cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュースに思う事[羅援少将がまたもや過激発言、「日本は中国のミサイル有効殺傷範囲内」―中国紙]

<<   作成日時 : 2014/06/17 13:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

羅援少将がまたもや過激発言、「日本は中国のミサイル有効殺傷範囲内」―中国紙

典型的な脅しか…。

尖閣諸島の問題で、そんなに中国が平和的に話し合いで解決しようとしましたか?
海保の船にぶつかったのに、日本の方がぶつかってきた?
あの時は、売国左翼政党が与党でしたからその時の録画は公開されなかった物の、一色氏ユーチューブに投稿したことによって、事の詳細が明らかになり中国の漁船がぶつかってきたことが明白になりましたよ?
それでも、まだ中国に責任がないというのは呆れた物ですね。
大した開き直りっぷりです。

自衛隊機の異常接近にしても、勝手に防空識別圏を設けて正当化しているだけですし、2回目は非武装の機体です。
警告されれば、逃げるしかないのに異常接近するわけないのですが。

挙句の果てに、宮古島にSSMを配備したことで、「中国はいつでも日本にミサイルを撃ちこめるぞ。」と脅しをかけてくる始末。
こういうことを軍高官が言うようでは、中国が「平和的解決」を望んでいるとは到底思えませんよ。
力を持つ物こそが自制して挑発的な発言をしない事の重要さを、まるで解っていない証拠ですね。
少将ともなれば、その発言は軍にとっても影響力は少なからずあります。
つまり、これは人民解放軍が事と次第によっては、日本が中国に軍事力を行使しなくとも、中国から仕掛けてくるという解釈も可能ですね。
迎撃ミサイルやレーダーサイトの類も増設しないと、危ないですね。これは。









日本人のための尖閣諸島史 (双葉新書)
双葉社
斎藤 道彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人のための尖閣諸島史 (双葉新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔毎日毎時間
「日帝粉砕米帝打倒!!」
云々アジ演説‥中蘇のラジオは四六時中がなってたような
今も昔もやっぱり変わりない。
卒業すればパルチザン‥
2014/06/18 00:05
卒業すればパルチザン‥さん。
コメントありがとうございます。

>今も昔もやっぱり変わりない。
 よくもまあ、飽きもせず…。
 他にやる事、無いんですかね?
CIC担当
2014/06/20 17:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュースに思う事[羅援少将がまたもや過激発言、「日本は中国のミサイル有効殺傷範囲内」―中国紙] cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる