cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュースに思う事[千葉・柏の連続通り魔に無期懲役判決 「刑務所出たらまた人を殺す」]

<<   作成日時 : 2015/06/12 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

千葉・柏の連続通り魔に無期懲役判決 「刑務所出たらまた人を殺す」

生涯、刑務所にいさせないと駄目ですね。

はっきり言って、社会に出してはいけない人間。
私自身、障害者ですし、生涯を持っている人、統合失調症等の長年精神病を患って病と闘っている人を何人も見てきました。
ですが、それで世間を恨んでいる人なんて、見た事もありません。
それぞれ、現実に向き合い一生懸命に頑張っている人たちばかりです。

私が通院している精神科が入っているビルには、障害者向けの仕事を受けて仕事をしている人が来ているフロアがあります。
以前、そこで面接をした事もあります。
皆さん、頑張っていましたよ。
私だって、色々ありながら自分と向き合って一生懸命仕事をして頑張って生きています。

障害が原因でいじめられたら、それは辛いでしょう。
私は持病のぜんそくと、当時患っていたうつ病やパニック障害等で陰口を言われたりしたことは何度もあります。
悔しい思いをしました。
その人達に仕返しの一つも、してやろうと思いました。
でも、こんな形で社会に復讐しようなんて思いませんでした。
きちんと仕事をすること、持病で大変でも、精神病を患っていても頑張れば、健康な人と同等に仕事ができる。
それを証明することが、私の対抗手段でしたから。
そこで、社会への復讐と称して殺人をしたりすれば、障害を持った人たちが色眼鏡で見られます。

どんなに辛くても、死にたくなっても、泣きながらでもいい。みっともなく鼻水を垂らしながらでもいい。前を向く事。
そちらの方が、少なくともこういう事よりかはいいと思います。
「甘えてる。」とか、言う人間を黙らせる事も出来ますしね。








面白いほど理解できる刑法 第2版
早稲田経営出版
2015-03-23
刑法研究会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 面白いほど理解できる刑法 第2版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






無差別殺人の精神分析 (新潮選書)
新潮社
片田 珠美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無差別殺人の精神分析 (新潮選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的に、犯罪者の中で自分が最も許せないのは精神病云々で罪を軽くしようとするような人間ですね。自分が精神病患者だというのを笠に着て精神鑑定で自分は判断能力が無いからこれは俺が悪くないとほざく、そんな奴はCICさんのような病気と向き合って頑張って戦ってる人に土下座して詫びろ、やったことに対する報いを病気を言い訳になんてせずきっちり受けろと常々思ってます。
X兵隊元帥(曹長)
2015/06/14 14:39
X兵隊元帥(曹長)さん。
コメントありがとうございます。

>個人的に、犯罪者の中で自分が最も許せな
>いのは精神病云々で罪を軽くしようとする
>ような人間ですね。
 弁護士の人も、これよく使いますね。
 光市の母子殺害事件もそうでしたけど、本
 当に怒りを覚えます。
 精神病になっても、負けまいと必死に戦っ
 ている人間としては殴りたくなりますけど、
 想像もしてないんでしょうね。

>そんな奴はCICさんのような病気と向き合っ
>て頑張って戦ってる人に土下座して詫びろ
 こういうコメントは予想外でした。
 でも、精神病云々で減刑しようとする犯罪者
 や弁護士は、精神病と戦いながら日々を一生
 懸命に生きている人達の事を、もう少し知っ
 て欲しいですね。
 それから、被害者の遺族の方々の悲しみに目
 を向けて欲しいです。
 犯人が精神病であろうが、自分の大切な人が
 犯罪の被害に遭って時には亡くなられたり、
 一生治らない障害を背負う事になることも少
 なくありまません。
 それを目の当たりにし、死って尚、軽率に使
 おうとするのなら、今すぐ、弁護士の人はや
 めて貰いたいです。
CIC担当
2015/06/15 21:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュースに思う事[千葉・柏の連続通り魔に無期懲役判決 「刑務所出たらまた人を殺す」] cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる