cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS IS二次創作設定3

<<   作成日時 : 2013/08/11 01:02   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

訓練機

零式六型

日本の第二世代IS零式の、カスタム機。
IS適性が判明した一夏が、訓練機として使用していた。
主な改修部分は、新型スラスターへの換装と両腕へのシールド搭載。

大口径加農砲砲「震天」
現用ISの携帯兵器の中で、最大の威力を誇る大型加農砲。
非常に重いが、使用できる砲弾の種類も多いので使い方次第で有効な戦力になる。

遠距離狙撃銃「八咫烏」
狙撃用に開発された、ライフル。
有効射程、精度においては他社の追随を許さない。

サブマシンガン「連撃」
アサルトライフルより威力は劣るが、優れた携帯性と装弾数が高く評価されている。

その他のIS
テュランノス(暴君)

ギリシア製第二世代IS。
火力と重装甲を特徴とする。
一見すると、スピードも機動性も低いと見られがちだが、背部と脚部のラムジェットスラスターが既存の常識を覆す、高い機動性を与えている。
だが、この機体を乗りこなすには、常に特殊な薬物が必要になる為に、パイロットが持たないと判断され、採用は取り消しとなった。
兵装は大出力プラズマキャノン「ケラウノス(雷)」、肩部多連装ミサイル「エクリクスイ(噴火)」、背部大口径ガトリング砲「ネロポンディ」、腰部グレネードランチャー「フォティア(火)」、腕部内蔵式超高速振動ブレード「コキノ・スパスィ(赤い剣)」
待機状態は、月桂樹の冠を模ったエメラルドの指輪。

零式七型

零式のカスタムタイプの、到達点とも言える第二世代IS。
一夏の護衛を担当する、本音と虚が使用。
機体全般に、第三世代機の技術を導入して、改修されている。
その為、基本スペックは他の第三世代ISにも、ほとんど引けを取らない。
他の改修点としては、左のシールドに荷電粒子砲「天雷」を装備。
背部メインスラスターには、チャフ等の妨害手段への態勢を高めた新型ミサイル、「桜花」を装備。
尚、本音の使用する機体には、近接兵装として日本刀型のプラズマソード「閃電壱型」を2本、虚の使用する機体には、穂先が十文字になった槍型の「閃電弐型」が装備され、それぞれの戦い方に合わせて、セッティングが異なっている。
さらに、各種武装を拡張領域に収納。

烈風

零式用の追加武装パック。
高機動戦闘をメインとし、大口径レーザーマシンガン「朱天(しゅてん)」と高機動追尾ミサイル「春嵐(しゅんらん)」を追加武装とし、脚部と背部に高出力追加スラスターを装備する。

その他(民間)
装着型汎用重作業機器(HEG:Heavy Equipment−mounted General purpose)

芝崎インダストリーで、一夏が開発主任となって開発した、作業機器。
建設工事や土木工事での運用を前提とし、様々なオプションを使用することで、現在、行われているすべての工事に対応が可能。
ISの技術を可能な限り応用しつつ、コストを大幅に抑えることに成功している。
最も重視されているのは、事故に巻き込まれた際の搭乗員の安全確保や、事故を起こさないための、高い作業精度である。
稼働時間は、6時間。

その他(軍事等)
ディース(北欧神話において、豊穣・運命や戦いを司る霊的存在の一種。)

スコールが、ゴーレムシリーズの技術を流用して開発させた、漆黒のカラーリングの機動兵器。
外見は、白騎士と同様に全身装甲のIS。
兵装は、四肢に内蔵された、超高速震動ブレード。
肩部及び脚部に内蔵された、ミサイルポッド。
肩部衝撃砲、背部超大出力荷電粒子砲、腰部超高初速レールキャノン。
強力な兵装を装備しているが、最も重視されているのは機動力で、ビット兵器の類でも、捕捉するのは難しい。
ゴーレムとの一番の違いは、クローニングと各種遺伝子操作によって作られた搭乗者が、いる事である。
この搭乗者は、自我や感情と言った物が無い。
ただ、戦う事だけを考えている。
また、捕獲を防ぐ為にDNAに特殊な処理が施され、帰還できなかった場合には、骨を含む体組織が分解される。

サイレントゼフィルス・カスタム

亡国企業が、諜報活動で奪取した技術と独自開発の技術で改修した、改修型。
BTエネルギーマルチライフルは多弾頭ミサイルを装備し、高出力ビームと高初速レールガンに換装された多目的ライフル「スターブレイカーU」を装備。
スラスターに、燃費と推力を2割向上させたイオンクラフトを採用。
肩部にエネルギーアンブレラを改良したシールドビット「バックラー」を4基装備。
腰部には偏向射撃システムを最適化したビームビット「タイラント」を6基装備している。
腕部の小型レーザーガトリングは出力と発射速度を15%向上させ、BTエネルギー反応装甲も防御力が向上し、燃費と稼働性も向上した高性能なISとなっている

トパージオン

奪取した第一世代ISを分解。初期化したコアを使用し、亡国企業の技術部が創り上げた第三世代IS。
兵装は、多機能高出力レーザー発射兵装「エクエス・ルクス(光の騎士団)」、腕部中口径レーザーマシンガン「アルクス・ルクス(光の弓)」、最大24発のミサイルが発射可能な、多連装ミサイルポッド「マレウス・カリュブス(鋼の棍棒)」
特殊兵装は、高圧縮光子防御フィールド展開機構「テムプルム・ルクス(光の神殿)」、
待機状態は、トパーズの指輪。

スコルピウス(蠍座)

亡国企業の新型第三世代IS。
白式との戦闘データを活用して、設計されている。
兵装は、雪羅を参考にした、両腕のレーザー砲、鋏状のプラズマブレード、高初速バルカン砲、シールドの機能を持つ多機能兵装システム「アクラブ(蠍座の鋏の部分のβ星)」。
胸部小口径速射衝撃砲「グラフィアス(蠍座の尾の部分のζ星)」
尻尾状で先端がビームダガーにもなる高出力荷電粒子砲「シャウラ(針)」。
高出力プラズマブレード「ティモリア(罰)」。
特殊兵装は、攻防共に使用可能なプラズマフィールド「アンタレス(蠍の心臓に位置する蠍座の赤色巨星。)」
第二形態の白式の劣化コピーとも言えるISだが、白式の性能の高さから劣化コピーとは言え性能は高い。

ステルス戦略原子力潜水艦「ケートス(ギリシア神話に登場する怪獣。古代ギリシアで海獣を意味する、)」

排水量 11800t(水上)
    13820t(水中)
全長 140m
水線幅 13m
吃水 11m
出力 112000shp
推進方式:ポンプジェット・プロパルサー
速力 40kt(水上)
   50kt(水中)

兵装
660mmエア・タービン駆動水圧式魚雷発射管10門
巡航及び弾道ミサイル発射用VLS16基

亡国企業が建造した、大型原子力潜水艦。
速力とステルス性能を重視しているが、推進システムは既存の物を発展させて、構造材や船体構造によって静粛性と消磁性を確保している。
表面は、アクティブソナーの効力を低下させる特殊なタイルで覆われている。
機関部は優れた防音性及び耐熱性に優れた構造材を使用して、原子力潜水艦の弱点である騒音を可能な限り抑えている。
単艦での戦闘能力も高く、アメリカ海軍最強の攻撃型原子力潜水艦シーウルフ級を凌ぐ。

巨大殲滅航空要塞「エヌマ・エリシュ」

全長 632.84m
全幅 259m
全高 200m
全備重量 47万t

兵装:胸部大出力荷電粒子砲×2
   60連装VLS×4
   20連装大型VLS
   大口径レールカノン×4
   40mmCIWS×20基
   大型ビット(荷電粒子砲、30mmチェーンガン×2)×14

ジェームズ・グレイが開発した殲滅兵器。
ゴーレムシリーズのコアベースにした新開発した制御コアを30基搭載し並列処理を行わせる事で、制御部の処理能力を大幅に引き上げる事で巨大な機体に圧倒的な機動性と攻撃力を与えている。
神札や鳳笙への対抗手段を模索するための試験機の意味合いが、強い。
高性能PICとイオンクラフトを、主推進機関とする。

はるな型ミサイル護衛艦

排水量 基準排水量:7900t
    満載排水量:9938t
全長 175.4m
水線幅 20.3m
吃水 10m
機関 CODAG方式
   川崎 L30Aガスタービン(30MW/40280hp)×2
   三菱 UEC50LSE−B1 P3ディーゼルエンジン(12.78MW/17160hp)×2
機関出力 通常時:25.56MW/34320hp
     高速時:85.56MW/114880hp
最大速力 31kt

兵装
オート・メラーラ/日本製鋼所 67口径127mm砲×2
JVLS Ver.1(13式艦隊防空誘導弾×40
           15式個艦防空誘導弾×24
           07式垂直発射魚雷投射ロケット(07式SUM)×24
           17式長距離誘導弾×24
           )104セル
JVLS Ver.1B(17式対艦誘導弾×16)
HOS−303 魚雷発射管×2(12式魚雷)
15式25mm複合CIWS×2
艦載ヘリコプター 2機

MGH(Marine General-purpose Helicopter:海洋汎用ヘリコプター)−2100 汎用ヘリコプター

全長 19.3m
全幅 16.5m
全高 5.5m
空虚重量 5.1t
有効積載量 4.8t
最大離陸重量 10.3t
発動機 三菱 TS2−M−20 ターボシャフト×2
出力 1650kw×2
巡航速度 kt
上昇率 530m/min(海面上)
実用上昇限度 4450m
ホバリング上昇限度 4000m
航続距離 900km
乗員 2名
兵装 固定兵装:GAU−17/A 7.62mmガトリングガン
          HK121 軽機関銃
   選択兵装:12式魚雷
          AGM−114N ヘルファイアU
          対潜爆弾

BAEシステムズ/三菱/芝崎 バスタード(ノガンの意味)

全長:13.6m
全幅:10.2m
主翼折り畳み時:2.6m
全高:2.8m
翼面積:30.8u
機体重量:3.54t
最大離陸重量:9.348t
最大搭載量:2.5t
内部搭載燃料:4135l(3.308t)
航続距離:16250km
最大速度:900km
巡航速度:650km
発動機:ロールスロイス/芝崎 RSV1000ターボファンエンジン×2
推力:1400kg×2
武装:対潜仕様
   短魚雷×2
   150kg対潜爆弾×2
   AGM−65H マーベリックorAGM−114O ロングボウ・ヘルファイアUorブリムストーンor×4

BAEシステムズ社が、将来の対潜哨戒及び対地攻撃、長距離偵察及び早期警戒機に対するUAVの需要を予想して開発計画を提案した機体。
日本側としても、UAV市場は魅力的であったので開発体制はすぐに整った。
まず搭載兵装として、対潜用として短魚雷を2発そして威嚇用に対潜爆弾を2発。
対地攻撃にたいしては、マーベリック若しくは、ロングボウ・ヘルファイアU、ブリムストーンを計4発内臓式ウェポンベイに搭載し、長距離偵察を想定して巡航速度で24時間以上の航続距離を目指した、エンジンは垂直離着陸が可能で燃費の良いRSV1000ターボファンエンジンを開発し、2基搭載。
機体形状もステルス性を強く意識した物になっている。
通常装備のセンサーとして、「ハンター」目標指示システム。レーザー測距儀としての機能も統合した「オウル」IRST、「カメレオン」マルチモードレーダー、「アルケミー」逆合成開口レーダー、「ガーディアン」統合ミサイル対応システムを標準装備。
標準装備の各種レーダーセンサーでも、高い偵察能力を備えている。
また、対潜及び長距離偵察及び警戒の際は、追加ユニットを装備。
対潜任務では、両翼に装備したステルスポッドにソノブイ及びMADを装備する。
さらに、機体下方にディッピングソナーを搭載する。
この際は、VTOL機構でヘリのホバリング状態を再現する。
長距離偵察及び早期警戒任務の際には、Lバンド、Cバンド、Xバンドのトリプルバンドのコンフォーマルアンテナタイプの「センチネル」警戒レーダーを搭載。
最大探知距離560kmで、2200の目標を同時追跡可能。重量は計2t。
機体の外装はレーダー波吸収素材とBFRPの複合材を使用し、表面をレーダー波吸収塗料を塗っている。
構造材は、BFRPと新型のESDの複合材を使用。
非常に軽量だが頑丈な機体で、一般の対潜ヘリに比べてもコンパクトであり。
通常の艦船の仕様に際しても、甲板の対熱処理だけで十分運用できる。
また、操作は専用のノートパソコンタイプの端末を使用するが、プロセッサーは芝崎のユークリッド 30を使用。専用システムの開発費を含めても価格はかなり抑えられている。
操作は2人で行い、1人は操縦。もう1人が攻撃。若しくは最大5人で対潜警戒及びレーダー監視を行う。機体の操縦は民間のフライトシミュレーターゲーム用のHOTASの概念を取り入れたコントローラーで行、攻撃およびレーダー監視は、キーボードとタッチペンを併用する。
対潜警戒及びレーダー監視も同様である。
芝崎の製品に共通する、可能な限り民生品を流用してコストを抑えるという考えが徹底しており。
その性能に比して、各種設備を含む初期導入価格はオプションのセンチネルシステム、対潜システム、ステルスポッドを合計して、3機分で7500万ポンド(150億円)とグローバルホークより安く抑える事に成功している。
初期以降の導入価格は、オプションを含めて150万ポンド(30億円)。
テスト結果も非常に良好で、既にイギリスはクィーン・エリザベス級の艦載機として運用している
アヴァロンでも12機が導入されている。

自立型IS補給艇「パスチャー(英語で牧場の意味)」

全長:2.7m
全幅:1.4m
全高:1.5m
翼面積:11.4u
機体重量:800kg
最大離陸重量:2.2132t
最大搭載量:1t
内部搭載燃料:516.5l(0.4132t)
航続距離:4062km
巡航速度:M0.8
最大速度:M1.4
発動機:ロールスロイス/芝崎 RSV1000ターボファンエンジン
推力:1400kg

長時間の戦闘で、エネルギー、弾薬を消耗したISに補給する為に開発された、自立型補給艇。
構造は簡易でデルタ翼の機体に、補給ユニットを搭載しただけである。
機体の構造材は、ISの物を用いている為に軽量だが防御力は高い。
航続距離は長く巡航速度も速い、優秀な補給艇だがコストは安い。

制圧機動重武装装甲(S.H.アーマー:Suppression heavily armed riot armor)

自衛隊技術研究本部が開発していた、重機動兵器。
コアの数から、ISの保有数が限られることから、以前から密かに開発が進んでいた。
全高3.8mとISの倍近いが、ISの技術を各部に応用している為に、外見からは予想もつかない程、機動性は高く、巨体故にパワーもある。
また、防御シールドも展開可能で、物理装甲も厚く、搭載可能重量も大きい為に、大型ガトリング砲、ペイロードライフル、対戦車ミサイル、グレネードランチャー等、ISが搭載可能な通常兵器も使用可能。
何よりの強みは、性別に関わらずに搭乗が可能な点である。
戦闘可能時間は、1時間。
長距離飛行時には、専用フライトユニットを装備。
先行量産型が、陸自の習志野基地、空自の横田基地、海自の横須賀港にそれぞれ、1個中隊。計36機が配備されている
ISとの戦力比は、ラファール・リヴァイブと比較して、1:5。
主兵装:長砲身8連装30mmバルカン砲
    37mmペイロードライフル。
    赤外線画像方式ミサイル
    ARH(Anti Rader Horming)ミサイル
    40mmベルトリンク式グレネードランチャー
    120mm滑腔砲
    57mm専用アサルトライフル
    その他各種兵装、追加スラスター等を装備可能

G−TMA(汎用型戦術機動兵装:General−purpose type Tactics Maneuver Armament)

S.H.アーマーの技術をベースにより大型にした機動兵器。
人型形態時:全高5.2m。全幅1.8m。機体重量7t。
装甲材はISの物を流用。
防御シールドも展開が可能で、FCS及び各種制御システムも大幅に改良されている。
戦闘可能時間は3時間。
フライトユニットを標準装備し、ある程度の長距離飛行も可能。
長距離移動時は、全長6.2m。全幅4m。垂直尾翼のないダブルデルタ翼の飛行形態に変形する。
飛行形態時:全長8m
巡航速度M1.3。
最高速度M2.3。

装備は、作戦ごとに換装。
装備:81mmグレネードランチャー付き40mmアサルトライフル
   4連装長距離汎用ミサイル
   6連装多弾頭汎用ミサイル
   75mmレールガン
   105mmレーザーキャノン
   腕部フォールディングシールド。
   腕部25mmガトリング砲
   腕部小口径速射レーザー砲
   超硬質リッパーメタルブレード
   大口径リニアバズーカ
   等

グリフォン

アヴァロンの艦載機として、一夏が独自に開発した自律型機動兵器。
人型と、獣型の2種類に変形することが可能。
主兵装は、荷電粒子ライフル「ニーズヘグ(北欧神話に登場する蛇)」。胸部速射レーザー砲「ケリュケイオン(ギリシア神話の神ヘルメスの杖)」2門。
肩部ミサイルポッド「ヒドラ(ギリシア神話に登場する9つの頭を持つ蛇。)」
左右ウィングスラスター搭載型のプラズマブレード「スクラマサクス(ヨーロッパに古くから存在した片刃の剣)」。プラズマブレード「グラディウス(古代ローマで使用された剣)」。重機関砲搭載型の物理シールド。変形時の四肢のプラズマクロー「グリフォンクロー」。

アンフィトリテ型機動兵器運用潜水艦

排水量 水上排水量:27980t
    水中排水量:39980t
全長 204m
水線幅 21.8m
吃水 19m
機関 加圧水型原子炉方式
   ロールス・ロイス PWR3型原子炉×2
   イングリッシュ・エレクトリック ギアード蒸気タービン×2
   ジョンソンマッセイ燃料電池×40
   ポンプジェット推進×2
機関出力 水上時:420MW/563514hp
     水中時:420MW/563514hp
最大速力 28.5/34.6kt

兵装
533mm魚雷発射管×6
スピアフィッシュ誘導魚雷
計:30本
シルヴァー A70 VLS(
アスター15 短SAM 32セル
LRASM SSM 16セル
)48セル
ゴールキーパー CIWS 6基

艦載機:無人汎用戦闘機(Unmanned General−purpose Fighter) 
     UGF−01 エポナ 18機
     IS 12機

ISの技術を流用して開発した無人戦闘機及びISを運用するための潜水艦として建造されたイギリス最大の潜水艦。
海洋生物の専門家も招聘して船体を設計。
抵抗を大幅に抑える事に成功している。
全甲板は、艦載機及びISの格納・発進エリアに割り当てられ、艦橋前後にアスター15 短SAM及びLRASM対艦ミサイルを搭載したシルヴァー A70VLSを搭載。
各所をゴールキーパー CIWSの格納エリアとし、浮上時にミサイル及び攻撃機の迎撃するための兵装としている。
艦底部に魚雷発射管6基を搭載し、スピアフィッシュ誘導魚雷30本を搭載。
対潜水艦戦闘、水上艦戦闘、対空戦闘全てに対応できるようになっている。
機関は、高出力のロールス・ロイス PWR3型原子炉とイングリッシュ・エレクトリック社製ギアード蒸気タービンを2基ずつ搭載。
ポンプジェット推進機構で推進。
水中では、34ノット以上の高速で航行する事が可能。

UGF−01 エポナ

全長:6.4m
全幅:4.6m
全高:3m
機体重量:3.3t
最大離陸重量:8.1t
最大搭載量:3.2t
内部搭載燃料:2000l(1.6t)
航続距離:2800km
戦闘行動半径:1400km
巡航速度:M1.4
最大速度:M2.3
発動機:ロールスロイス/芝崎 RSV2000ターボファンエンジン×2
推力(通常時):1800kg×2
  (アフターバーナー使用時):3200kg×2
武装:ADEN Mk.X Straden 30mm機関砲×2
   (弾数:各160発)
   BAEシステムズ スターライト Mk.V レーザーキャノン×1
   各種ミサイル6発

ユーロファイター社が、日本とのUAVとタイフーンの開発ノウハウを結集して開発した双発無人戦闘機。
機体構造は簡素で、主翼をインテグラルタンクとして強固な防御装甲と内部構造で燃料タンクを守りつつ、高速機動に適した形状の高いステルス性を持つ物としている。
胴体は、エンジンとセンサーユニット、小型大出力ジェネレーター、母艦からの指令受信部で構成されている。
構造材は、特殊な強化軽量セラミック材、BFRPを使用。
重要部の構造材と燃料タンクの表面にステルス素材を使用した、チタン合金を使用している。
胴体内にはADEN Mk.X Straden 30mm機関砲を2基。
主翼の余剰スペースにベルト式弾倉が搭載されている。
ブルーティアーズの初期主兵装のスターライト Mk.V レーザーライフルをレーザーキャノンにして内臓。
主翼上部にはステルス性に考慮した各種ミサイル格納ブロックが、左右に3つずつ搭載されている。
エアインテークは機体下部に装備され、ステルス性に考慮した形状にされて、ステルス素材に覆われ、高性能レーダーブロッカーを装備している。
金属材をほとんと使用していない事と小型化により、機体重量は抑えされてスーパークルーズも可能になり、高機動性と高いステルス性、火力を備えた無人戦闘機となった。

刀剣及び槍
湯殿国親(ゆどのくにちか)

九州肥後同田貫藤原正国(ふじわらまさくに)の弟子である那須忠親が、師である正国の国の字を入れて改名。
文禄年間より、湯殿山に籠る。
元和初期に死去したといわれるが、定かではない。
刃の長さは、太刀と大太刀の中間点。
より頑丈で、より切れ味の鋭い刀を追求し続けた結果、刃の厚さは正国を凌ぎ、非常に頑丈である。
切れ味も鋭いが、太刀としては重く長いので非常に扱いづらく、剣士に求められる身体能力と技量は高い。
それ故に、知名度は低く、刀剣収集家の中でも、かなり熱心な人間にしか知られていない。
一夏が所有しているのは、刃渡り2尺9寸(約88cm)、柄の長さは1尺
2寸(約36cm)、抜刀時の重さは48両(1.8kg)。
刃渡り2尺1寸(約64cm)柄の長さ7寸2分(約22cm)抜刀時の重さは25両(937.5g)の脇差と、対になっている。
文禄後期の作。
後に、同時期に打たれた大太刀を、師の遺言により遺族から譲られる。
刃渡り3尺4寸(約103cm)、柄の長さは1尺4寸(約42.4cm)、抜刀時の重さは80両(3kg)。

長槍(無銘)

両側に、湾曲した長い刃が付いた十文字槍。
通常の槍は、大体、長さは6尺6寸〜9尺9寸(約2〜3m)。
重量は、4斤2両〜5斤(約2.5kg〜3kg)。
長さ8尺8寸(約2.63m)と、ことさら長くはないが、柄も穂先も重いので、重量は1貫3斤(約5.55kg)と平均重量を大きく上回る。

短槍(無銘)

一般的な素槍。
長さは、5尺3寸(約1.61m)。
重量は、5斤10両(約3.38kg)
長槍に比べれば重さは軽いが、それでもサイズから考慮すると、重量級である

緋宵(あけよい)

女性の為の刀を打ち続けた刀匠、明動陽(いするぎよう)の作。
元々は、福岡一文字派の刀匠であったが、後に妻となる女性剣士に出会った事で、作風が一変。
女性剣士の為の刀を、打つようになった。
打った刀は、以下の種類に分かれる。
・決して相手の剣を受けずに、受け流したうえで必殺の一撃を放つ。
・相手より早く抜刀して、勝利する。
緋宵は後者の思想に基づいて、打たれた。
刃渡り2尺6寸(約78.8cm)、柄の長さは8寸9分(27cm)。
抜刀時の重さは、重量19両(約712g)

個人装備

一夏
アサルトライフル:H&K XM8→M8A1
         H&K G3SMT
         レーザーサイト:AN/PEQ−15レーザーサイト
         ダットサイト類:EOTech553ホロサイト
拳銃:(メイン)H&K USP(40S&W)
        →H&K HK454CT(454カスール)
        
   (サブ)H&K P7M8(9mmパラベラム)
    S&W M500
    トンプソン・センター G2コンテンダー(.30−06スプリング    フィールド)
    S&W T−REX
散弾銃:H&K CAWSA1
狙撃銃:H&K G28PSG
   :H&K BAPS−1
   :H&K WGS−1
   レーザーサイト:AN/PEQ−6
   昼間狙撃スコープ:シュミット&ベンダー 5−25x56 PMU/LP/MTC
   長距離狙撃スコープ:シュミット&ベンダー 12−50x56 PMU/P
   狙撃用暗視スコープ:AN/PVS−10
   暗視スコープ:AN/AVS−6
乗用車:トヨタ レクサス LS600hL(ホワイトパールクリスタルシャイン )
    トヨタ ヴェルファイアハイブリッド(ホワイトパールクリスタルシャイン)
    ランボルギーニ・ヴェネーノ ロードスターモデル
    ポルシェ 918 スパイダー(ホワイトパールクリスタルシャイン)
    三菱 パジェロ ロング SUPER EXCEED
    小松製作所 軽装甲機動車
    AMゼネラル ハンヴィー M1152
バイク:カワサキ KLX250
    カワサキ ZZR1400
    ドゥカティ スーパーバイク 1199 パニガーレ R

セシリア
アサルトライフル:コルト M4A1
拳銃:(メイン)シグザウアー HP−SA(40S&W)
   (サブ)シグザウアー P239(9mmパラベラム)

シャルロット
アサルトライフル:GIAT ファマスG2
拳銃:(メイン)ベレッタ Px4(40S&W)
   (サブ)ベレッタ Px4サブコンパクト(9mmパラベラム)

ラウラ
アサルトライフル:H&K G36C
拳銃:(メイン)H&K USPタクティカル(45ACP)
   (サブ)H&K P7M8(9mmパラベラム)
乗用車:メルセデスベンツ Vクラス


アサルトライフル:ノリンコ QBZ−97B
拳銃:(メイン)ノリンコ QSZ−92−5.8(5.8×21 CHI)
   (サブ)グロック26(9mmパラベラム)


アサルトライフル:ブッシュマスター ACR
         銃身14.5インチ、フォールディング・マルチアジャスタブルストック使用
拳銃:(メイン)シグザウアー P250(9mmパラベラム)
        →FN ファイブセブン
   (サブ)シグザウアー P239(9mmパラベラム)

玲子
アサルトライフル:FN F2000タクティカル
拳銃:(メイン)グロック 17(9mmパラベラム)
        →グロック21(45ACP)
    (サブ)ワルサー P99コンパクト(9mmパラベラム)


アサルトライフル:ステアー AUGA3
拳銃:(メイン)グロック 20(10mmオート)
    (サブ)グロック 27(40S&W)

楯無
アサルトライフル:KBP 5.56A−91
拳銃:(メイン)シグザウアー P226 Mk.25(357SIG)
   (サブ)シグザウアー P232(380ACP)


アサルトライフル:ブッシュマスター ACR(11.5インチ)
拳銃:(メイン)シグザウアー P229(40S&W)
   (サブ)ワルサー P99コンパクト

レイラ
アサルトライフル:サコー Rk95
拳銃:(メイン)FN FNP−45
   (サブ)FN HP−DA コンパクト

コリーナ
アサルトライフル:H&K G36K
拳銃:(メイン)グロック 21
   (サブ)グロック 26

シャーリーン
アサルトライフル:FN SCAR−L CQB
拳銃:(メイン)スプリングフィールド XD 45 ACP
   (サブ)スプリングフィールド XD サブコンパクト(9mmパラベラム)

クリス
アサルトライフル:シグアームズ シグ556
拳銃:(メイン):STI 2011 タクティカル3.0(.357SI          G)
   (サブ):S&W M&P M&P9C(9mmパラベラム)

アンナ
アサルトライフル:IMI タボール2
拳銃:(メイン)IMI ジェリコ941L(45ACP)
   (サブ)IMI ジェリコ941FBL(9mmパラベラム)

シルヴィア
アサルトライフル:BAE システムズ・ランド・システムズ L85A3
拳銃:(メイン):グロック 32
   (サブ):グロック 26

ナタル、イーリ
アサルトライフル:FN SCAR−L STD
拳銃:(メイン)コルト M45CQB
   (サブ)シグザウアー P250 サブコンパクト

フォルテ
アサルトライフル:ステアー AUG A2(トリジコン社製ACOG TA31RCO、M203 グレネードランチャー搭載)
拳銃:(メイン)H&K USP45 タクティカル
   (サブ)FN ブローニング・ハイパワーDA コンパクト

本音
アサルトライフル:シグ SG551(ピカティニーレール増設、テレスコピックストックに換装)
拳銃:(メイン)シグザウアー P250(45口径)
   (サブ)シグザウアー P229


アサルトライフル:ブッシュマスター ACR(14.5インチ)
拳銃:(メイン)スプリングフィールドXD 45 ACP
   (サブ)ワルサー P99 コンパクト

ラシェル
アサルトライフル:シグアームズ SG556
拳銃:(メイン)シグザウエル P220 コンバット(45ACP)
   (サブ)シグザウエル P229

由香里
アサルトライフル:FN SCAR−L CQB
拳銃:(メイン):ベレッタ Px4(45ACP)
   (サブ):グロック 26

特殊作戦群使用アサルトライフル候補
H&K HK416
FN F2000J(FN社の提案、上部ピカティニーレールのサイドにもレールを装備。)
FN SCAR−L
ブッシュマスター ACR CQB仕様(銃身長:16インチ)
LWRC M6A3(銃身長:16.1インチ)
豊和工業 20式軽量小銃
住友重機械工業 18式自動小銃

豊和工業 20式軽量小銃
銃身長:35.56mm(14インチ)
使用弾薬:5.56mmNATO弾
装弾数:20/30発
作動方式:ガス利用(ショートストロークピストン)式ターンロックボルト
全長:822mm(982mm)
重量:2960g(マガジン装填時)
発射速度:680〜880発/分
銃口初速:900m/秒
有効射程:500m

89式小銃をベースに、カービンタイプとして再設計されたアサルトライフル。
新設計したショートバレルを使用し、フルオート時の集弾性を重視して、作動方式を従来とは違う、ショートストロークピストンに変更。
素材も機関部に至るまで徹底的に見直し、耐熱性の高い特殊ポリマー素材を使用し、ロッキングボルトの数を若干減らすなどして、重量を減らすとともに、プレス加工工程を従来より大幅に増やし、手作業の部分を可能な限り減らすことによって、量産性を高めて、価格低下を図っている。
ハンドガードの上下左右、本体上部にピカティニーレールを設置し、様々なオプションが装備可能になっている。
ストックにはテレスコピックストックを使用。
状況に応じて、ストックの長さを素早く変えることが可能である。
エジェクションポート及びコッキングハンドルはスイッチで左右どちらかに変更可能である。

豊和工業/コルト/マグプル M20 アサルトカービン

銃身長:381mm
使用弾薬:6.8mm×43mmSPC弾
装弾数:30発
作動方式:ガス利用(ショートストロークピストン)ロータリーボルト方式
全長:640mm(折り畳み時)
   832mm(ストック展開時)
   882mm(ストック最大延長時)
重量:3080g(マガジン装填時)
発射速度:670〜870発/分
銃口初速:950m/秒
有効射程:650m

豊和の新型アサルトライフル20式軽量小銃で、陸海空及び各種特殊部隊のアサルトライフルを共通化することを決定した矢先、アメリカから「特殊部隊の任務の苛烈さを考慮すると5.56mmNATO弾では、威力が不足している。」という意見が出された。
事実、中東からは5.56mmNATO弾の威力不足から、7.62mmNATO弾が再評価され、保管されていたM14を近代化改修して使用したり、分隊支援火器に7.62mmNATO弾を使用していたことから的外れとは言えなかった。
アメリカ側の意図は、戦闘機や護衛艦の艦載装備といった高額の装備品の国産化が進む事で日本という巨大な市場を失いたくなかったという思惑から多少なりとも関わっておきたかった事にある。
協議の結果、M16から陸軍の主力アサルトライフルの開発を行っていたコルト社と、軍用アサルトライフルの様々なアクセサリに、独自に特殊部隊でも通用するアサルトライフルを開発したマグプル社、豊和工業が参加することとなった。
目標は以下の通り。
・銃身の長さを含め、全体的にコンパクトな銃とする。
・マガジンを含め、ポリマー素材を極限まで使用して軽量化を図る。
 素材は耐久性・耐熱性に優れ、軽量。ストックを用いての近接戦も可能とす る素材である事。
・マガジンの装弾数は、30発。
・グルーピングは、SG550と同クラスを目標とする。
・ピカティニーレールを各所に備え、拡張性を十分に確保する。
・ストックは、折り畳み可能なテレスコピックストックを採用。
 チークパットの調整も可能とする。
・有効射程は600m以上。
・ストックを折りたたんだ状態でも、射撃が可能。
・セレクターは、セーフティー、セミオート、3点バースト、フルオートの切り替えが可能。

銃身の長さは、各種試験を経て381mmとされた。
ポリマー素材も新型の物を実戦に於ける耐久性を十分に確保しつつ、大量に採用し重量を抑えている。
弾頭が5.56mmNATO弾だけでなく、SG550シリーズで使用されているGP90より重い為により遠くまで届くようになり、銃身も高い命中精度を持たせるように設計された為、SG550と同クラスのグルーピングを持たせることに成功した。
セレクタ、マガジンリリースボタン、コッキングハンドルをアンビにし、廃莢もF2000の様に前方にする方式を採用した事で、ストックを折りたたんだ状態でも射撃が可能になり、高さの調節が可能なチークパッドを搭載することで、より射撃しやすいように調整が可能なストックとなった。
ピカティニーレールも各所に備え、拡張性を十分に確保している。
機関部は20式軽量小銃の物を6.8mm弾に合せて手を加えて搭載。
テストでも良好な結果を出したために、デルタフォース、SEALS、特殊作戦群で配備が開始される
また、カナダではC9カービンとして採用される。
製造設備が完成するまでは、合同出資の会社から輸出され、後にライセンス生産される。

豊和工業/コルト/マグプル SPR Mk20

銃身長:508mm
使用弾薬:6.8mm×43mmSPC弾
装弾数:28発
作動方式:ガス圧利用(ショートストロークピストン)ロータリーボルト方式
全長:767mm(折り畳み時)
   959mm(ストック展開時)
   1009mm(ストック最大延長時)
重量:3360g(マガジン装填時)
発射速度:670〜870発/分
銃口初速:950m/秒
有効射程:750m

M20のマークスマンライフル仕様。
ベースとなったM20は、元々フローティングバレルで軽量化を強く意識していた為に、肉厚のロングバレルへの変更。
より狙撃に向いたストックへの換装と各種調整程度で、完成した。
弾丸は、炸薬を変更した物を使用。
防弾ガラスを貫く、高速徹甲弾も用意されている。
従来のマークスマンライフルに比べて、より精度が高く射程が長くなっている。
スコープは、リューポルド Mark.4 LR/T 4.5−14×50mmを装備。

住友重機械工業 18式自動小銃

銃身長:546mm
使用弾薬:5.56mmNATO弾
装弾数:20/30発
作動方式:ガス利用(ロングストロークピストン)式ターンロックボルト
全長:878mm
重量:3240g(マガジン装填時)
発射速度:690〜890発/分
銃口初速:936m/秒
有効射程:600m

機関銃制作のノウハウを用い、各国のアサルトライフルを参考にして開発した、ブルパップ型ライフル。
作動部はAK−47を参考にし、ロングストロークピストンを採用し、ロッキングラグはAK−47と同じ2つの、非常にシンプルで、耐久性を重視したものになっている。
バレルは長銃身で射程と精度を重視した物になっており、コンパクトなブルパップだが、有効射程は長く、スコープを装着した場合は、マークスマンライフルとしても使用に耐えられるように設計されている。
素材は、アルミ合金とポリマー素材を使用し、できうる限り軽量化されている。
本体上部とバレルの左右と下にピカティニーレールを装備。
オプション装備で、様々な状況に対応できるようになっており、薬莢は銃身先端下部に誘導され、そこから廃莢され、コッキングハンドルも左右で使用できる設計になっているために、利き腕を選ばないよう配慮されている。

H&K HK454CT

銃身長:177.8mm(7インチ)
使用弾薬:454カスール
装弾数:11発
作動方式:ガス圧作動方式
全長:283mm
重量:1900g(マガジン装填時)
銃口初速:580m/秒
有効射程:90m

一夏がH&K社の銃を愛用していることで、多大な宣伝効果を得た事から、同社の開発技術の高さを示す宣伝も兼ねて、一夏の身体能力を考慮した、オーダーメイドの銃を開発することを決定。
今までの開発ノウハウを結集して、開発された。
使用する弾種は、454カスール。
50AEには劣るものの初速は速く、威力は高い事からそれを活かすために、バレルを7インチとオートマチック拳銃では異例の長さにし。さらにフルフローティングバレル方式を採用。フレームがバレルに干渉しないように考慮されている。
フレームの上部下部双方に、レールを採用し、タクティカルライト、レーザーサイト等のオプションを必要に応じて、装備して様々な状況に対応できるようになっており、サイレンサーの装着も可能。
また、銃の反動を可能な限り抑えるべく、コンペンセイターの一種であるエクスパンションチャンバーが、10個設けられている。
実戦も十分想定した優れた銃だが、訓練を受けた軍人でも扱いづらいのが難点。
しかし、狩猟時のサブウェポンとしては、最適で、多数の問い合わせが来ているため、一般販売も決定された。

H&K G3SMT(Sniper Modifizierten Typ:狙撃改造型)

銃身長:508mm
使用弾薬:7.62mmNATO
装弾数:30発
作動方式:ローラー・ロッキング
     ディレイド・ブローバック
全長:980mm
   (ストック延長時:1060mm)
   (ストック折り畳み時:740mm)
重量:3910g
銃口初速:820m/秒
有効射程:900m

一夏が特注した、通常戦闘、狙撃双方で優れた命中精度を誇るバトルライフル。
セミオート・フルオートに加えて、3点バーストモードを搭載。
全体的にコンパクト化され、ポリマー素材を多用することで軽量化にも成功。
ストックは、PSG−1をベースにしたテレスコピックストックを採用。
フレーム上部及びハンドガード4面にピカティニーレールを搭載し、拡張性も十分に確保されている。

H&K G28PSG

銃身長:635mm
使用弾薬:.300ウィンチェスターマグナム
.338 ラプア マグナム
装弾数:20発
作動方式:ガス利用(ショートストロークピストン)式ターンロックボルト
全長:1210mm
重量:5600g
銃口初速:900m/秒
有効射程:1100m
     1400m

次期マークスマンライフルとして、採用されたG28を徹底的に改良して、PSG−1やMSG−90の後継銃として、開発された。
バレルはフルフローティング式のヘビーバレルとなり、耐久性と命中精度が大幅に向上し、ストックも更に改良されている。スコープはシュミットベンダー社製の、昼夜兼行の最新型を採用。
新機軸を多く盛り込みながらも、コストを可能な限り抑え、軽量化も図られている。
ボルトアクション方式と比較しても、性能は劣らないために、ドイツ軍次期制式狙撃銃に採用が決定され、周辺国でも興味を示している。

H&K BAPS(Bolt Aktion−Methode Prazision Scharfschutzengewehr:ボルトアクション方式精密狙撃銃)−1

銃身長:680mm
使用弾薬: .338 ラプア マグナム
装弾数:10発
作動方式:ボルトアクション方式
全長:1200mm
重量:5.7kg
発射速度:発/分
銃口初速:1027m/秒
有効射程:1200m

H&K社初のボルトアクション方式狙撃銃。
セミオート狙撃銃はコスト面で不利になる事が少なくない為に、倒産したエルマ・ヴェルケ社を始めとする技術者をスカウトして開発がスタートした。
バレルは優れた消音効果を備えるフルフローティング式のヘビーバレルを開発。本体も実用性と耐久性を充分に確保しつつ、極限まで軽量化されている。
ボルトアクション機構は、ダストカバーを装備したストレートプル方式。
各部にピカティニーレールが配置され、拡張性も高い。
軍用としても警察用としても申し分ない性能でコストも抑えられており、注目されている。

H&K CAWSA1

銃身長:457mm
使用弾薬:12ゲージ
装弾数:10
作動方式:セミオートマチック/ポンプアクション
全長:762mm
重量:4.3g(マガジン装填時)

CAWS計画中止以降、一夏がH&K社製の銃を主に使用したことでブランドイメージが高まりそれを維持することを目的として、計画を再開。
使用する弾丸を通常の12ゲージに。
フルオート機能を外してポンプアクション機能を追加。
キャリングハンドルになっていたスコープをマウントレールに変更することで拡張性を持たせて、完成した。
散弾銃では珍しいブルバップ型以外の点では目新しい特徴は無く、堅実な作りなっている。

S&W T−REX

銃身長:4064mm
使用弾薬:.577 T−REX
装弾数:6発
作動方式:ダブルアクション
     シングルアクション
全長:67cm
重量:7.98kg
発射速度:発/分
銃口初速:790/秒
有効射程:m

「象殺し」の異名を持つM500を上回るリボルバー拳銃として、一夏がS&W社に特注した拳銃。
M500に使用したXフレームをさらに強化し全長も約5割増しとなって、重量もM500の10.5インチモデルの倍以上となっているが、それでも一般人が使用すれば、重傷を負い病院行き決定の拳銃である。
バレルは煤が付きにくいように、クロムを使用した特殊なコーティングが施されている。
この銃は、ISの射撃兵装を生身で問題なく使用できる一夏が使う事を前提にしているので、他の人間が使う事は全く考慮されていない。
フレーム上下部には、スコープやダットサイト、タクティカルライトが装着できるように、ピカティニーレールが搭載されている。
価格は4000ドルで、S&W M500の4倍。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

IS二次創作設定へ戻る。

IS二次創作設定2へ戻る。

IS二次創作設定4へ続く。

目次へ戻る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
IS二次創作設定3 cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる