも異常だと思えましたよ。
 完全な越権行為ですね。
 未遂とは言え、処分は免れないでしょう。
 軍政になってしまいますが、スザクを補佐役に
して、統治を進めていったほうがいいでしょう。
 いくら何でも、使えなさすぎにもほどがありま
すよ。
 ミスローマイヤは・・・。
五遷・主簿
2008年05月27日 21:25
>星刻は病気のようですね。)

 嗚呼、シュウユ将軍の運命になるのか。。。とすると大戦が近いな。

>そして、ルルーシュとスザクとの間に約束が結ばれます。

 あ~あ、これでスザクの立場は更に気まずいものになりました。行政特区日本の理念を守ることでエリア11内で総督派とブリキ主義のローマイヤ派に分かれそうですね。少数の総督派にアーニャが入りそうで面白いのですが。スザクは陸抗将軍の運命になってしまうのでしょうか。。。

2008年05月27日 21:57
五遷・主簿さん。
いつもコメントありがとうございます。
>とすると大戦が近いな。
 シンクーの最後の戦いは、ブリタニアとの戦いで
しょうが、相手はやはりスザクでしょうかね。
 勇猛さで言えば、スザクは曹仁徐晃にも劣らぬと
思いますが、指揮官としてはまだまだですから、成
長してほしいなあ。

>総督派とブリキ主義のローマイヤ派に分かれそう
 ですね。
 まあ、そうでしょうね。
 記事を拝見させていただきましたが、羊祜と陸抗
がスザクとルルーシュに確かに似ていますね。
 とすると、スザクが活躍する頃は、黒の騎士団が
今より遥かに強大になったときかな。

この記事へのトラックバック