cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュースに思う事[「嫌韓」「嫌中」論が溢れる日本―戦前の「鬼畜米英」の再来か?]

<<   作成日時 : 2014/04/08 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「嫌韓」「嫌中」論が溢れる日本―戦前の「鬼畜米英」の再来か?

本質が異なります。

今の嫌韓・嫌中は、中国と韓国の執拗な反日行為に日本国民がうんざりして、「何で、この国々はこうなんだ?」という疑問に対して、著作が出てきて今までタブーとされてきた発言も言えるようになった結果です。
言ってしまえば、忍耐という堤防が決壊した結果です。

事実、韓国の大統領は各国で日本を批判し続け、海外の在留韓国人は慰安婦像まで建てる始末。
中国もこれに追随しています。
立場が逆になったら、韓国と中国は穏やかでいられるでしょうか?
当然、反発するでしょう。

さらに言えば、嫌中に関しては尖閣沖の漁船と海保の巡視船の衝突事故が端を発するレアアースの輸出制限が、トリガーになっています。
韓国に関しては、表に出なかっただけで嫌韓感情はずっと燻っていましたよ。

それが何で、戦前の鬼畜米英と一緒になるんですか?












悪韓論 (新潮新書)
新潮社
室谷 克実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪韓論 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



愚韓新論
飛鳥新社
三橋貴明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 愚韓新論 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

ブログランキング・にほんブログ村へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今までは理性という名の水槽に不満やイライラなどの水を溜めていたのだが、反日という傷が付いてそこから徐々に漏れ始めたんです。こうなるとさすがの日本人も止められなくなりますよ。割れて一気に流れる前に向こうが謝罪なりなんなりしないと国家破綻や政権崩壊などの最悪の事態になりますよ。
ヴァルバジア
2014/04/08 22:59
ヴァルバジアさん。
コメントありがとうございます。

>こうなるとさすがの日本人も止められなく
>なりますよ。
 新大久保のデモは、兆候と見ていいでしょ
 うね。
 これ以上、日韓関係が悪化すると日本人の
 反韓感情がどんな形で出るか予測不能です。
 最悪、韓国に対する援助を国民が一切認め
 ない事も考えられると思いますね。
CIC担当
2014/04/11 18:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
ニュースに思う事[「嫌韓」「嫌中」論が溢れる日本―戦前の「鬼畜米英」の再来か?] cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる