cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS IS二次創作設定2

<<   作成日時 : 2013/05/19 01:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

一夏によるISの改修状況
ブルー・ティアーズ

イギリス政府の依頼を受けて、各スラスターの出力を向上させた上で、推力偏向式に改修。
また、レーザー兵器しかない事を問題視した一夏は、新たな武装として、レーザーと実弾兵器が使用できる砲身を使用したライフル「スターライト・アロー」。
近接専用に開発した、スターライト・アローとコンセプトが同じIS用の拳銃「ムーンライト」を新たに装備。
この2つの装備には、銃剣も装備され、白兵戦にも対応可能である。
また、ビット兵器「ブルー・ティアーズ」の制御OSを改修。
機動戦闘を行いながらも、使用可能となり、総合的な戦力が向上している。

第二次改修
レーザーをチャージサイクルの短い高出力荷電粒子砲とした、「スターライト・アローU」と「ムーンライトU」に換装。それぞれ2丁ずつになった。
スターライトアローUは、カービンクラスにまで小型化され、肩部ハードポイントに搭載可能。
「ムーンライトU」は腰部ハードポイントに搭載可能。
固定兵装状態でも、使用可能。
さらに、フェンシングの経験があるセシリアに合わせた、高出力プラズマサーベル「スパロー(燕)」を装備。
ブルー・ティアーズについても、同様の荷電粒子砲に換装。
8連装ミサイルポッド「テンペスト(大嵐)」を装備。
さらに、加速性能、機動性、運動性が向上し、衝撃砲の原理を応用した、エネルギーアンブレラ対策として、包囲フィールド発生機構「サンクチュアリ(聖域)」を特殊兵装として追加。
スラスター推力を向上させるとともに、システムをさらに最適化。
加速性能、機動性、運動性が45%向上している。
最終的に、総合的な燃費を3割向上させている。

ブルー・ティアーズ第二形態「ブルーローズ」(花言葉:「神の祝福」、「奇跡」、「夢がかなう」)

今までの経験を蓄積して第二形態に移行した、ブルーティアーズ。
フォルムが、薔薇をイメージした物に一新。
推進系は、従来の推力偏向方式が進化し推力も大幅に向上。
基本性能が大幅に向上した。
主兵装は、高出力重荷電粒子砲、中口径衝撃砲、高出力プラズマカッター、エネルギーフィールドを搭載した複合ビット「ブルーローズ」8基。
スターライト・アローUの高出力荷電粒子砲が高出力重荷電粒子砲にパワーアップし、レールガンも強化されて高性能滑腔砲を搭載した「アスカロン(聖ジョージの持つ竜殺しの剣)」2基。
腰部サブアームに搭載され、スターライト・アローUと同レベルの性能を持つ、多機能拳銃「アロンダイト(円卓の騎士ランスロットの剣)」2基。
背部多連装高出力衝撃砲「ブリューナク(ケルト神話の太陽神ルーの持つ槍)」2基。
白兵戦用兵装として、高出力プラズマブレード「コルブラント(松明の意味を持つアーサー王の剣)」。
特殊兵装として、広域多目的フィールド発生機構「プリトウェン(聖マリアの姿が描かれているアーサー王の盾)」を持つ。
ワンオフ・アビリティーとして、特殊なナノマシンが群体となって形成した純白の竜「グウィバー(ウェールズの伝承にある白い竜)」を持つ。

ブルーティアーズ専用高機動強襲追加兵装パッケージ「ストライク・ブレイカー」

第二形態移行後のブルーティアーズ用に、BAEシステムズとホーカー・シドレー社がストライク・ガンナーを再設計して完成した。
一夏の改修データが各部に活かされており、再設計したパッケージとはいえ非常に性能は高い。
兵装は、偏向射撃に最適化されて高収束偏向重荷電粒子ライフル「スターウルフ」。小型ジェネレーター内蔵型多目的ビット「スターファング」。
第二世代BT兵器の試作機でもある広域斬撃・防御兵装「タラニス(ケルト神話の戦いと空の神)」。弾頭に自己鍛造弾とHEIAP弾の複合弾頭を搭載した超音速高性能誘導弾「スターハンター」を各部に搭載。
新開発された高感度ハイパーセンサー「ディアリン(ケルト神話に登場するフィオナ騎士団の一員で予知や千里眼の能力を持つ。)」で高機動戦闘での目標捕捉能力は大きく底上げされている。
追加スラスター各部の姿勢制御スラスターで、機動性を大幅に高められている。

シュヴァルツェア・レーゲン

ドイツに行った際に、一夏が改修。
レールカノンを砲身をたたんでコンパクトに出来るようにし、チャージサイクルをコントロールする事で、遠距離だけでなく、中距離でも対応できる、新型レールカノン「ツヴィリング」を両肩に装備。
さらに、プラズマブレードと小口径レールガンが一体になった、複合兵装「シュベルト・プファイル」がプラズマ手刀に変わって装備され、全距離対応型の、高性能なISとなった。

第二次改修

特殊兵装として、中口径高初速レールガン2門と高初速荷電粒子砲1門にプラズマカッターを搭載した多機能ビット「ベスティエ(獣)」を6基。
全周囲から極めて局地の範囲の、物理・エネルギー双方に対応したフィールドを展開可能な防御機構「トランスパレンツ・パンツァー(透明な装甲)」。
AIC及びそれに類するシステムを無効化する、AAIC(Anti Active Inertial Canceler)を追加。
AICは改良され、発動までの時間が半分に短縮され、ハイパーセンサーとリンクし、複数の対象に有効になっている。
エネルギーブレードと小型スラスターを装備し、操縦者が追尾可能なワイヤー「ヤークトフント(猟犬)」を従来のワイヤーブレードに代わって装備。
ツヴィリングは、可変砲身式に変更し、高初速大口径荷電粒子砲に、従来より3割威力が向上。AICを応用して、偏向射撃が可能になった、ツヴィリング・ツヴァイに改修。
シュベルト・プファイルは、レーザー砲が追加装備され小口径レールガンが、高初速小口径レールガンと高初速小口径荷電粒子砲を2門ずつで構成されたガトリング砲に換装された、複合兵装「シュベルト・プファイル・ツヴァイ」。
低燃費の新型高出力スラスターに換装。
加速性能、機動性、運動性が45%向上している。
さらに、各部の最適化によってレスポンスと燃費が3割向上している。
後に、本国でツヴィリングを解析して、レールキャノン「シャープ・ファング(鋭い牙)」が開発される。

シュヴァルツェア・レーゲン専用拠点戦闘用パッケージ「ツェアシュテーラー(駆逐機)」

パンツァーカノーニアが、砲撃力を重視し過ぎた結果として機動力をほとんど失った事を考慮して、開発された追加兵装パッケージ。
兵装は、高出力重レーザー砲と多目的大口径レールキャノンを連装式にした、「ナースホルン(犀)」2基。
腰部高初速ライフル砲「シュペヒト(キツツキ)」2基。
砲撃時の制動制御を兼ねた追加スラスターユニット「アドラー(鷲)」。
背部多連装ミサイルユニット「ホルニッセ(スズメバチ)」。新開発されたウェイランド・メタル特殊複合装甲を使用した、追加防御システム「スヴァリン(北欧神話「グリームニルの言葉」に記される盾)」。

シュヴァルツェア・レーゲン 高機動戦闘追加兵装パッケージ「シュヴァルツランツェンレイター(黒色槍騎兵)」

二度にわたる改修及び追加兵装パッケージの開発で得たノウハウの内、高機動性能に関するノウハウを最大限に活かして、近中距離戦での戦闘を最重要視して開発された追加兵装パッケージ。
兵装は中型高出力重レーザーと超高初速レールカノンをそれぞれ3門ずつで構成する混合速射ガトリング砲「ティーガー(虎)」を背部に2基、左右両腕に大型高出力スタンスティック「ミョルニル(北欧神話の雷神トールの持つ槌)」。脚部8連装5段式HEAT弾頭搭載型精密誘導ミサイルランチャー「サラマンドル(炎の精霊)」。
兵装を控えめにすることによって、機動力を高めるノウハウを最大限に活かして今までに類のない機動性をISに付与することに成功している。

シュヴァルツェア・レーゲン 高機動汎用兵装パッケージ「シュヴァルツェヴァンダーファルケ(黒い隼)」

ツェアシュテーラーとシュヴァルツランツェンレイターのデータを基に開発された、近中遠全ての距離での戦闘に対応した高機動兵装パッケージ。
兵装は、重荷電粒子砲と衝撃砲を撃ち分ける事が可能な背部精密狙撃長距離砲、「フライシュッツ(ウェーバーのオペラ「魔弾の射手」より)」、長距離精密狙撃デバイスを搭載し、バイザーが追加され全体的に形状が変化した高性能ハイパーセンサー「ラオプフォーゲルアオゲ(ドイツ語で猛禽の目)」、多連装精密誘導ミサイルポッド、ベスティエの代わりに大出力のレーザー、小口径レールガンを各所に内蔵し、大出力プラズマブレードも搭載した大型ビットを8基搭載。多数のサブスラスター、姿勢制御スラスターを搭載した複合追加装甲「ヴァレンロット」(1410年のタンネンベルクの戦いで、ドイツ重装騎士団を率いて活躍したフリードリヒ・ヴァレンロットより。)
両腕に装備された、AICを応用した防御フィールドを展開可能なシールドに、重レーザー砲、高初速速射砲、プラズマグラインドブレードを内蔵した「シメーレ(架空上の動物であるキメラのドイツ語)」、腰部後方と爪先に装備されたショートブレードとしても使用可能なプラズマブーメラン「ファルケ(ドイツ語で鷹)」、衝撃砲の原理を応用して、CQCの際に使用する不可視のパイルバンカー「シュナーベル(ドイツ語で嘴)」。
全ての距離で不安なく戦うことが可能で、高機動性を持った事でシュヴァルツェア・レーゲンの追加兵装パックは、一応の完成を見たと言える。

甲龍

龍咆に拡散モードを追加。
内部にHEAT弾頭を内部に搭載した、中国の手裏剣である飛刀「火剣(ホォジアン)」。
高電圧縛鎖の先に、近接戦闘用に短剣状のプラズマブレードを着けた、縄標「鉄蛇(ティエシュア)」を装備。
加速能力も向上させて、パワーアシスト機能も強化している。

第二次改装

龍咆を、チャージサイクルを3割短縮させ、威力を4割向上させ、拡散・偏向・拡散後の収束も可能な、新型衝撃砲「百龍(バイロン)」に換装。
通常兵装は、高出力プラズマブレードタイプの青龍刀「龍王(ロンワン)」に交換。
高出力ホーミングレーザー「銀漢(インハン)」、荷電粒子速射砲「金翅蜂(ジンチーフォン)」を追加。
新型スラスターを装備し、各部にもスラスターを追加。
加速性能、機動性、運動性が35%向上している。
高機動戦闘での能力が、大きく向上しているが、基本的な設計思想に変わりはない。

甲龍第二形態「応竜(インノン:四霊と呼ばれる特別な霊獣の一つ)」

今迄の経験を蓄積して第二形態に移行した、甲龍。
高い燃費と、稼働率はそのままに総合性能。特に火力と機動性及び運動性が大幅に引き上げられている。
高出力ビームブレイドタイプの青龍刀「驪竜(リーノン:顎に驪珠と呼ばれる珠を持つ竜)」、肩部四連装多用途大出力衝撃砲「応竜(インノン)」、ホーミングと偏向射撃機能を兼ね備えた高出力多用途重荷電粒子砲「竜脈(ノンマイ)風水における気の流れ」、四段HEAT弾頭の周囲をコーティングして自己鍛造弾とHEAT弾頭を複合したようになり、高い貫通力で装甲に喰いこんでからHEAT弾頭の超高速金属ジェット噴流でさらにダメージを与える、腕部クロスボウ型ライフル「元戎弩(ユェンロンヌー:諸葛亮孔明が発明した従来より多くの弓を発射できる弩。)」、先端にビームダガーが付いたBT兵器の誘導技術を応用し、パイロットの自由に動き、電圧が従来より大幅に増した高電圧縛鎖「化蛇(ファシュア:中国に伝わる蛇の妖怪)」、高インパルス速射砲「日烏(リーウー:中国神話に伝わる太陽に住むと言われる三本足の烏)」。
ワンオフアビリティは、全方位プラズマフレシェットシステム「火光獣(フォグワンショウ:中国に伝わる妖怪。崑崙に住むと言われる。)」

ミステリアス・レイディ

アクア・クリスタルを改良し、水の生成量を4割増やし、クリスタル自体の数も増やすことによって、攻防共に様々な運用が可能となっている。
物理装甲も、新型の装甲材を使用して、運動性に考慮しつつ、増加させ、皮膜装甲の防御力も向上させる事により、軽視しがちだった防御にも、十分に配慮されている。
主兵装である蒼流旋は、ガトリング砲に代えて、高初速中口径速射レールガン4門と荷電粒子砲2門を装備。
小型のアクアクリスタルを4基搭載することにより、水蒸気爆発によってダメージを与える、クリアパッションを蒼流旋の水のみで使用可能になり、さらに、改修前は、全てのアクア・クリスタルを使用しなければ、使用不能だった、最強の威力を誇る攻撃手段で、小型気化爆弾3発分に相当する威力を誇る、「ミストルティンの槍」も本体のアクア・クリスタルを使用する必要がなくなった。

第二次改装

アクア・クリスタルを、小型化。
従来と生成量は変わらないが、水流のスピードを向上させ、重水を生成することにより、物理的な打撃力と防御力を向上させている。
小型化に伴い、数も増えている
特殊兵装として、防御特化のアクア・クリスタル「アクア・テンプル」を装備。
蒼流旋は、水流の速度を4割向上させた、攻撃に特化したアクアクリスタル「アクア・ドラゴン」を可能な限り装備し、破壊力を増すと共に、極超高初速中口径ガトリングレールガン4門、速射荷電粒子砲4門を装備した、「水龍槍(すいりゅうそう)」に換装。
ナノマシンには、水を球状に変化させて発射する、水弾発射機構「ヴァダープーリャ(水の弾丸)」を追加。
機動性、運動性共に、45%向上し、燃費も3割向上している。

ミステリアスレイディ特殊戦闘オートクチュール「レークヴィエム」(ロシア語で鎮魂曲の意味)

アクアクリスタルの用途を広げて、戦闘力を強化することを目的に一夏が設計し、自動化技術・水理学中央科学研究所とスホーイ社が共同で開発。
兵装は、BT兵装の技術を導入した蛇腹剣発生機構「セマルグル(スラブ神話の7つの頭を持つ神)」を、背部に装備。
クリアパッションの数倍の威力を持つルビーを溶かした様な赤い水と、マイナス150度の冷たい空気を封じ込めたサファイアを溶かした様な青い水を生成する改良されたアクアドラゴンを各部に装備した長槍「ヴ・エトット・ジン(レクイエムの曲の一つで怒りの日の意味(ロシア語))」。ナノマシンをより小型化することで生成する水の質量を増加させて威力を増した両腕の盾状水弾発射機構「スレジ・ジン(レクイエムの曲目の一つで涙の日の意味(ロシア語)。)」
ワンオフアビリティとして、かねてからロシアで開発中だったが開発不能と決断されかけていたが、アクアテンプルとアクアドラゴンのデータを基に一夏が完成させた、アクアクリスタルが生成した霧状の水で周囲を覆い浮力をゼロにすることで相手の行動の自由を奪う拘束機構「チェ・プロクリャル(レクイエムの曲目の一つで呪われたものの意味(ロシア語))」を搭載する。

巴御前

第一次改装

多機能型薙刀「天翼(てんよく)」、多機能ブレード「安綱(やすつな)」、「閃電」を改良し、発射回数と威力を3割増しに、消費エネルギーを2割少なくして、偏向射撃が可能になった「雷光(らいこう)」に換装。
雷光、那須与一に偏向射撃機能を追加。
戦衣のエネルギー消費を、従来の7割に改善しつつ、第4世代クラスの性能を持ち、部分ごとにタイプを設定することにより、汎用性を高めた発展型擬似展開装甲「秋葉(あきは)」を装備。
機動性、加速性能を3割向上させ、イグニッションブーストも、性能が2割、向上している。
全体的に性能がアップしているが、各部のエネルギー消費が抑えられているために、燃費も向上している。
後に「飛燕」は、発射回数と威力を2割増しにした、「天狼(てんろう)」に換装。

ノブレス・イリュジオン(高貴な幻影)

オルドルをベースに、防御フィールド、速射荷電粒子砲、衝撃砲を搭載した、多機能ビット「サント・シュバリーズ(聖騎士団)」を開発。
ルー・トロワに代わりレールガンと荷電粒子砲で構成され、プラズマブレードの銃剣も装備された6連装ガトリングガンを2基連結した「フロワ・アンジュ・デシュ(冷酷な堕天使)」2基を射撃兵装に。
リオン・セールに変わり格闘用高収束電磁衝撃機構「デゼスボワール・ブロー(絶望の処刑人)」を開発。
さらに、エネルギー兵器偏向射撃機構「ファウシル・ソウプラ(しなやかな鎌)」を装備し、後に装備した、エネルギー兵器も、偏向射撃が可能になっている。
メインスラスターに、低燃費高推力のギヤードターボファンエンジンとラムジェットのハイブリッドスラスターを開発し、驚異的な加速性と機動性を実現している。
それに合わせて、PICのパイロット保護機能を強化。。
燃費も2割向上している。

高機動強襲追加兵装パック「ドラグーン(竜騎兵の意味)」

サイントエールの設計データとその後の改修で蓄積したノウハウを基に開発した、ノブレス・イリュジオンの追加兵装パック。
基本的には、サイントエールの発展型だが、攻撃力と防御力の向上を非常に重視している。
また、イリュジオンの特徴である高い汎用性を殺さないように、機動力も向上する様に設計されている。
主兵装は長射程高出力重荷電粒子砲「アルク・ロン(長弓)」2基。多連装高性能誘導ミサイルポッド「フォーコン(鷹)」2基。各種砲弾の他にミサイルも発射可能な腰部150mm低圧砲「エクレール(稲妻)」。さらにサブアームを2基搭載し、バススロットの兵装を運用可能。
防御兵装としては、物理・エネルギー防御システムを一体化し専用制御システムでどちらで防御するかを判断する自己反応型防御システム「デュー・ファブール(神の恩恵)」
イリュジオンの高い汎用性をそのままに重武装、高機動性、防御力を兼ね備えた優秀な追加兵装パック。

打鉄弐式

超振動薙刀「夢現」に換わり、変形型多目的攻撃デバイス「幻月(げんげつ)」(薙刀型多目的ブレード、レールガン及び荷電粒子砲搭載型ライフルに変形。)、信管作動時に、カバーがパージされ、小口径高初速レーザーと衝撃砲が一斉に発射されるBTミサイル「銀竹(ぎんちく)」24基。物理、エネルギー双方に対応したフィールドを展開し、小太刀状のプラズマサーベル。さらに、荷電粒子ビーム砲、レールガンが発射可能な拳銃に変形する、変形型多目的攻撃デバイス「雷切(らいきり)」が格納される、腕部防御システム「曲輪(くるわ)」を装備。
従来より、低燃費高推力で小型化に成功した、ギヤードターボファンエンジンを各所に装備、搭載数も増えて、合計推力も向上し、機動性、運動性共に、4割向上している。
また、軽量で防御力に優れた新素材を採用。
打鉄の特徴も取り込んだ、機体になっている。

打鉄専用追加重兵装追加パッケージ「長篠」

打鉄弐式の機動力を損なわずに、出来る限り兵装を搭載するというコンセプトで倉持技研が開発したパッケージ。
弾頭を独自改良したHEIAPに換装した「山嵐改」を、20連装ポッドにして4基装備。春雷を改良した高出力荷電粒子砲「春雷改」を2基装備。

ファングクェイク

CQCの技術を参考に、AICを応用した攻撃機構「SMI(Striking Mechanism Inertia:慣性打撃機構)」を腕部や脚部を中心に装備。
各スラスターを、小型ギヤードターボファンエンジンに換装。
個別イグニッションブーストのOSを、改修。
荷電粒子砲とレールガンを連装式で装備した、複合兵装「ツインファング」を装備。
投げナイフは、バッテリーと荷電粒子固定磁場発生機構を内蔵し、エネルギーブレードを発生させることによって攻撃力を強化した「スティレット」に換装。
歯の部分がチェーンソー状になっているサバイバルナイフ「アリゲーター」を装備。
燃費はさほど変わっておらず、稼働性も高い。

ファングクェイク専用高機動戦闘用追加兵装パック「サンダーバード(インディアンに伝わる神鳥)」

ファングクェイクの製造メーカーであるノースロップ・グラマン社が、社の威信を掛けて開発した追加兵装パック。
各所に新開発した小型高燃費の高推力スラスターを装備し、一夏の改修によって機動性と運動性が増したファングクェイクの性能を更に高めることに成功している。
主兵装は、SMIの威力を向上させると共に収束及び拡散を自在にする能力を与える四肢への追加装甲状特殊攻撃システム「カーバンクル(額に真紅の宝石を持つといわれる想像上の動物。竜ともいわれる。)」、メインスラスターに装備された、シルバーベルを参考にした広域エネルギー攻撃システム「ウェンディゴ(インディアンに伝わる精霊)」、8連装高性能誘導ミサイル「ジャージー・デビル(ニュージャージー州で目撃情報がある、UMA(未確認生物))」

銀の福音

ウィングスラスターを改良し、シルバー・ベルの発射までの時間を4割に。消費エネルギーを半分に抑え、威力は4割向上。
スラスターの推力を向上させ、2対に増設。
初期型のシルバー・ベルは、そのまま腕部機構にし、ウィングスラスターと同様の改修を実行。拳の部分にはSMIを装備。
格闘性能を、向上させている。
シルバー・ベルは互いを衝突させることにより、小型のシルバー・ベルに分裂させるか、爆発に巻き込むかによってより広範囲を攻撃することを可能にし、極限まで外部を薄くして、大量の炸薬を詰めた炸裂弾を生成・発射することが可能になっている。
最後の切り札として、超大出力荷電粒子砲「ライト・オブ・ジャッジメント(審判の光)」、超高圧縮衝撃砲衝撃砲「ハマー・オブ・ジャッジメント(審判の鉄槌)」を搭載。
また、この炸裂弾は発射時に任意に散弾にすることが可能。
背部には中口径レール・マシンカノン「バイパー」を2基装備。
近接兵装として、アリゲーターを、2基装備している。

銀の福音専用高機動制圧戦闘用追加兵装パック「パラダイス・ロスト(失楽園)」

イスラエルとの福音開発計画においてアメリカ側の主開発機関となった、DARPA(Defense Advanced Research Projects Agency:国防高等研究計画局)が、ロッキード・マーティンと共に開発した追加兵装パック。
福音の強大な火力をと高機動性をさらに高めることを、最優先事項とされている。
1928年に紹介されたビーフェルド−ブラウン効果を実用化した、イオンクラフトを追加スラスターとして採用。
安全性と燃費を確保しつつ、機動性の向上に成功している。
主兵装は、多連装高出力レーザー砲「ローテーツ・フレイミング・ソード(回転する炎の剣:創世記に記されている、エデンの園の東に置かれた炎の剣)」、シルバーベルとAGS(Advanced Gun System:先進砲システム)を併用した大型ガトリング砲タイプのビット「カイン(アダムとイブがエデンの園を追われた後に生まれた兄弟の長男。農業を営む。)」4基。白兵戦用兵装として、高出力プラズマブレード「レメク(カインの子孫にして、戦士であったと言われる人物。)

ゲイルスクゲル

各スラスターを既存の技術を使用しての改良が行われ、弱点であった稼働時間の短さが改善。
改修時には、射撃兵装として、高初速中口径速射レールガン「ドンナー・シュペーア(雷の投槍)」、AICを発展させて、複数でも、ロックオンすれば攻撃可能で、従来のAICとしても使用可能な、AICキャノン「リーゼン・シュラーク(巨人の一撃)」を追加。

舞桜
白式と同型の実用型磁気推進スラスターに換装され、各種スペックが3割向上。
さらに、偏向射撃が可能な重粒子荷電粒子砲1門、衝撃砲2門に、プラズマブレード、エネルギーブレード、零落白夜が搭載された多機能ビット「春陽(しゅんよう)」8基が追加され、展開装甲も改良されている。

ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

IS二次創作設定に戻る。

IS二次創作設定3に続く。

目次に戻る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
…………………orz(←あまりの実力差に絶望中)
もう、なんというか、なんでこうISの武器や能力に強いのですかねあなたは。そのセンスがうらやましいェ……(ギリギリ(←ハンカチを噛んでいる)。しかし小説の最後に何かしらの本を紹介しているときは「この本を使いました」ということなんですかね。ならこうも設定が細かいのかがわかります。うらやましいェ……(ギリギリ。なんか武器能力で元ネタにしちょる作品をささやいてくれませんかね。頼みます。
最後に一言。嫉妬してすいません。
西園寺皇斗
2013/06/07 15:45
西園寺皇斗さん。
コメントありがとうございます。

>もう、なんというか、なんでこうISの武
>器や能力に強いのですかねあなたは。
 もっと、面白い設定を作る事が出来る人は、
 いっぱいいますよ。
 私自体は、ISの特性と装備を見て、弱点
 が見えたら、それを補うにはどうすればい
 いかを考えて、設定を作る様にしています。

>小説の最後に何かしらの本を紹介している
>ときは「この本を使いました」ということ
>なんですかね。
 色んな作品や、軍事関係を参考にしている
 のは事実ですよ。
 それから、ネーミングですね。
 これが、一番苦労します。
 ドイツのISなら、ドイツ語で。
 フランスのISなら、フランス語としてい
 るのですが、苦労しています。

>元ネタにしちょる作品をささやいてくれま
>せんかね。
 基本は、ガンダム系がメインになりますね。
 後は、ギアス等の過去のロボット系。
 今は、マジェスティックプリンスやヴァル
 ブレイブもネタにして、いろいろ考えます。
 目にして、「これ使えるな。」と思えば、
 色々、参考にしますし、あとは、本をとに
 かくいろいろ読みます。
 
CIC担当
2013/06/08 11:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
IS二次創作設定2 cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる