cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS IS二次創作設定5

<<   作成日時 : 2014/07/04 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

各国のIS
ヘル・ハウンドVer2.5

カナダ製第二世代IS。
機動性に優れ、それを活かした一撃離脱戦法を得意とする機体である。
その為には、相手の動きを封じるのが一番と考えた開発陣は、ショットガンを選択。
但し、動きを封じると同時に、出来る限りダメージを与えたいと考えた結果、大口径となり、ショットカノンと呼ばれるようになった。
こうして完成したのが、背部ショットカノン「ファイアー・レイン(炎の雨)」である。
白兵戦用の武器も取り回しの良さを確保しつつも、威力を求め一回り大型になり、大型プラズマナイフ「ハウンドクロー」に発展する。
後に、一夏が改修。
最高速度と加速性能を向上させて、「ファイアー・レイン」は、時間単位当たりの発射速度と初速を向上させた速射型ショットカノン「ファイアー・レインU」に発展。
「ハウンドクロー」も、威力が向上し、爪先にも装備されている。
他にも、各種オプションの装備が可能。

コールドブラッド

オーストラリア製第二世代IS。
火力で相手を圧倒するというコンセプトのもとに開発された、重武装型のIS。
兵装は2門の大出力レーザー砲「オロファト」、超高初速ライフル砲「イピリア」、多連装ミサイル「タイパン」、腕部装甲に内蔵されたサバイバルナイフ。
重武装故に、他のISに比べて機動性はやや劣る。
一夏の改修で、オロファトとイピリアは威力が向上し、背部に装備位置が変更され、左右腰部には大出力高収束荷電粒子砲「ダウティナ」を装備。
尚、ダウティナは展開装甲の技術が流用され、左右のダウティナで、大型大出力高収束荷電粒子砲を形成する事が可能である。
スラスターの推力を上げて、機動性も向上している。

テンペスタU

イタリア製第三世代IS。
高機動性と、高い攻撃力の融合をコンセプトとして開発された。
メインすらスラスターの他に、各部のサブスラスターを併用して、高い機動性を発揮する。
兵装は二門の肩部中型レールカノン「サジッターリョ(射手座)」、同じく二門の腰部ガトリングガン、プラズマサーベル「カヴァリエーレ(騎士)」
第三世代兵装として、衝撃砲の原理を応用して、強力なエネルギーの嵐を起こす定点エネルギー乱流発生機構「テンポラーレ・アッヴェント(嵐の降臨)」を搭載。
BT兵器とは違う形での、オールレンジ攻撃が可能。

ゲイルスケグル(古エッダに登場する、槍の戦を意味する、ワルキューレ。)

オーストリア製第三世代IS。
白兵戦を重視しつつも、砲撃戦にも対応しており、機動性も高いIS。
武装は、多数の小口径レーザーと、大口径レーザー砲一門を内蔵した、大型ランス「シャイネン・ランツェ(輝く槍)」。エネルギーシールド発生ユニットを、特殊複合装甲で覆った大型シールド「ツヴァイ・シルト(二つの盾)」。
第三世代兵装として、6基のそれ自体が、小型の近接戦から遠距離戦迄可能な、戦闘デバイス「シグルーン(北欧神話に登場するワルキューレの1人。勝利のルーンの意味を持つ)」
重大な欠点として、シグルーンの運用が非常に困難で、事実上無いに等しい状態である事。
待機状態は、ワルキューレを彫り込んだ象牙のブローチ。
専任搭乗者は、前回のモンド・グロッソ総合優勝者で、現在はテストパイロットを務めている、元オーストリア国家代表ヘンリエッテ・ブッフバルト
彼女が専任になる事で、最大限に性能を引き出された。

震電

自衛隊の主力第3世代IS
零式の設計を、根本的に見直し再設計されている。
兵装は、銃剣付可変砲身型高収束荷電粒子ライフル「火竜(かりゅう)」2基。
背部多連装ミサイル「天山(てんざん)」、肩部CIWS「剣山(けんざん)」、刀剣型エネルギーソード「兼明(かねあき)」。
肩部に大型の、腕部に小型のシールドを装備。
防御も重視しているが、軽量で防御力の高い素材を使用している為に、運動性及び機動性も高い。
また、拡張領域も大きいため、ミッションに応じ様々な兵装を格納可能。
燃費も重視され、手堅い設計になっている。
特殊兵装は、プラズマの乱流を発生させて発射する、特殊プラズマ砲「陣風(じんぷう)」。
直撃した際は、乱流で錐もみにされ、それによってもダメージを受ける。

蒼翼(そうよく)

芝崎インダストリーが開発した空自の第三世代IS。
スクランブルに備える為に、優れた加速性能、機動性、運動性に加えて抜群の上昇性能と最高速度を持つ重武装・高機動型IS。
兵装は、偏向重荷電粒子砲と自動追尾式自己鍛造弾ライフルを統合して、各種の兵装も搭載可能とし、重荷電粒子砲をビームナイフにすることが可能な多目的アサルトカービン「有坂(ありさか:国産初の近代小銃の開発者有坂成章から)」2基。
近接戦闘用のビームマチェット「法光(室町時代に活躍した刀匠)」、多機能重荷電粒子砲、高初速レールガン、高出力プラズマブレード、高出力防御シールドが展開可能で小型ジェネレーターを内蔵した多目的ビット「祥鳳(しょうほう:帝国海軍の軽空母「祥鳳」より)」、最高速度と追尾機能が改良されたECM及びEMP対策が入念に施された、脚部多連装超硬度LOSAT「玉鋼(日本刀を作る際に用いる鋼鉄)」を基本兵装としてバススロットに様々な兵装を格納する。
新規兵装として開発されたのは以下の物。
中距離速射レールガン、高出力レーザー砲、物理ブレード、プラズマブレードを装備し、高出力防御シールドを発生可能な多目的腕部兵装「雁行(がんこう:八陣の一つ雁行の陣より)」
防御フィールド展開型CIWS「鉄扇(てっせん:骨に鉄を使用した扇。いざという時の防具にも使用された。)」
ビームブレードを展開可能な多目的ブレード「兼若(かねわか:日本刀大業物20工の1人加州兼若より)」
特殊兵装は、追尾、拡散、収束が可能な衝撃砲と高出力プラズマ砲を全方位に向けて合計10発まで発射可能な多目的全方位砲「大鳳(たいほう:中国の伝説上の鳥。荒れ狂う嵐に乗って天の池に向かうと伝えられている。)」

ルミ・リタリ(雪の騎士)

フィンランド製第三世代IS。
レイラの専用機。
高機動性能と運動性に重点を置き、装甲は少ない。
受け流す。あるいは回避することを防御の中心とする設計思想の元、開発されている。
兵装は、高出力エネルギーサーベル「スヴォルド・フィケ(氷の剣)」、肩部ホーミングレーザー「メテオリ(流星)」、背部ミサイルポッド「ラケート(雹)」、腕部内蔵小口径レールガン「シャルプ・ヤプイッコ(鋭き氷柱)」
第3世代特殊兵装は、イグニッション・ブーストの8割程度の速度を維持し続けて、戦闘が可能な、高速機動機構「ヴァルコイネン・ロヒカールメ(白い竜)」
待機状態は、雪の結晶の形をしたイヤリング。

アサルト・キャット

アメリカ海兵隊が開発した、第3世代IS。
シャーリーンが、テストパイロットを務める。
切り込み隊である海兵隊の用兵思想に則った、機体。
重滑腔砲「ジャイアント・アックス(巨大な斧)」、背部高出力荷電粒子砲「シャイニング・ランス(輝く槍)」2基、8連装ミサイルポッド「スカイ・ウルフ(空の狼)」2基、腕部および脚部内蔵、サバイバルナイフ「アリゲーター・カスタム」
第3世代兵装は、反重力衝撃砲「ジャイアント・クラッシュ(巨大な一撃)」
待機状態は、猫目石のブレスレット。

アルパクティコ(猛禽)

ギリシャ製第2世代IS(一夏曰く、準第3世代)。
コリーナの専用機。
テュランノスの教訓から、攻撃力、防御力、機動力の内、機動力を抑えめにして、攻撃力と防御力にウェイトを置いた機体になっている。
基本兵装以外の兵装は、機動ユニットに装備されており、状況に応じたユニットを装備して、運用する。
基本兵装は、プラズマ砲としても使用できる、プラズマ放射メイス「イフェスティオ(火山)」、シールド内臓6連装ガトリング砲「スフェラ(弾丸)」。
腰部6連装リボルバー式グレネードランチャー「エクサルファ(六芒星)」
ユニット例
高機動ユニット
チェーンガン「フィズィ(蛇)」、4連装ミサイル「オルカ(鯱)」が各2基。
重砲撃ユニット
有線誘導荷電粒子砲「デオス・キニゴス(神殺し)」、滑腔砲「マカリース・ハルパ(長槍)」、重機関砲「ドリ(投槍)」。
待機状態は、鷲が彫り込まれた指輪。

アルパクティコ・デュオ

一夏の指導が始まってからの稼働データを反映し、第三世代ISとしてアルパクティコを改修したIS
追加された兵装は、多連装ロケットランチャー「カルハリアス(鮫)」、スフェラの代わりに装備された、シールド、ガトリング砲2門プラズマブレード、焼尽炸薬式パイルバンカー、ライフル砲と荷電粒子砲の連装砲の複合兵装「ハルペー(ギリシャ神話の勇者ペルセウスが、怪物メデューサの首を落とした剣)」。
特殊兵装は、制限時間つきながらエネルギー・物理双方へのシールドの防御力を大幅に引き上げ、それを利用しCQCの能力も向上させるシールドブースト機構「ヘラクレス(ギリシャ神話最大の英雄)」
その他の各種スペックも向上し、第三世代に相応しいISとして生まれ変わった。
この改修と同時に、新開発された機動ユニットが届けられた。

BT機動ユニット
高出力レーザー砲、赤外線映像追尾方式のマイクロミサイル4発を搭載したビット「チェリドノプサロ(飛び魚)」を6基。高出力スラスターを搭載。ユニット内に制御用のコンピューターが搭載されている為に、使用時も機動に制限はない。
局地戦機動ユニット
サブアームで可動する物理・エネルギー双方に有効で防御力の高いシールド「アイギス(ギリシャ神話で戦いの女神アテナが持つ盾)」。高出力荷電粒子砲に速射プラズマ砲とプラズマカッターを装備したサブアーム4基を装備した大型アーム2基に、大口径大気圧縮砲に重機関砲と高速振動カッターを装備したサブアーム4基を搭載したサブアームで構成される複合兵装「ヘカトンケイル(ギリシャ神話に登場する50の頭と100本の腕を持つ巨人)」、加速性能を重視したスラスターを搭載。

イェリダー(降臨)

福音の開発で得られた成果を基に、イスラエルが独自開発した第三世代IS。
大きな特徴として、スラスターの類は一切無く、推進、姿勢制御を全てPICで行っている。
背部には円状の多連装PICユニット「オールイグール(光の輪)」が装備され、各PICユニットの指向性を制御することにより、各部の姿勢制御用PICを最小限に抑えることが可能となり、高い機動性を誇る。
兵装は、腰部アーマーに内蔵されている、4本の特殊強化多結晶合成ダイヤモンド超高速振動剣「ヘレシャーヘレヴ(断罪の剣)」、重レーザーカービン「バラック(雷)」、ケースレス弾カービン「シャヴィット(彗星)」がそれぞれ2丁ずつ。両掌底部指向性PIC衝撃砲「キトレニレヘーヴ(必殺の刃)」、大出力荷電粒子砲、パイルバンカー兼ニードルガン、多連装ミサイルポッド、サブアーム、特殊強化多結晶合成ダイヤモンド製シールドを融合させた、複合多機能ユニット「クドゥシュルーツォット(神聖な十字架)」。
特殊兵装は、シルバーベルを改良し、自動追尾機能を持たせたエネルギー弾「ヘレシャーシャリアッハ(断罪の使徒)」。
待機状態は、セフィロトが彫り込まれたペンダント。
専任搭乗者は、イスラエル国家代表候補アンナ・マリア・エデン

エメラルド・エターナル(悠久のエメラルド)

イギリス製第三世代IS。BT兵器搭載機3号機。
ブルーティアーズ、サイレントゼフィルスの開発データに、一夏による改修を解析して得られたデータを投入して開発された、最新鋭IS。
主兵装は、衝撃砲と高出力レーザーを発射可能でプラズマブレードの銃剣を搭載したBTアサルトライフル「スターランス」。腰部低圧砲「フォックス」2基。肩部大型シールド内臓4連装レーザー「キラービー」。近接戦闘を重視して、プラズマブレードを両腕に装備。
特殊兵装は、エネルギーシールド、高出力レーザー、小口径衝撃砲、プラズマカッターを搭載した今までのBT兵器の集大成と言えるビット「エメラルド」6基。
BT兵器の制御プログラムも大幅に改良され、コントロール・偏向射撃も難易度が大幅に低くなっている。
背部の2基の大型ウィングスラスターは、サイレントゼフィルスをベースに一夏の改修データを取り入れて大幅に改良されている。
また、機体設計も根本的に見直されて、燃費、稼働率、基本スペックにおいてもサイレントゼフィルスを凌ぐ高性能機。
待機状態は、エメラルドのネックレス。

エムブラ(北欧神話に於いて、神が最初に作ったとされる女性)

IS委員会直属の研究所が白式を含む様々なISのデータを解析し、独自研究の成果も反映させて開発した第三世代IS。
専任パイロットは、ラシェル・ルグローン
主兵装は、拡散・収束双方が可能な高出力レーザー砲と速射衝撃砲を搭載したランス型複合兵装「フェンリル(北欧神話に登場する狼の怪物)」。長距離重レーザー砲と多目的ライフル砲の複合長距離兵装「イチイバル(北欧神話の狩猟の神ウルの弓)」肩部慣性防御シールド「エイワズ(守護を意味するルーン文字)」。BTプラズマナイフ「ラタトスク(ユグドラシルの枝を走り回るリス)」。腕部ガトリング砲「ハーゲル(雹)」
背部に、小型大出力のウィングスラスターを4基装備。
運動性、機動性共に非常に優れている。
特殊兵装は、相手の稼働エネルギーを減少させる特殊な波長を発生させる大剣「ダインスレイヴ(北欧神話に登場する、魔剣)」
待機状態は、北欧風の女性が掘り込まれたカメオのブローチ。
専任操縦者は、ラシェル・ルグローン。

瑞鳳(ずいほう:吉祥を示す大鳥)

芝崎インダストリー、倉持技研にIS分野で後れを取った辻島重工が巨額の情報収集費と開発費を投じて開発した、第三世代IS。
新技術を導入しつつ、燃費と稼働率を両立させることをコンセプトにしている。
主兵装は、拡散・収束双方が可能な荷電粒子砲と近接信管を搭載した実体弾砲を統合した多目的ライフル「種子島(たねがしま:鉄砲伝来の地)」。高出力レーザー、重機関砲、プラズマカッターを搭載し、搭載部分のサブアームを用いて多様な運用が可能なBTデバイス「付喪神(つくもがみ:日本の民間信仰において、長い時を経た道具等に、霊魂や神が宿った物の総称)」。小型のプラズマブレードを連結式にして、BT兵器の技術を応用して自在に動かす事が可能で、結合して一振りの剣にもなるプラズマブレード「九尾狐(きゅうびこ:中国神話に伝わる尻尾が九本の狐の妖怪)」。最適な散布範囲と起爆タイミングを設定して効果的に相手にダメージを与える特殊航空爆雷「魂振(たまふり:古神道における鎮魂の祭)」
特殊兵装は、高感度ハイパーセンサーと高性能FCSを統合し、兵装の命中率を向上させる攻撃補助システム「易経(えききょう:森羅万象の変化法則を説いた古代中国の書物。)」
待機状態は、鳳の形をしたペンダント。
専任操縦者は、5組の元準専用機持ち霧島由香里。

高機動戦闘追加兵装パッケージ「娑伽羅(しゃから:八大竜王の1人)」

1年のキャノンボールファストの際に、第二世代の技術で一夏が白式用に開発した追加パッケージ。
三角錐状のロケットのような外観に、補助推進バインダー2対を搭載している。
兵装は、ミサイルポッド「連弓」。左右のサブアームに搭載されたスナイパーライフル「天穹」、同軸レーザー砲「遠雷(えんらい:遠くで鳴り響く雷)」といった、既存の芝崎インダストリー製の物を使用にして開発時間を短縮している。
本体内部には大量のオペレーションエクステンダーに、大容量燃料タンクを搭載している。
スラスターは、推力偏向式を採用。
後にタッグマッチの際に改修され、ユニットが両側に追加され、連装砲塔式高出力中口径レーザー砲「瑞光(吉兆を表す光の事)」。中口径単装砲塔式大気圧縮砲「弦月(げんげつ:半月のこと。)」。速射荷電粒子砲「曙光(しょこう:夜明けに、東の空に見える日光)」主翼に、4連装ホーミングミサイル「軍鶏(闘鶏や食用に用いられる、鶏の一種。)」。9連装ロケットランチャー「九天(古代中国で天を9つの方角に区分した総称。)」を25mmガンポッド「百雷(ひゃくらい:多くの雷の意味)」を2基追加装備し、瑞鳳用に調整して使用される。

ファングクェイク近接戦強化仕様

一夏の改修案とは別に、百地宗家を中心とする丹波乱波の技術者達によって改修された、ファングクェイク。
腕部に、プラズマブレードの手甲鉤が追加。マニピュレーターには小口径プラズマキャノンとしても使用可能な針状のプラズマブレードが内蔵され、相手を掴んだ際にダメージを与える。
腰部には、打鉄の耐貫通性スライド・レイヤー装甲を改良した特殊な素材を使用したチェーンソー状の忍刀2本、腕部装甲にそれぞれ4本計8本の苦無を近接戦兵装として装備。
高出力レーザー砲2基、中口径レールガン2基、肩部多連装LOSATポッド2基を装備、リボルバー・イグニッションブーストも改修され成功率は格段に向上している。
隠し武器として、背部に忍び鎌を2本装備。
総合性能も向上しているが、燃費はほとんど変わらない。

テンペスタU強行偵察仕様

高い近接戦性能と高機動性を有するテンペスタUを、相州乱波の技術者たちによって改修されたファングクェイク。
各部に複合情報収集ユニットを搭載。
高機動戦闘に備えて、高感度ハイパーセンサーを搭載。
スラスターの推力を大幅に向上させて、増槽を追加。
各部を最適化して、消費エネルギーを抑制。
プラズマサーベルを、忍刀タイプに変更。
レーザーカービン「モンスーン」、サブマシンガン「フランメアイゼン」を2基ずつ。
多連装マイクロミサイルポッドを2基。
強力なECMユニットを中核とする攪乱システムを搭載。

打鉄弐式長距離支援仕様

高機動性と大火力、高い近接戦性能を持ち合せた打鉄弐式に高い長距離支援能力を与えるべく、雑賀衆の技術者によって改修された機体。
近接戦能力を高めつつ、機動性と運動性を高める事を最優先事項として長距離レーザーライフルと硬芯部にコバルトハイスを使用し、他の部分に浸炭鋼を使用した徹甲榴弾を使用する長距離ライフルを主兵装とし、補助兵装としてサブマシンガン「連撃」に銃剣を付けた物を2基装備。長距離射撃や高機動砲撃戦向けに新開発した、新型高感度ハイパーセンサーを装備。

ネプチューン

アメリカ海兵隊の試作型汎用第三世代IS。
ノースロップ・グラマン社がファングクェイクをベースに様々な環境で戦闘が可能な汎用性を重視した機体として、設計している。
主兵装は腕部ハイブリッドバルカン砲「カンディス(アマゾン川に生息する肉食魚)」。脚部及び腕部PIC圧潰砲「リンコドン・チプス(ジンベイザメの学名)」。拡散も可能な肩部高出力荷電粒子砲「イスルス(アオザメ属の総称)」。腕部及び脚部多連装ミサイル「シージャベリン」。荷電粒子砲と長射程レールガンの上下連装長距離精密狙撃ランチャー「シーバリスタ」。
特殊兵装は、ファングクェイクの開発データを盛り込んで開発された、従来の2分の1の時間で最高速度に達する事が可能な、高速イグニッションブースト可能な改良型メインスラスター。

ネプチューン高機動戦闘用追加兵装パッケージ「ベアキャット(主にインドや東南アジアに生息するジャコウネコ科の肉食動物)」

高機動戦闘用に、機体の機動性・運動性の向上に的を絞った追加パッケージ。
推力偏向型の小型・大推力の追加スラスター、専用のフライバイライト駆動制御システムを搭載。
自己鍛造弾を採用した散弾を弾頭にした肩部及び脚部6連装ミサイルランチャー、「ソーフィッシュ(ノコギリエイ)」、腕部と脚部に搭載された追加装甲で、展開装甲を解析して隠し武器として開発した、内臓式エネルギー攻撃デバイス「デスストーカー(中東やヨーロッパに生息する強力な毒を持つ攻撃的な蠍。)」。特殊兵装は、リボルバー・イグニッション・ブーストを改修し、機体の周囲の空気を振動させてその摩擦熱で熱エネルギーによるフィールドを展開し、攻防双方に使用するフィールドジェネレーター機構「シャクラ(インディアンの部族の一つ、ポーニー族に伝わる太陽の神)」

ナイトダイバー

陸軍の第三世代IS。
機体6か所のウェポンポッドに様々な兵装を搭載。
戦況に応じた装備に換装するが、搭載しなくてもある程度の戦闘力を持たせるように設計されている。
当初から、オプションをフルに搭載しての高機動戦闘を可能にするように設計されている為、スラスターは、メイン・サブ双方で大推力で騒音と排熱を大幅に抑えた特殊な物を装備。
各所にメイン・サブのスラスターが損傷した場合、それを補いつつ姿勢制御を行う姿勢制御スラスターと制御OSを搭載。
またレンジャー部隊での隠密作戦も想定して設計されており、装甲がエアブレーキの役割を果たし脚部関節部のショックアブソーバーはそれ自体、専門の設計チームを編成。
装甲の内側には、遮音素材が使用され、足裏には衝撃吸収効果のある特殊な素材を使用している。
兵装は、オプション用のハードポイントに、中口径レールガン、プラズマブレードの銃剣を搭載した高出力ビームライフル「ワスプ(蜂)」、シールド内臓プラズマブレード「サーベルタイガー」、高速徹甲弾と高性能炸薬を使用した弾頭を持つミサイルを3発搭載し、肩部・脚部に搭載したミサイルポッドで発射する多用途ミサイル「ビーハイブ(蜂の巣)」、腰部後方には、福音とファングクェイクの改修時に一夏が開発し、後にアメリカ軍制式近接兵装となった、サバイバルナイフ「アリゲーター」を装備。
特殊兵装は、特殊なナノマシンで使い捨ての仮想砲身を作り、高出力大口径荷電粒子砲及び大出力衝撃砲を発射する不可視兵装「ファントムペイン(幻肢痛)」
装甲材は高いステルス性能を持つ、軽量電磁波吸収複合強化衝撃性硬化装甲。

IS二次創作設定へ戻る。

IS二次創作設定4へ戻る。

目次へ戻る。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
IS二次創作設定5 cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる