cogito,ergo sum

アクセスカウンタ

zoom RSS コードギアス−反撃の騎士− NORTH16 ナイトメアフレーム

<<   作成日時 : 2013/02/28 23:57   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

「申告いたします。本日付をもちまして、マルカス中佐の参謀に、就任が決まりました、クラウス・ウォリック少佐であります。」
「警備部隊隊長の任に、就任が決まりました、オスカー・ハメル少佐であります。」
 クラウスは、顎髭を生やした、いわゆる「遊び人」的な感じがする男だが、軍人としての能力と人間としての識見に関しては、申し分は無かった。
 オスカーは、クールな外見で、軍律に厳しいが仕事ぶりは堅実で、E.U.の中でもかなり異色のwZERO部隊でも、警備部隊の任をきちんと果たせるだろうと、マルカスは判断した。
 オペレーターも、少々癖のある人物たちだが、能力に問題は無く、偏見や差別とも無縁だった。
 能力は重要だが、それ以上に重要なのは、日本人たちを、「イレブン」ではなく、対等の存在である「日本人」だと見れる事だった。
 それ故、レイラは優秀な人材でも、その点で、難がある人物は、採用しなかった。
 結果、民間からも招聘した人材を含めて、wZERO部隊は、変り者の集団となった。
 無論、その点で陰口を言う士官もいるが、レイラは一切気にしなかった。
 面と向かって文句を言えない人間を、嫌う性格だからである。
『実績を上げたら、何を言うのかしらね?今のE.U.のナイトメアの運用思想では、ブリタニアには、勝ち目はないのに…。』
 レイラは、wZERO部隊で実績を上げて、ナイトメアの運用思想に一石を投じる狙いもあった。
 運用思想を変えなければ、既にナイトメアとの近接戦闘を、視野に入れた機体を、開発しているブリタニアに、抗うことができなくなる。
 事実、押されている。
 レイラは今までの戦いを研究していく中で、そう確信していた。
『せめて、あの人物と共闘が叶えば、それを示せるのだけれど…。』

 レイラが共闘を願う人物は、枢木グループの研究施設で、新しい装備の説明を受けていた。
「よく解りました。まだまだ、未完成とはいえ、現段階でも使える技術ですね。」
「はい。ナイトメア戦に、革命をもたらしますよ。」
 目の前には、ナイトメアの背部に装着するユニットが、置かれていた。
 フライトユニット。
 その名の通り、ナイトメアに飛行能力を与えるユニットである。
 特殊な力場を形成することにより、ナイトメアを浮かせて、推進力をも生み出すのを目標としているが、現状では、浮かせる事しかできないので、推進力は、電力駆動プラズマ推力モーターを使用している。
 大量にエナジーを消費する為に、ユニット自体にもエナジーフィラーが装着される。
「ユニット自体の大きさは、地上戦闘時でも問題は無いでしょう。開発を、続行してください。経営会議でも、反論が出ることは無いでしょう。ですが、あまり人目につかないところで、デモンストレーションをして、映像を会議の時に公開できると、経営者としては、助かります。」
 スザクは枢木グループの総帥だが、独裁者タイプではない。
 皆を、納得させて事を進めるタイプなので、その材料があると助かるのである。
「はい。このユニットは、既に、運用可能ですので、デモンストレーションは可能です。」
「では、あまり人目につかない演習場を選んで、僕自身がテストパイロットを務めます。それでいいですね?セシルさん。」
「確かに、少将がテストパイロットをなさってくだされば、これ以上ない、デモンストレーションですが…。万が一という事もありますし…。」
 運用可能な事は、各種テストでセシル自身も確認している。
 だが、今や、第8軍だけでなく、北欧同盟に欠く事のできない人材であるスザクに、万が一の事があれば、今後の戦局に与える影響は、計り知れない。
 セシルは、それを懸念していた。

「いいんじゃないの?セシル君。オーディーンには、脱出装置もあるし。いざとなったら、脱出すればいいだけだよ。パラシュートもついてるから、平気、平気。それに、SCEシリーズの中でも、一番汎用性の高いオーディーンは様々なテストができるから、データも取れて、より安全性が高い、フライトユニットの開発に役立つからね。」
 ロイドが、安全性は問題ないと、セシルに言う。
「大丈夫ですよ。僕は、お2人を信じています。だからこそ、ナイトメアの開発主任を、お任せしているんですから。」
「ありがとうございます。じゃ、日程と場所の調整をしようか。」

「では、間違いなくイレブンが開発した、ナイトメアに相違ないと?」
「中華連邦、E.U.、北欧同盟、そして、我がブリタニア。どの国のナイトメアのデータと照らし合わせても、共通点が、見出せません。検討を進めた結果、これ以上の結論は、出ないかと。」
 技術者の説明を聞いて、コーネリアが、考え込む表情になる。
「信じられん。よりにもよって、我らに敗れたイレブンが…。」
「どこかの国家の、援助を受けてではないのか?」
 コーネリア麾下の指揮官たちが、互いに意見交換をする。
「殿下。これは以前に、耳にしたことなのですが、当時のエリア11。旧日本には、ナイトメアが開発できるだけの技術が、既に確立されていたそうです。」
「では、何故、開発して、実戦配備されなかった?それが説明できないと、辻褄が合わんぞ?ギルフォード。」
「上層部は、諜報関係の部署を通じて、既にグラスゴーの情報を掴んでいたようですが、それを軽視し、ナイトメアの開発を、一切しなかったそうです。さらに、調査を進めましたところ、ナイトメアの有効性を強く認識し、開発を主張していた将校がいたことが、確認されました。」
 ギルフォードが、手元の端末を操作すると、正面のディスプレイに、藤堂の写真とプロフィールが映る。
「藤堂鏡志朗。旧日本軍中佐。イツクシマで、我が軍を壊滅させた男です。」
 ギルフォードの説明に、皆がざわめく。
 各地で大敗し続ける日本軍の中で、只一人、ブリタニア軍に煮え湯を飲ませたのが、藤堂であり、この場にいる指揮官で、知らぬ者はいなかった。
「騎士と将の器を持つ男。話には、聞いていたが…。黒の騎士団に、合流している可能性が高かったな?」
「仰せの通りに、ございます。さらに、海外にいたイレブンの中には、ナイトメア関連の技術に精通していた者もいたと、推測されます。他国で起業していた者もおりますので、資金はそちらからと考えるのが、妥当かと。」
 コーネリアは、苛立たしげに、端末の端を、指で叩く。
「サザーランドは性能的には、及ぶまい。藤堂ならば、練度の差は十分に解っているであろう。策によってどう埋めるかは解らんが、こちらも軍の立て直しと共に、グロースターを、出来る限り確保しておく必要があるな。欧州戦線の方が優先されているが、中華連邦の動きが、気になる。腐敗の元を、一掃した以上、国力が増すは道理。黒の騎士団といい、厄介ごとが、増えたな…。」
 コーネリアは、重いため息をつき、今後の戦略についての議論に入った。

 フィンランド南部。
 湖に囲まれた、ピエリネン演習場に、スザク達はいた。
「ナイトメアが、空を飛ぶねえ…。資料は読んだけど、ピンと来ないな。」
 アランが、狐につままれたような顔になる。
「でも、戦場に投入出来たら、強力な武器になるわ。既存の航空兵器以上の、性能だそうじゃない。上空から、一方的に、相手を攻撃することもできる。」
 アリスは、興味深そうに、フライトユニットを見ている。
 今は、最終チェックが、行われていた。
「にしてもだ。技術の進歩ってやつは、早いな。ナイトメアができたと思ったら、今度はそれが、空を飛べるようになるとはな。」
「だね。」
 アンジェルの意見に、スザクが頷く。
「それじゃあ、テストですよ〜。」

「フライトユニット装着。」
「ユニット装着。OS起動確認。」
「オーディーン及びフライトシステムからの、エネルギー。コアルミナス伝達確認。電圧正常。臨界まで、後10秒。」
「プラズマ推力モーター制御システム、異常なし。」
「リデュース・グラビティーフィールド発生機構、正常。メインシステムに、問題認められず。」
「全システム、オールグリーン。」
「こちら、枢木。テスト開始の許可、求む。」
「テストを開始してください。」
「了解。テスト開始!」
 ユニットが展開し、中央部のフライトシステムが、作動して、同時に、プラズマ推力モーターが点火。
 オーディーンが、飛行を開始する。
「本当に飛んでる…。ナイトメアが。」
「だな…。」
「ああ…。」
 アリス、アラン、アンジェルの3人が、空を思うがままに飛ぶオーディーンを見て、呆然となる。

「各部、問題ありません。エネルギー消費率も想定内です。」
「順調だね〜。」
 フライトユニットの設計に携わったのは、主にセシルだが、中枢部ではロイドの知識と技術が欠くことが出来なかった為に、結果的に2人の合作になっていたので、ロイドも満足げにモニター越しにテストの様子を見る。
「それじゃあ。次のテストに移ろうか。」
「少将。ターゲットが出現しますので、それを撃破してください。当然、相手も攻撃してきます。」
「了解。」
『それにしても、本当にナイトメアが空を飛ぶなんてね。』
 空を飛ぶスザクは、まだ、実感がわかなかった。
 ナイトメアは地上での制圧でこそ、最大限に能力を発揮する。
 その考えが、全ての国の、軍人の常識だったからである。
 考えていると、レーダーが敵影を捕える。
 機銃やミサイルを次々と回避して、VBキャノンやスラッシュハーケンを駆使して、撃ち落としていく。
 機動性は、今回のテストに備えて用意した標的機を、大きく凌いでいる。
「パイロットのストレス、微弱。FCSの誤差0.003%。」
「機動性も、攻撃時の照準も問題ないね。じゃあ、ラストのテスト行こうか。」
「最終テストです。地表を滑走しつつ、目標を撃破してください。」
「了解。」
 降下すると、地面の上をスケートするように滑走しつつ、オーディーンは、目標の攻撃を回避しながら、撃破していく。
 やがて、テストが終了する。

「実戦でも、使えますね。後は、如何に情報漏れを防ぐかですが、グループにおいても、軍部においても、最高クラスの機密事項になるのは、まあ、確実でしょう。後は、他の国家が同様の物を開発しているか否か、調査しておくべきでしょうね。」
 理想で言えば、フライトシステムだけで飛行できるのがよいが、技術的な難問も多いので、時間が掛る。
 スザクとしては、他国が開発していないことを望んでいた。
「理論を組み立てていたのは、セシル君ですけど、ブリタニアでは、見向きもされませんでしたからね。ブリタニアは、まだまだだと思いますよ。」
「ですが、出来るだけ、急いた方が良いですね。いざとなれば、ブリタニアは、資金を惜しまず、開発に乗り出すでしょうから。」
『E.U.はナイトメアの運用構想が、未だに古い。中華連邦は、技術的に、構想を立てるのも無理だろう。後は、黒の騎士団か。独自に、高性能のナイトメアを開発したことを考慮すると、十分に考えられるか…。』
 ロイドとセシルの話を聞きながら、スザクは、ブリタニアを除く国々の事を考えていた。
 その結果、可能性からして、最も高いと判断したのは、黒の騎士団だった。

 そこには、鋼髏の残骸が、幾つも転がっていた。
 中華連邦を、腐敗させていた大宦官達と関係が深かった、将軍たちを粛清した後、いくつかの軍管区で、反乱が起きたので、星刻はそれを鎮圧に向かい、勝利し続け、今いる戦場で、目的は達成していた。
 戦場に立っていたのは、一体のナイトメアだった。
 手に、対ナイトメア戦用の剣を持ち、左腕は縄鏢状のスラッシュハーケンを、戻していた。
「まさか、扱える人間が出るとはねえ…。世の中面白いもんだよ。」
 白衣を着て、煙管を手に持った派手な女性が、そのナイトメアを見る。

『凄まじい性能だ。これならば、既存のブリタニアのナイトメアでも、問題なく戦える。しかし、それ故に扱える者がいなかったとは、何と、皮肉な事か…。』
 コックピットにいたのは、星刻だった。
 そのナイトメアは、インド軍管区の技術者が開発していたが、性能にパイロットがついていけなかった為に、欠陥品の烙印を押されていた。
 今回の出兵に際し、以前から噂を聞いていた星刻は、自分が扱えるかを試し、問題なく扱えたので、このナイトメアを乗機として、反乱の鎮圧に向かった。
 現在、以前から開発がすすめられていた、量産型ナイトメアが完成し、制式採用され、生産と訓練は順調に進んでいる。
 高性能故に、欠陥品の烙印を押されたナイトメア。
 その名を、神虎という。

 ブリタニアを除く、各国のナイトメア及び関連技術は進歩し、既にブリタニアの優勢にひびが入る可能性が生じ始めていた。

後書き
戦いは、戦略や戦術といったソフトウェア以外にも、兵器というハードウェアも大事です。
ギアスの世界でいえば、ナイトメアフレーム。
これを投入されて、日本は属領になり、ブリタニアは最先端をいき、ナイトメアとの近接戦闘を重視したグロースターを生産して、前線に投入。
さらに優勢になっています。
しかし、いつまでもその状態は続きません。
北欧同盟、E.U.、中華連邦、黒の騎士団。
それぞれが、ナイトメアの開発に力を注いでいます。
コーネリアもナリタでの戦いで、それを感じ、戦略や戦術でどう凌駕しようかを考えます。
一方、ロイドとセシルは、ナイトメアに飛行能力を与える研究を進めていました。
これが、実用化されれば、現時点でのブリタニアの優勢は間違いなく崩れるでしょう。
ブリタニア上層部はどう対処するかが、これからの焦点になりますね。
中華連邦では、神虎が表舞台に立ちました。
この化け物のようなナイトメアに、どう立ち向かうのでしょうか?





1/35 アレクサンダ アキト機 (コードギアス 亡国のアキト)
バンダイ
2012-08-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/35 アレクサンダ アキト機 (コードギアス 亡国のアキト) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






IN ACTION!! OFF SHOOT グロースター (ギルフォード機)
バンダイ
2008-05-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by IN ACTION!! OFF SHOOT グロースター (ギルフォード機) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ROBOT魂[SIDE KMF] 神虎
バンダイ
2009-12-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ROBOT魂[SIDE KMF]  神虎 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ村のランキングに参加しております。
来てくださった方は、よろしければクリックをお願いいたします。
励みになりますので。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

相互リンクはいつでも大歓迎です。
リンクをしてくださる方は、コメント欄にお書き下さい。
リンクの設定をした後に、お知らせします。

目次に戻る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
コードギアス−反撃の騎士− NORTH16 ナイトメアフレーム cogito,ergo sum/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる