cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS IS<インフィニット・ストラトス>二次小説 第154話 アンダーサーチ<前篇>

<<   作成日時 : 2015/06/06 23:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 イギリスから直接日本に戻る予定だったが、東欧も襲撃を受けた事で今後の事を協議したいという申し出があった事で、プラハに行く事になった。
 バルト海は、イギリスほど大戦力の侵攻は無かったし、建造した艦艇や新型戦闘機で対抗できたが、やっぱり衝撃は小さくなかったみたいだ。
 俺なんか、もう慣れているので多少の事では驚かないけどな。
 そして、艦隊の打撃力の中核をなし、旗艦としての機能を充分に持ち合わせた艦と高性能対潜機の必要を感じたので協力を要請された。
 ロッキード・マーティン S−3 ヴァイキングみたいな奴か…。
 運用の仕方が問題だな、小型の対潜空母で運用するか、旗艦となる新造艦で運用するか。
 用途が限られているだけに、1機当たりのコストは抑えないとな。
 配備数だって、多くはならないし。
 最終的な案は、後で送ってもらう事になった。
 新造艦には、搭載することになったけどな。
 さて、どういう機体にするかな…。
 短魚雷と短距離対艦ミサイルが4発ずつに、ソノブイ、FLIR、MAD、海面を監視するレーダー。必要なのはこんなもんか。
 単座じゃ人手が到底足りないから、複座機で可能な限り拡張性を確保しつつコンパクトにする設計案で合意を得たから、すぐに設計に取り掛かるか。
 それにしても、委員会は交渉に関して全面的に俺に一任だもんな…。
 一番関わっているのは俺だけど、それはちょっと無いんじゃないのか?
 ちなみに、日本政府には大使館を通じてポーランドが話を着けていた。
 早いねえ。
 既に、いつでも協力を得られるパイプを確保していたか。
 プラハから日本に戻る途中で、設計は終わった。
 それに関して、報告書を作って委員会に提出。
 その後、病院から呼び出しが入って緊急手術。
 翌日から、登校した。
 俺って、本当に学生なんだろうか?
 時々、凄え疑わしくなる…。

「「「「織斑君!!」」」」
 な、何だ…?
 教室に入ると、いきなり、凄い剣幕でクラスメートが迫ってくる。
 手には、インフィニットストライプ。
 ああ、そうか。
 今週発売だったな。
 みんな買ってたのかよ。
「あの、その。何だ…?」
 とりあえず用件を聞こう。
 まずは、それからだ。
「ずるいよ!」
 は?何がだ…?
「CM聞いたけど、演奏凄く上手いじゃない!何で、教えてくれなかったの!?」
 いや。聞かれなかったし…。
 べらべらしゃべる事でも、ないし…。
「私の知り合いに、音大の教授をやっている人がいるけど、「何で、あれでプロとして演奏しないんだ?」って、結構、怒ってたよ。「文化の著しい損失だ!」って。中学の音楽の先生も、「絶対に、プロとして活動すべきだ!」って、言ってたし!」
 俺は、そんなにうまくないっての。
 そもそも、アマチュアで音楽の勉強を本格的にしたわけじゃないぞ。
 そりゃ、近所の人が真剣に教えてくれるから、俺も真剣に勉強したけど。
「それに、グラビアもあんな大人っぽい服が似合うのも教えてくれないし!」
 寮じゃ、部屋着なんだからある意味当然だと思うが?
 そもそも、寮にいる時くらい多少ラフな服装をさせてくれよ。
 屋敷に戻ると、侯爵家の当主として相応しい服装ってやつをしないといけないんだぞ。
 慣れたとはいえ、やっぱり普通の服装がいいんだからさ。
 それに部屋着だって、それなりに気を付けてるじゃないか。

「お願いします。織斑先輩。一度でいいから、学園で演奏してください。ハープとパイプオルガン、とても素敵でした。」
 1年までか…。
 というかだな。パイプオルガンは学園にはないし、ハープはデカいから持ってくるだけでも大変なんだぞ。
 それに凄くデリケートな楽器だから、専用の保管庫に入れている。
 ちなみに買ったのは、海外メーカーのメープル材を使った物だ。
 日本製とどっちにしようか少し考えたけど、音色が気に入ったので買ったのにした。
 保管庫はユニット式だから運んで来れるけど、それだって楽じゃない。
 ましてパイプオルガンなんて、どうやって運んでくるんだ?
 鍵盤とパイプ合わせて、重量トンクラス。
 無理だっての。
「中学の同級生に、家が運送業をやっている子がいるんです。特別に、運送費をサービスしてもらえるから、私達でお金を集めます。ですから、お願いします!」
 何人もの1年生たちが、深々と頭を下げる。
 いや、だから、やる気ないって…。
 うん?やべえ!

「全員、教室に戻って!さもないと、大変だぞ!」
「心配するな。織斑。充分、大変になっているからな…。」
 来た…。
 審判の時…。
 気づいた時には、地獄の門の前に皆いたんだな…。
 全ての希望は、無くなっていた…。
 そして、カロンの渡し守の船に乗っていて、地獄の入り口に…。
 冥府の裁判官ミーノスが、判決を下そうとしていた…。
「このクラスの生徒は、席に着け!その他の生徒は、速やかに教室に戻れ!授業前に油を売る暇があると思っているのか!!馬鹿者共!!」
 怒鳴り声と共に、端末が落ちてくる。
 そして、強風に吹き飛ばされる様に痛みを堪えつつ席につき、教室に戻る。
 第二圏か…。
 肉欲に溺れた者が、荒れ狂う暴風に吹き流される。
 別に肉欲じゃなくて、只の欲だけどな…。
 っと!!
 端末と拳骨の鉄槌を、俺は十字受けで防いだ。
 痛いけど…。
 俺って、第八圏第九の嚢か…?
 不和分裂の種をまいた罪人が、体を引き裂かれて内臓が露出することになる。
 してないけどな…。
 そして、不和や分裂の種も蒔いてない!
「お前は、いつになったら騒動を起こさんようになる?いい加減にしろ。馬鹿者が。」
 起こしてねえって!
 でも、言えない…。
 例え、武術やISで千冬姉を凌いでも、反論する事って無理だろうな…。
 家族だから、嫌でも解る。

「今年は、臨海学校はありません。ですが、在日米軍との合同演習が入っています。今年は、一般生徒の皆さんや、準専用機持ちの人達も参加することになっています。」
 臨海学校は、1年のみ。
 2年からは、普通に授業が入る。
 けど、今年は前に話が出ていた在日米軍との合同演習。
 ナタル達との演習だ。
 相手は、軍人としてIS戦闘の訓練を受けている戦闘のプロフェッショナル。
 普通の生徒は見ているだけだったけど、今年は参加だ。
 きっちり、揉まれるな。
 でも、その分スキルは向上するからメリットは十分にある。

「尚、合同演習は基礎的な体力トレーニングに射撃訓練と、IS戦闘の2日間に別れる。そこでしばらくは、射撃訓練も入るのでそのつもりでいるように。織斑とボーデヴィッヒは、それに関しての会議に参加してもらう。」
「はい。」
「了解しました。」
 何だ?
 事前の、訓練メニューか?
 訓練所でのメニューを参考にすれば、千冬姉だけでも簡単に組めるだろう?
 山田先生もいるし。
 何だ?
 にしてもだ…。
 射撃訓練なら、海軍でも当然するけど体力トレーニング等が入ると、メニューはサンディエゴとパリス島にある訓練所での訓練も参考にされるって事だよな。
 結構、ハードだぞ。
 まあ、この学園の生徒も柔じゃないけどな。
 ISは、PICやパワーアシストがあると言っても、一回の戦闘ごとに体力は結構消耗する。授業では、それを連続でやるのが当たり前。
 だから、そこらの体育会系の学校の生徒より体力も筋力もあったりする。
 とはいえ、海兵隊はアメリカ軍の中じゃ、最も訓練が厳しい事で知られてる。
 大丈夫か?
 まあ、その辺だろうな。
 うん。

「尚、織斑は公務の関係で、合同演習の翌日に期末試験を受けてもらう。そのつもりでいるように、職員室で出題範囲を知らせる。」
 何か、入るのか…。
 亡国企業に備えての待機か?
 後で命令書が届いているか、確かめるか。

 で、何かと思えば合同演習時に使用する銃の選定に、訓練メニューの作成に俺、ラウラ、アンナ、シルヴィアが加わることになっていた。
 ラウラはシュヴァルツハーゼの隊長だから解るとして、何で俺?
 当初は艦隊の演習内容は俺が考えていたけど、その後は幕僚に任せてるんだけどな。
 アンナは、サイェレットマトカル所属の軍人だからか?
 時に荒事もあるし、シルヴィアはモルダー=ブラウンSIS長官とキャメロン首相が派遣してきたからSISのメンバーだろうけど、メニュー考えるのに適しているかは別問題だろう。
「使用するアサルトライフルは、自衛隊の新型制式アサルトライフルの20式が適切でしょう。M4A1という選択肢もありますが、海兵隊は士官以外には基本的にはカービンは使用しません。20式はカービンタイプとなっていますが、実質的には中間的な存在で中距離射撃にも高い精度を持ちます。性能は俺が確かめましたので、問題ありません。」
 去年、初めて習志野に行った際に一佐に頼まれて性能をテストしてレポートを書いた。
 その時、俺が担当したのが20式だった。
 特殊作戦群でも普通科部隊でも問題なく使える、優秀な銃だ。
 セミオート、3点バースト、フルオート全てが使用可能。
 バーストにしておけば、無駄撃ちも防げる。
 尤も、特殊作戦群はアメリカ側の「特殊部隊の任務のリスクを考慮した、攻撃力の高いアサルトライフルを。」という声で開発されたM20を装備している。
 送られてきたので試してみたが、確かに性能はいい。
 反動が従来のアサルトライフルより大きかったが、特殊部隊クラスなら問題ない。
「他に案のある物は?」
 特に意見が出なかった。
 G36はポリマー素材のハンドガードとバレル周囲の設計に問題が出て、改修してテストされている。もうすぐ終わって、改修パーツの生産に入るころだ。
 だから、無理。
 ブルパップは、初心者だと使いにくい面がある。
 M16系は、パテントが切れた後、あちこちの国でクローンが製造される名銃だが、機関のリュングマン方式は、繊細で長時間戦闘になるとジャムる時がある。
 しかもその間隔が、G36、FN社のSCAR、玩具みたいだと不評を買った試作段階のM8に比べてだいぶ短い。
 海兵隊は、斬り込み部隊で長く使っていて信頼性の高い武器を使う傾向があるのでM16系が絶大な信頼を寄せられているが、湾岸戦争の時には廃莢不良問題は指摘されていた。
 それを感じたか、誰も提案しなかった。
 M4を使っていたセシリアも、従来のガスピストン方式に改めたM5に変更している。

後書き
今回は、在日米軍との合同演習の前の準備のお話です。
この二次創作では、専用機持ち、準専用機持ち、武装教官達はそれぞれ銃を自分達で選んで常に携帯していますが、一般生徒はそうではありません。
アメリカだと、拳銃の他にアサルトライフル等の軍用ライフルを撃てるレンジがありますが、日本にはありません。
それだけに、初心者でも使いやすい銃を選ぶ必要があります。
それから、通常の形状とブルパップ型。
ブルパップはコンパクトになる反面、マガジンが後方にあるので、交換は意外に慣れが必要です。
サバゲーやってる人は、この辺りはご理解いただけると思います。
他にもM16系だと構えながら、コッキングが出来ないから好きじゃないという意見もあるようです。
キャリングハンドルの後という、結構変わった位置ですからやりづらい面もあるかもしれませんね。
私は、昔サバゲーをやっていた時はP90にG3SG/1がメインだったので、M16系は未経験なのでよく解りませんが。
個人的には、89式をいっぺん使ってみたいですね。
やはり日本の制式中ですし。
他にも興味のある奴はあります。
ただ、国産は高いので家で撃つだけなら外国産の物を買おうかなと思っています。
尚、この作品で出てくる20式は、89式のストックをマグプル MASADAのストックをイメージしたテレスコピックストックに変更し、バレルを短くしてピカティニーレールをハンドガードに搭載、フレーム上部にもダットサイト等を取付けるピカティニーレールがロングタイプで搭載されて、大部分がポリマー素材を採用。MASADAの物を使用している物と考えていただければ、解りやすいかと。














極東の最強要塞 在日米軍 (ARIADNE MILITARY)
三修社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 極東の最強要塞 在日米軍 (ARIADNE MILITARY) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「最強! 世界のGUNカタログ」実射動画90分 DVD付き
竹書房
笹川英夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「最強! 世界のGUNカタログ」実射動画90分 DVD付き の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

後篇へ続く。

目次2へ戻る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
IS<インフィニット・ストラトス>二次小説 第154話 アンダーサーチ<前篇> cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる