cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュースに思う[米豪合同軍事演習に自衛隊が初参加、「離島奪還作戦」=「なぜ韓国は入っていない?」]

<<   作成日時 : 2015/07/13 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

米豪合同軍事演習に自衛隊が初参加、「離島奪還作戦」の様子公開=「なぜ韓国は入っていない?中国の属国だからか…」―韓国ネット

知りませんよ。そんなの。

とどのつまりは、信頼されていないからでしょうね。
西側、東側の対立である冷戦は終わりましたが、中国の台頭で国際社会は変化を余儀なくされている。
その中で、国家の姿勢を明確にしなければ、こうもなるでしょうね。

韓国に限らず、日本も経済面で中国とは浅からぬ関係にあります。
それは、アメリカも同じで、欧州諸国もしかりです。
ですが、それはそれ。
太平洋における勢力拡大。
とりわけ、国際社会のルールを破ってでも勢力範囲を広げようとし、脅威になるのなら、備えるのは当然。
にも拘らず、本来なら、領土問題を抱えて密漁にも頭を抱えて、且つアメリカの同盟国である以上、基本的にはアメリカとの連携を重視するのが通常です。

ですが、二股外交の結果、動きが取れなくなり、アメリカからの信頼も失って今や蚊帳の外。
ミサイル防衛にしても、中国との関係を気にして連携せず。
これで、日本、アメリカ、オーストラリアの枠組みに入れると思うのが不思議です。
オーストラリアにしても、中国との関係を考え色々と悩みがありますが、それでも自国への脅威を考え、どうするかを決断しています。

日本でも、サンフランシスコ講和条約の際に、東西どちらの陣営に属するか、或いは双方との関係を悪くしない中立を選択するか。政治家に国民も加わっての議論になりましたが、双方との関係を悪くしないというのは、「鏡の中の花を手にしようとするような事。」つまり無理だという結論になって、西側陣営に日本は加わることになります。

今の韓国の外交は、現実的な思考が明らかに欠如しています。
そんな国をどこが信用するでしょうか?
かりに、中国陣営に加わる事が出来たとしても、信用されずにパシリになるのが関の山でしょう。












日韓対立の真相
悟空出版
武藤 正敏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日韓対立の真相 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「三面楚歌」にようやく気づいた韓国
日経BP社
鈴置 高史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「三面楚歌」にようやく気づいた韓国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



韓国インテリジェンスの憂鬱
ベストセラーズ
オ・スンホ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 韓国インテリジェンスの憂鬱 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
胡散臭い 信用できない 嘘吐き やべー、きりがない。
ヴァルバジア
2015/07/14 22:08
ヴァルバジアさん。
コメントありがとうございます。

>やべー、きりがない。
 結果、F−35は性能を故意に落とした、
 モンキーモデルを全機輸入することに…。
 これ以上、つまはじきにされたらどうなる
 んでしょうね。
CIC担当
2015/07/18 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュースに思う[米豪合同軍事演習に自衛隊が初参加、「離島奪還作戦」=「なぜ韓国は入っていない?」] cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる